スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
--------(--)
 

ニュースいっぱい!『マリンダイビング』4月号、明日発売!

こんにちは!
『マリンダイビング』編集のゴット姉さんこと後藤ゆかりです。
なんだか寒かったり、あったかくなったり、
気温の上下に気持ちもアップ&ダウンしてますが、
お会いする方には「いつも元気だね~!」と声をかけていただき、
それで元気をいただいているという今日この頃です。

さて・・・明日10日は『マリンダイビング』4月号の発売日!
リサイズ_MD4表紙

表紙は、マリンダイビングフェア2018のポスターにも採用した
グアムの「ボムホール」でキタさんこと北川暢男カメラマンが撮影したウミガメとモデルのるいちゃんの写真!
なぜ似たような写真を使うって?
だって、4/6~4/8はマリンダイビングフェアが開催されるからです!!

内容は、もちろんフェアの最新情報がズラリ!
私的には「海と人」コーナーで、こーーーんなに世界中からガイドさんが来てくださるんだ!と驚いている次第ですが、
ぜひ皆さんにもチェックしてもらって、会いに来ていただければと思います。

また、フェア中に開催されるステージプログラムやセミナープログラムも要チェック!
私も最終校正で初めて自分が出る番組があることを知りました(汗)!
まあ、いつもこんな感じなんですが。
しかも、4/6(金)15:10~16:00っていったい誰が来てくださるんだ~~~!!!!
もう豪華賞品も用意しますので、ぜひぜひ見に来て参加してください。


あと、4/7(土)の10:30~11:20も私の担当。
MD創刊50年にまつわるクイズをしますので、『マリンダイビング』1月号から3月号の
創刊50年記念特集を見ておいてくださいね(つまり、そこからクイズを出題します!)

さて、マリンダイビングフェアの情報もびっしりスゴイことになっていますが、
今月は清水淳さんにオリンパス最高峰のミラーレス一眼「OM-D E-M1 MarkⅡ」の
8mm Fisheyeレンズを使った時のレポートを書いていただいたり

(もうスゴイです! 超欲しくなります!!!!)
鍵井靖章さんに、3つの特集のお写真を提供していただいたりと
超ゴーカバージョン!!!

鍵井さんの3つの特集はコレ!
1)
タオ島は昨年ジンベエが大当たりだったようで、今年も期待!な特集に
(実際、もう出ているみたいですし!)。
2)
パヌニーヨットクルーズの特集では、ハンマーの群れゲット!なバンダシーやラジャアンパットなど
3)
バスターズカンパニー(すみません、誤植がありました!! Busters Companyが正しいのです。私が間違えたのであって、鍵井さんが間違えたわけではございません。ひれ伏してお詫び申し上げます!!)
の新しいリゾートをいくつか紹介していただいたり・・・

ほかにも海外は私が大好きなレンベにラパスにニューカレドニアと盛りだくさんです。

さらに、石垣島では新しいマンタスポットの情報とともに、
今、きっと世界中で一番パワフルなガイド集団、ガイド会次世代ガイドの皆さんの写真展情報と、
それに負けないぐらい元気な「石垣島ダイビングガイド青年会有志」の皆さんをご紹介!!
集合
夜も仲良しの石垣島ダイビングガイド青年会有志の皆さん!

昼の取材でも・・・
SurfDiveてっちゃん

SurfDIve てつや
前からお会いしたかった《サーフダイブ》の濵岡鉄矢さん。
取材時も期待通りに正装のスーツ(ウエットスーツ)を全器材とともに装着して迎えてくれました!
撮影してくださった八重山ダイビング協会の元副会長・鈴木達也さん、ありがとうございました(^^)

こちら石垣島ダイビングガイド青年会のお話はぜひ本誌をご覧いただくとして・・・
マリンダイビングWebでも、『マリンダイビング』4月号が紹介されています。
https://www.marinediving.com/wp/books/md1804/


併せてご覧くださいね!!

では、『マリンダイビング』4月号、ぜひ買ってくださいね!!!!
そして、
4/6~8のマリンダイビングフェアでお会いしましょう♪♪♪
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
2018-03-09(Fri)
 

近場で島時間を満喫♪@初島

こんにちは 
ここ2~3日、すこーしだけ暖かい日が続いていますね。
春はもうすぐそこかな?と暖かい春を心待ちにしている編集担当の平井です。

2月の3連休を使って、初島へ遊びに行ってきました~!

初島へは熱海港から船に乗って向かうのですが、所要時間は30分ほど。
走っている間は餌をもらうべく、ずーっとカモメがついてきます。
カモメ
可愛いんですけどね、「近い近い!ぶつかる!」となることもしばしば。笑

到着したらさっそく潜ります! 今回は2日間で4ダイブしてきました!
透明度は12~15mあって、気持ちのいい水中でした。

私は友人からのおさがりカメラを使っています。
周りは最新機種を使う人ばかりで、勝てる気はしないのですが……、
頑張って撮影したので、1枚だけ見てください!
ピカチュウ
ピカチュウ(ウデフリツノザヤウミウシ)です!
変な体制になりながら粘りまくって撮りましたが、もう少し構図やライトの位置がなあと反省点もたくさんです。

潜った後はまったりご飯を食べて、ゆったり温泉に浸かって、島時間を満喫してきました(*^_^*)❤
熱海港からたった30分で来られるのに、しっかり島時間を満喫できる初島。
皆さんもぜひ一度行ってみてください!

さあ今月もあと半分、後半戦も頑張るぞー!
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-03-05(Mon)
 

まるでジャングル!? 西表島


このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む>>

2018-03-02(Fri)
 

『マリンダイビング』3月号で知識を磨こう!

皆さん、こんにちは!
『マリンダイビング』編集のゴット姉さんこと後藤ゆかりです。
3連休はいかがお過ごしでしたか?
Facebookやインスタグラム、TwitterなどSNSでは多くの方が
海で潜っていて、羨ましかった~。
・・・はい、3連休、働いておりました!

3連休の初日は、関東学生連盟が創立50周年!ということで、
記念パーティーが開催されていたので、取材がてら伺いました。
ちなみに、私が初めてダイビングをしたのは、当時もてはやされていた女子大生の頃。
学連の委員長をしている方々に誘われて友達みんなと行った、伊豆海洋公園。
それがきっかけでこの世界に入ったのですから、なんだか他人事とは思えません(笑)。
改めて50周年、おめでとうございます!!
(MDは創刊50年目、ですから、1年先輩なんですね~)

そして3連休の初日には『マリンダイビング』3月号が発売になりました!

マリンダイビング3月号

皆さん、もうご覧になってますか?

まだ、という方は、ぜひ書店に行ってくださいね。
インターネットでも買えますけどね~。

3月号は、ダイビングエリアの情報もたくさんありますが、
ぜひ読んでいただきたいのが、
潜水事故特集

海上保安庁から提供していただいた2016年の潜水事故のデータをもとに
私たちがすべきこと10 を考えてみました。

また、漂流時に役立つエマージェンシーグッズの紹介や、
読者の皆さまのヒヤリハット体験、危機一髪体験など
さまざまな角度から安全に潜るためのノウハウが載っています。

そして、もう一つが
サンゴの話。

今年は全世界でサンゴ礁について考えよう、保護していこうという
国際サンゴ礁年2018。

本誌でも最後のページで紹介しましたが、
月刊『マリンダイビング』は国際サンゴ礁年2018のオフィシャルサポーターとして任命されました!

環境省大臣と編集長
中川隆治環境大臣より任命される本誌編集長・舘石逸見

アンバサダーには、さかなクンが任命されました!

サカナくん

この模様は次号4月号(3月10日発売)にも紹介しますが、
それにしても、世界のサンゴ礁が生存していくにはツライ環境が今、はびこっています。

一昨年の海水温上昇では、八重山諸島の石西礁湖のサンゴたちがかなり白化したと問題になりましたが、
日本だけではありません。


サンゴ白化
白化が進むサンゴ(モルディブのアリマタ環礁)

オニヒトデ
オニヒトデも多く見られたモルディブ、アリ環礁の「リーティ・ティラ」

リーティ・ティラというのは美しいサンゴ礁という意味で、
ちょっと前まではめちゃくちゃキレイなサンゴ礁が広がっていて、
どこを撮ってもインスタ映えしそうな、楽園世界だったのです。

それが・・・

サンゴ礁白化
死んだサンゴが広がる海に。
この光景を見た時は本当に胸がつぶれる思いでした。

モルディブではリゾート建築があちこちで行なわれていて、
海水温上昇やオニヒトデの異常発生などもあるのかもしれませんが、
そうした環境破壊も問題なのではないかと思います。
ただ、日本などに比べると、大海の中にあるので、潮流が入れ替わりやすく、
サンゴの再生速度もほかに比べると速い。
だから、もしかすると数年後にはまた「リーティ・ティラ」でもきれいなサンゴ礁に会えるかもしれません。
それに、同じ時に潜った同じアリ環礁の東側はサンゴ礁がキレイだったので、
だからモルディブのサンゴはダメとは言えないところも、自然のすごいところです。

自然のすごいところという点では、パプアニューギニアのキンベ湾(3月号でも特集しています!)は
水温が常に30℃以上あるのに、サンゴはめっちゃキレイなことで有名です。

PNG元気なサンゴ
熱さに強いサンゴも存在するということですよね。
そして、沖縄などでも、サンゴ(というか、サンゴにすんでいる褐虫藻)が熱さに強くなっているかもしれない!?といった
研究結果も出てきているという話を聞いたことがあります。

国際サンゴ礁年2018ということで、今後もそんなサンゴのことにも触れられたらと思っているワケですが、
まずは今月号で、生物に詳しいライター、山本真紀さんが書いたサンゴの話をじっくり読んでいただければ幸いです。

なお、山本さん、切取付録でも本領発揮!

切取付録 ギンポ&カエルウオ

個人的には、誌面を切り取って作るということは普段はしませんが(汗)、
これは、切り取って図鑑風に持ち歩くことをオススメします!(先月号のイルカ・クジラ・アシカガイドも同様です)

長くなりましたが、
『マリンダイビング』3月号
ぜひご覧くださいね~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-02-13(Tue)
 

新たなマリンスポーツに挑戦してみませんか?

こんにちは! 編集担当の新井です!

先日、都心は4年ぶりの大雪に見舞われ、交通機関等に大ダメージを受けました……。
私も会社から自宅に帰るのに4時間もかかってしまいました。
今日も朝は雪が降っていましたが……寒さに負けず頑張っていきましょう!

私はSUP(スタンドアップパドル)を趣味としているのですが、
SUPにはいろいろな楽しみ方があります。
綺麗な海でクルージングをしたり、波立つ海ではSUPサーフィンをしたり、
スピードを競うために全力で漕ぐレースも開催されているし、
川の激流を下るスリリングな遊びもあります。
先日は、知人がSUPフィッシング(小回りが利くSUPなので、行きたいエリアに自由自在に行けて糸を垂らせるのです!)をして釣り上げたブリを食べたのですが、脂がのっていて最高でしたよ~!
2_20180201201855d77.jpg
SUPフィッシング!
1_201802012018599dd.jpg
大きなブリ! お腹には餌のコノシロが2匹入っていました
3_20180201201856b30.jpg
お刺身で食べる場合、寄生虫アニサキスによる食中毒が怖いので、冷凍したものを解凍してから食べるのがいいですね


ダイバーの皆さんも、今年はダイビングのほかにも何かマリンスポーツに挑戦してみてはいかがでしょうか?
『マリンダイビング』3月号(2/10発売)ではそんな思いを込めて、
「ボート免許を取得しよう!」特集を掲載しています。
6
これはマリンジェット。海を軽快に走る姿がかっこいいんです~

実はダイバーにこそオススメしたいボート免許。
マリンスポーツデビューにぴったりなのです。
詳しい内容は『マリンダイビング』3月号(2/10発売)をチェックしてくださいね。
安全にダイビングを楽しむために絶対読んでほしい特集や、
フォト派に大人気ギンポの仲間ガイドも切り取り付録で付いていますよ。お見逃しなく!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-02-02(Fri)
 
気になるキーワード検索 例:)小笠原
プロフィール

雑誌・月刊マリンダイビング

水中造形センタースタッフがお送りする、月刊『マリンダイビング』をさらに楽しむための編集裏話や海の話ブログです。

MD公式アカウントはこちら
MD_marinediving
マリンダイビング







ランキング参加中★MD公式ブログ
FC2おすすめブログ

ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

1日1クリック☆お願いします
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
RSSリンクの表示
MD公式ブログ QRコード
QR
携帯からでもご覧いただけます
Power Push
DIVINGスタート&スキルアップBOOK
DIVINGスタート&スキルアップBOOK
楽園モルディブ2015
沖縄ダイビングガイド
潜水事故に学ぶ安全マニュアル100
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。