FC2ブログ

『マリンダイビング』7月号本日発売!

こんにちは!
梅雨に入っていきなり雨にやられまくりですが、皆さま大丈夫ですか?
『マリンダイビング』のゴット姉さんこと後藤です。

本日『マリンダイビング』7月号が発売されました。

今回もたくさんの方々にお世話になり、
たくさんのライターさんやカメラマンさんにも頑張っていただきました。ありがとうございました!

私は、エリアの特集担当が結構多かったのですが、
まず7月号を開いて最初にあるのが石垣島。

今まで本誌ではカメラマンしか潜っていなかったのですが、
シーフレンズさんに連れて行ってもらいましたよ、「パナリビッグコーナー」。

まず動画。
入っていきなりマンタに遭遇!
https://youtu.be/boZl0n-udJk

人懐っこくてずーーーーーっとついてきたマンタは、
左の頭鰭が欠けていて、少し泳ぐのにバランスが気になりましたが、頑張ってました。
パナリのマンタ

サメにかじられたのか、ボートのスクリューにひっかかったのか。
後者でないことを祈ります。

そんな石垣島の特集も見てくださいね!

次の西表島特集も担当しました。
お世話になったのは久しぶりにホットマングローブさん。
創立20年目に突入した、既に老舗サービスになりつつあり、たくさんのダイビングスポットの開拓にも貢献している
ウメさんという方がいます。あ、本名は池澤正美さんです。

たくさんの魅力的なスポットに連れていってもらいましたが、
クライマックスはやっぱりオガンだったかなぁ。
仲ノ神島東の根
はらだまカメラマンがすごい流れの中、頑張ってました。

私は後ろで写真を撮ったり動画を撮ったりしましたが、
最初の動画は笑っちゃうほど上へ下へ。流れてたんだなぁ、やっぱり。
オガン イソマグロ
(動画は自分のインスタやFacebook、You-tubeで流したので省略するとして)
スチールもまあなんとか、証拠程度には撮れました。ブレに強いTG-5。すごいです。

西表島特集では、ホットマングローブのウメさんと、ダイブワンロードの柳橋さん、トネリコの齊藤さん、3人の違うタイプのダイビングサービスさんに
西表島の魅力をたっぷり語っていただきました!
西表座談会
個人的には二重アゴになっていない写真を使いたかったのですが(汗)
誰かが目をつぶるという・・・

西表島特集と座談会レポートもお楽しみに!

海外は、まず、アシカでおなじみのラパスを特集!
ラパス アシカの赤ちゃん
身を挺して(笑)赤ちゃんアシカに”かみかみ”してもらいましたが・・・・
意外と傷だらけになるのでご注意を(爆)。

また、ラパスは魚影も濃くなる季節。
ラパス イワシ大群
写真は撮れなかったけれど、
このイワシの群れにグンカンドリがガンガン突っ込んできて、爆音がしてました。
すごいです。ホントに。
しかも、今モゴテ湾にはジンベエザメが入ってきているし
プンタ・ロボというスポットではモブラの超大群が来ているという噂。
今年のラパスも大物好きにはたまりませんね。

ワールドツアープランナーズさんではダイブクルーズとコルテスクラブのデイトリップを
クラブアズールさんではファンバハさんが手がけるダイブクルーズ、キャンプ、デイトリップを
ご紹介いただきました。
ぜひ本誌をご覧くださいね。

一方、フォト派のスポットとして超オススメのセブ島リロアン。
こちらも特集しています!
お世話になったのはリロアンのマリンビレッジダイブハウスさんとワールドツアープランナーズさん。

こちらでもカメラマンの後ろで証拠写真を撮っていたのですが
関口プロのおかげで撮れます、撮らせてもらえます!
アカククリの赤ちゃん
アカククリの赤ちゃんほか赤ちゃん系がめちゃ多い。ゆりかごの海なんだな~、リロアン。

アカフチリュウグウウミウシ
アカフチリュウグウウミウシとか、ウミウシもいろいろ!

こちらはプロのカメラマンが撮った写真をたっぷり掲載。
水中写真が上手になりたい!という方にオススメの特集仕立てになってます。

ということで、『マリンダイビング』7月号
マリンダイビング7月号
夏らしく、イルカの親子の表紙でお届けしています。
ぜひお買い求めを!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-06-10(Mon)
 

自然写真家・高砂淳二先生の写真展開催中です♪

皆さまこんにちは。編集部の鶴岡です。

先日、自然写真家・高砂淳二先生の写真展『PLANET of WATER』オープニングパーティーに行って参りました。
4fdd81827ca048e3e1f2a3ec10b56f11.jpg
自然写真家・高砂淳二さんの最新写真集『PLANET OF WATER』(日経ナショナル ジオグラフィック社刊)発売に併せて、写真展も開催されているのです



リサイズ_DSC0839
弊社主催「地球の海フォトコンテスト」でも審査員を務めていただくなど、とてもお世話になっております

姿かたちを変えながらも、地球の約3分の2を占める「水」をテーマとした写真展。
普段意識していないものまでもが「水」の恩恵を受けていることを改めて感じさせられるものばかりでした。
かわいらしいアザラシの写真から自然の雄大さを感じる写真など、本当に見ごたえのあるものばかりです。
皆さんぜひ足を運んでみてくださいね!

リサイズ_DSC0860
たくさんの人で大にぎわい♪ 素敵な写真がたくさん展示されていています

<写真展>
◎東京
日時:2019年6月4日(火)~24日(月)
   10:30~18:30 
   ※日曜休館 ※最終日は15:00まで
場所:ニコンプラザ新宿 THE GALLERY1+2
   東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー28階
トークイベント:6月8日、15日、22日 すべて14:00~


◎大阪
日時:2019年7月18日(木)~31日(水)
   10:30~18:30
   ※日曜休館  ※最終日は15:00まで
場所:ニコンプラザ大阪 THE GALLERY
トークイベント:7月20日、27日 すべて14:00~


このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-06-06(Thu)
 

『マリンダイビング』6月号は 令和元年第一号!

こんにちは!
皆さんゴールデンウイークはいかがお過ごしでしたか?
GW最終日から沖縄方面に出張中のゴット姉さんこと後藤です。

既に令和元年初ダイビングをされた方もいらっしゃるかと思いますが、
5月10日発売の『マリンダイビング』6月号
令和元年第一号ということで、令和に潜っていただきたい海が大集合!

1906mdhyo1_ブログ用300

令和元年!ではありますが、表紙写真はゆる~りとしたチンアナゴ!
編集部内でも女子から「かわいい~♡」と大人気です。
カメラマンの齊藤靖行さんもまさか表紙になるとは思っていなかったのではないかと思いますが、
ふふふ、私は発掘しますよ~(^^)。

『マリンダイビング』6月号の大特集は
沖縄全島(石垣島、与那国島、座間味島、沖縄本島、伊江島など、滞在して潜れる島をすべて掲載!)
エジプト・紅海(古見きゅうさん撮影の、待ってました!レッドシー!!特集)
モルディブ(先日の「ダイブ&トラベル大賞2019」ダイブクルーズ部門でついに1位となった「アイランドサファリロイヤル」号。チーフガイドの的場充弘さん撮影の写真満載!)
などなどです。

富戸の新しくオープンした施設を徹底公開しております。

レギュレーター特集では読者1名にアクアラングのナギレギュレーターも当たりますよ~!!

ということで、新元号時代の第1号、永久保存版ですよ~(前号に引き続き!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-05-09(Thu)
 

創刊50周年記念の5月号は創刊号付き!?

皆さま、こんにちは!
先週末はマリンダイビングフェア2019にお越しいただいた皆さま、ありがとうございました!
また応援、ご協力いただいた皆さまもありがとうございました💛
おかげさまで大盛況。前年を上回る大勢の方々にお越しいただき、感謝感激な、編集長・ゴット姉さんこと後藤です。
これについては別のところでまた本日中にもアップする予定なので、本日のテーマは
月刊『マリンダイビング』!


本日、月刊『マリンダイビング』5月号が発売されました!!!!
マリンダイビング5月号


実は今月号は1969年4月に創刊してから満50歳!
創刊50周年特別号です!!

本誌が初公開・初取材してきた海という特集内で振り返っているのですが、
1969年といえば昭和44年。東京オリンピックが終わってから5年後の日本は
戦後、許可されていなかった海外旅行ができるようになり、
高度経済成長期真っただ中で、スクーバダイビングに注目する人が増えてきた時代。
そんな昭和な時代から、平成に移り、バブルでダイビング人口が一気に増え、
激動の平成を駆け抜けてきたわけです。

ダイビングエリア一つとっても、ページには収まりきらないぐらい話題が豊富なのに、
ダイビング器材水中写真、水中カメラなどを取り上げたら、どんなにスペースがあっても収まりそうもありません。

ま、去年、創刊50年目ということで、マリンダイビングWebでその辺歴史的なことは特集してきたのですが、
今月号には年表も付けて、保存版的な要素もありますので、ぜひご覧いただければと思います。


そして、今月号はナント、『マリンダイビング』創刊号のデジタル復刻版が
ご希望者全員が読めるようになっています!!

マリンダイビング創刊号 1969年創刊
1969年4月発売の『マリンダイビング』創刊号 表紙

方法は『マリンダイビング』5月号に記載されているので、ぜひご覧ください。
現在の本誌とまったく違って、すご~く学術的な特集があったり、
全国のダイビングクラブの名簿が記載されていたりと(電話番号と住所は外していますが!)
なかなか興味深いものがあります。
しかも、伊豆海洋公園のパイオニア、益田一氏の水中写真やコメントも!

もしコレが好評なら、おもしろそうなバックナンバーの復刻版(デジタルでですが)を出してもいいのではと思っています。
50年前の雑誌ですからね、完成度はその当時のものとしてお考えいただきたいです。
個人的には2号がおもしろいんですけどね~。

それはともかく・・・
月刊『マリンダイビング』5月号では、
ウエットスーツ特集で各メーカーの一押しスーツが紹介されていたり、
ZEROのセミドライスーツのプレゼントがあったり(フルオーダーですよ~!!)
鍵井靖章さんが大好き!というアンボンの特集があったり、
古見きゅうさんが激写したジュゴンのブスアンガ特集があったりと見どころたっぷり!

さらに、
ガイド、ダイビングサービス、ダイビングエリア、リゾートホテル、クルーズ船、ビーチなどなど
ダイバーが選ぶ人気ランキング企画「ダイブ&トラベル大賞2019」も発表!

新設ショップ部門ができて大賑わいの「地球の海フォトコンテスト2019」の各部門上位入賞作品と
ショップ部門&ビギナー部門の全入賞作品も掲載!!

創刊50周年記念特別号だけにハッキリ言って、完全保存版! これは買わないと♪
ぜひよろしくお願いいたします。


このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-04-10(Wed)
 

いよいよマリンダイビングフェア2019は明後日開催です☆

皆さん、こんにちは。
編集部の鶴岡です。

桜が満開ですね~!
新元号「令和」も決まり、新年度らしい日々が続いております(気が付けば社会人2年目突入)。
リサイズブログ/桜/鶴岡


さて、月刊『マリンダイビング』の社内はというと、明後日(4月5日、金)から始まる「マリンダイビングフェア2019」の準備でそりゃもう……(笑)。あははって感じですね!

今年も皆さまに会えるのを楽しみにスタッフ一同準備しております(^^♪
ぜひ、「マリンダイビングフェア2019」にお越しくださいね!
今年はニューゾーン・《L-Breath》《Victoria》アウトドアビレッジがあります! グランピング用品やSUP、ハンドスピナーにかわいいウエアなど、たくさんのおなじみのブランドが出展しており、私自身もワクワクしております。

新生活で皆さんバタバタする時期だとは思いますが、ぜひ「マリンダイビングフェア2019」へ遊びに来てくださいね♪
ダイバーはもちろん、ノンダイバー、お子様も楽しめるイベントです。お待ちしております(*'▽')

では皆さま当日会場でお会いしましょ~!
リサイズブログ/ボロネーゼ/鶴岡
(3月31日、社会人一年目お疲れさまということで友人と食べに行ったボロネーゼです。とてもとてもおいしかった……)


このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-04-02(Tue)
 
気になるキーワード検索
プロフィール

雑誌・月刊マリンダイビング

水中造形センタースタッフがお送りする、月刊『マリンダイビング』をさらに楽しむための編集裏話や海の話ブログです。

MD公式アカウントはこちら
MD_marinediving
マリンダイビング







ランキング参加中★MD公式ブログ
FC2おすすめブログ

ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

1日1クリック☆お願いします
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSリンクの表示
MD公式ブログ QRコード
QR
携帯からでもご覧いただけます
Power Push
La SCUBA Vol.11
DIVINGスタート&スキルアップ2019
楽園モルディブ2019
沖縄ダイビングガイド