FC2ブログ

『マリンダイビング』11月号本日発売!

こんにちは!
気温が下がったなと思った2週間前ぐらいに咳風邪を引き、医者に駆け込んだのに治らず
再び駆け込んだら肺炎には至っていないことを確認。強い抗生物質をもらってようやく治り、
これがアップする頃には海で取材をしているはず・・・のゴット姉さんこと後藤です。
寒くなったり暑くなったり、台風が来たり豪雨になったりといろいろ大変なので、
皆さま、健康と体は本当に大切に。

それにしても、あっという間に10月。
今年の夏は暑すぎた・・・と思ったのも今や懐かしく、夏が恋しくてたまらないわけですが、
10月10日発売の『マリンダイビング』11月号が本日発売されました!!

MD11月号
今月はこのカンナツノザヤウミウシが表紙となりました。かわいくないですか??


今回もたくさんのダイビングサービスや旅行会社の皆さん、メーカーの皆さん、
そしてライターさんやカメラマンさん、デザイナーさんらにお世話になりました。

編集長就任を祝って!と、ご協力していただいたメキシコのプラヤ・デル・カルメン、
イグアナダイバーズの松永さん、よねちゃんこと米本トシさん。
本当に本当に大感謝! ありがとうございました。
おかげさまで素敵なセノーテ&コスメル特集ができました💛
でも、プラヤ・デル・カルメンには日本人経営のダイビングショップはしばらくなかったので、
2015年にオープンした時もとても大変だったはずなのですが、
二人の頑張りで、昨年は街のど真ん中にお店までできて、本当に素晴らしいことだと思います。
プラヤ・デル・カルメン自体、あまり知られていないかもしれませんが、
いや、ダイバーの皆さんなら既にご存じのはずですが、
セノーテに近くて、コスメル島が目の前に浮かぶ、素敵な街。
私も何度か伺っていますが、メキシコの大好きな街の一つなんです。
ぜひ行ってほしいなぁ。何よりあの神秘的なセノーテの数々を見ていただきたいなぁ。
特集中には書くスペースがなくなってしまったのですが、
セノーテの中でも非常に有名な「グランセノーテ」は、大勢の人が入りすぎてしまい、
私が3年前に行った時はフィンの使用が禁止になっていました。それが今はスクーバダイビングも禁止に。
素晴らしい海となると大勢の人が詰めかけてしまい、環境が壊れていく・・・。それがつらいです。
でも、セノーテは今まで知られていなかった所が次々と発見され、開拓され、レジャーダイビングでも潜れるようになっていて、
新しいセノーテや新しいコースも次々と開拓されています。
そんな様子を特集でも見ていただければ幸いです。
Tajma Ha セノーテ
前にプラヤに行った時に潜ったセノーテの一つ、「タージマハ」。
水中にいる感じがしない透明感、幾筋もの光などなど、1つのスポットだけでもたっぷり楽しめるのに
スポットバリエーションがいっぱいあるのがまたスゴイ!


書きだしたら止まらないので、かなり絞り込んで・・・(笑)
あと、今回は「近くて、通える海へGO!」というのが巻頭特集なのですが、
つまりはダイビングは潜りこんでこそもっともっと楽しいし、スキルアップもできる。安全にも潜れるということで
皆さまにどんどん潜りに行って~!という企画なのです。
でも、潜りながらスキルアップを心掛けると、上達も早い!! ということで、スキル特集もいつもよりボリュームアップしてお届けしています。
その一部で、これからのシーズン、活躍するドライスーツを着用している時のスキルについてもご紹介。
ドライスーツ
私も手タレで登場しています(爆)

このドライスーツスキルの撮影では稲取マリンスポーツセンターさんにお世話になりました!
お恥ずかしながら、私は初めてお邪魔したのですが、海が目の前にあって、ダイビングプールもバッチリで絶好の環境。
感激しながらの撮影でした。

稲取マリンスポーツセンター
晴れ女絶好調!だった日


稲取といえば、キンメモドキでしょう!と、スタッフの方にオススメどころを伺い、港にある《なぶらとと》へ。
なぶらとと キンメの煮つけ
予算的には完全オーバーでしたが、注文して良かった!な「キンメの煮つけ定食」。
やっぱいいなぁ。キンメ。


海の仕事はこれがあるからたまりません(^^)。

ところで、11月号の制作も最後の最後で、週末も出勤しなければ間に合わない!という事態に陥ったわけですが、
会社に行ってみると、似たようなボーダー集団が。ボーダーしかいない(笑)。

ボーダー

出勤した社員4人が全部ちょっとずつ違うボーダー柄。こんなこともあるのかと、仲良く『マリンダイビング』を作っている編集スタッフなのでした。

皆さま、今月も『マリンダイビング』11月号をぜひ買ってくださいね!
あと、アンケートも切手不要なので、ぜひ送ってください。皆さまのご意見やご感想が私たちの心の糧になっていますので~!!
よろしくお願いいたします!!
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-10(Wed)
 

9月10日発売!『マリンダイビング』10月号は石垣島大特集

こんにちは!
『マリンダイビング』編集長になったばかりの後藤です。
たくさんの方にお祝いの言葉をいただき、本当に感謝感激です!
しかし、それと同時に身が引き締まる思いです。
(お祝い飲みが多く、身は大きくなってしまってますが・・・ヤバイ・・・汗)

さて、週が明けた10日の月曜日は『マリンダイビング』10月号の発売日!
あまりにも1カ月が経つのが早く、
チコちゃんに「ボーッと生きてんじゃねーよ!!」と思いっきり叱られそうです。

とはいえ、10月号も働きましたよ~。飲んでいるだけじゃないんですよ~(笑)。
まあ、周りのデザイナーさんやライターさんほか皆さんのおかげでしっかり本になったわけですが。
マリンダイビング10月号_2018


今回担当した特集の一つが
「本誌創刊50年記念 石垣島」特集です。

石垣島といえば、新人の頃、初めての夏休みに友達と遊びに行ったのを皮切りに、
何十回と行かせていただいたのですが、始めの10年ぐらいは、なかなか潜らせてもらえず・・・当時は、
カメラマンだけが潜って、編集者はひたすらダイビングショップさんを回ってお話を聞いていたんです・・・
まあ、そのため耳年増にはなっていて、石垣島のことをよ~く学べたものですが!!
その後、ダイビングもしなくちゃ海の中のしっかりとした記事が書けない!という方針に変わり
取材時に海に潜ることもあったのですが、
その頃は「マンタよりも珍しい、MDの後藤を見た!」とネット上に書き込まれたりもしました(笑)。

そんな思い出いっぱいの石垣島。特集は、
”まじむんこみてぃ”創らせていただきましたよ!!

今回は、川平、北部、市街の石垣島中のエリア滞在で楽しめる海をたっぷりご紹介。

川平といえば、マンタ!ですが、マンタ以外にも話題になっているナカモトイロワケハゼなどの情報も載ってます。

北部は、最近サンゴ礁大復活の伊土名沖を紹介。

そして市街は、いろいろな海の楽しみ方をたっぷり掲載しています。

ということで、ちょっと前に撮ったものもあるのですが、
素人の私でもこんなに撮れちゃう石垣島シリーズ!ってことで・・・(笑)

石垣島北部 いとなドーム 水中写真
北部「伊土名ドーム」は、このキラッキラの光のカーテンが素敵♪

北部 平野インリーフ
石垣島最北端のさらに先にあるサンゴ礁「平野インリーフ」。浅瀬のサンゴ礁にいろんな魚がわらわらと・・・

石垣島北部 安良口
石垣島北部は東に広がる太平洋に回り込んで潜ることも! 外洋側の透明度の良さもゴキゲン!

石垣島 北部 ダイビング
北部太平洋側の「安良口」ではリーフの壁沿いにたくさんのウミウシの仲間がいた。
キイロウミコチョウに似ているけれど黒い縁取りのある、たぶんオレンジウミコチョウ

石垣島 荒川
石垣島の川平エリアの中でも吉原から米原にかけての海岸線が今、おもしろい。
写真は荒川沖の「シュリンプガーデン」で。地味なんだけど数の多さがものすごいシコクスズメダイの乱舞

シュリンプガーデン 浅瀬
こちらも「シュリンプガーデン」の浅瀬。いや、メインは水深22~23mの真っ白な砂地にある小さな根なのだが、
浅瀬のリーフの棚もなんか、癒されるんですよね~。

荒川 シュリンプガーデン ウミウシ
「シュリンプガーデン」では大好きなウミウシ、イガグリウミウシも見せてもらった!

石垣島 ビタローの根 竹富島北
大好きな・・・といえば、石垣島の南部エリアでよく会えて大感激なハナヒゲウツボ。
「ビタローの根」でダイビングチームうなりざきの曾我さんに見せてもらったもの。

魚のクリーニング
「ビタローの根」では、自分と同じぐらいの大きさのキンギョハナダイをクリーニングするホンソメワケベラが。

・・・と長くなるので水中はこれぐらいにしておいて・・・。
でも、潜れば潜るほどいろいろな魚の生態や珍しい魚や生き物に会えて、
気持ちよく癒される石垣島の海。
まだまだ書き足りないドラマがいっぱい!!

島の上もめちゃくちゃ楽しくて、しかも訪れるたびにいろいろな変化があるので、やめられない。
名蔵湾 マングローブ
マングローブが群生する川の河口域。写真は名蔵湾だが、北部の吹通川も気楽に行けるマングローブ群生地

トントンミー
河口では、潮の満ち干を利用していろいろな生物が生息。
ぴょこんぴょこんと動きがかわいいトントンミーと呼ばれるミナミトビハゼ(またはトビハゼの仲間)もあちこちに。

街の真ん中にもガジュマル
街の中心地にも大きなガジュマルの木が。

ハイビスカス
街の中や島の至る所にハイビスカスが。種類もいっぱいあって、こんな見たことのない形と色のハイビスカスに出会った。

ユーグレナモール入り口ユーグレナモール
八重山の伝統工芸品、ミンサー織りは「いつ(五)の世(四)までも末長く」と、機織りの女性が男性に願いをこめて、帯を織ったものだという。そんな伝統的な五と四の柄が、島一番のお買い物どころ、ユーグレナモールの入り口の道路に描かれている。

石垣島の街路樹はヤシの木?
その一方で、街路樹がヤシの木という市街エリアも!

そして、何と言っても食!
近海で獲れる魚介類がいっちばんオススメなのだが、やっぱりこちらも捨てがたい。
石垣牛
そう、石垣牛。
有名店はなかなか予約が取れないが、ランチならわりと食べられる店も。
写真は街のど真ん中、「730コート」に昨年オープンした《石田屋》さんのランチのお肉。
サシが繊細で、とっても美味しかったです(^^)。

ということで!
『マリンダイビング』10月号ではプロのカメラマン、齊藤靖行さんらによる素敵な写真で構成。
そちらをぜひお楽しみに!!

うーん。ほかにも紹介したい(書きたい)特集もいっぱいあるのですが、
まずは10日発売のこの石垣島特集、お楽しみくださいね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-07(Fri)
 

阿嘉島へ行きたい!

お久しぶりです! 編集部の新井です。
皆さん、お盆休みはどこかへ行かれましたか? ダイビングはされましたか?
私は週末に千葉と静岡の海へ行ってきたのですが、それはそれは道路が混んでいて……。
渋滞中って眠くなりますよね。特に海で遊んだ後はものすごく眠くなります。
皆さんの眠さ撃退法があればぜひ教えていただきたいです。

さて、現在発売されている『マリンダイビング』9月号(8/10発売)で担当した「沖縄県・阿嘉島特集」。
2_20180824162625873.jpg
書いているうちにどんどん増してくる阿嘉島へ行きたい欲!
それぐらいステキな島なんです。
ソーダブルーの海の中、真っ白な砂地を飛ぶようにダイビングしたい!
ため息が出るほど美しいビーチでお昼寝がしたい!
頭上に降り注ぐような満天の星が見たい!
素朴な雰囲気が残る島で、のんびり島時間を感じたい!
私の好きな島の雰囲気そのものでした。
ということで、決めちゃいました“阿嘉島旅行”♪
遅れて取る夏休みを使って行ってこようかと計画中です。
楽しみだなあ~。

2018_MD9_201808241626252e2.jpg
行く前から私を虜にした阿嘉島の情報は、
現在発売中の『マリンダイビング』9月号をチェックしてくださいね。
宮古島や石垣島といった沖縄情報や世間で話題になったタイの洞窟事故の詳しい見解など、
盛りだくさんの創刊50年記念夏の特大号、必見です!







このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-08-24(Fri)
 

祝! 原田カメラマン写真展開催!

こんにちは!
編集担当の平井です

夏休み真っ盛り、
今年は猛暑が続いていますのでなおさら海に行きたい欲が増してきますね
しかし私はなかなか予定を立てることができず、
7月はダイビングに行きそびれてしまいました……。

そんな私は少しでも海を感じるために!
先日、7月27日(金)~8月2日(木)に「富士フォトギャラリー銀座」で開催されていた
我が社の専属カメラマン「はらだま」こと
原田雅章の写真展 「ウミノイロ」 にお邪魔してきました!

P7270003.jpg
会場での原田カメラマン

会場には原田さん選りすぐりの色鮮やかな写真がズラリ
海の中は青色だけではない、
な世界が広がっていることを改めて感じることができました。

写真展
原田カメラマン(手前)と写真展に訪れた編集部の面々
(肝心の写真が光っていて見えない……! 実物はとっても綺麗でしたよ!)

写真展に行けなかった方も、
原田カメラマンの写真は毎月 『マリンダイビング』 に掲載されていますので、
あなたのお気に入りの写真を見つけてくださいね

お気に入りの写真を決めたら、ぜひアンケートはがきを送ってもらえると嬉しいです!
読者プレゼントもありますからね!
このはがきは切手不要で送ることができますので、ドシドシご応募お待ちしております……!

2018_MD9.jpg
今月号の表紙はニタリですよ~!

今月(か来月……)こそは潜りに行くぞ!と決意を固めた平井でした(=゚ω゚)ノ
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-08-17(Fri)
 

MD9月号特集・石垣島とマラパスクアで

ということで、引き続き、ゴット姉さんこと後藤です。
やることは今までどおり、変わっておりません(笑)。

さて、『マリンダイビング』9月号は、たくさんの方々にご協力いただいて、
ライターさんやデザイナーさん、印刷所の方にも本当に頑張っていただいて
何とか発売することができたという、綱渡りな一冊だったわけです。
本当に皆さまありがとうございました。

私もいくつか企画を担当しているのですが、
まず、三保仁先生に書いていただいた「タイ洞窟事故救出にはケーブダイビングが役立っていた」の記事は
最初から最後までじっくり読んでいただきたい。
サッカー少年とコーチ13人が無事救出されたのは奇跡でしかなかったことがよ~くわかります。

また、巻頭では故・舘石昭が『マリンダイビング』で日本初登場をさせてブームになった海を特集。
今では有名なモルディブも、ちょうど40年前の1978年、本誌と今は休刊中の『海と島の旅』で
日本で初公開した、奇跡の海でした。
いずれも今なお、魅力的なダイビングスポットとなっているところを紹介しています。

海の良さ、ツアーの行きやすさで若者を中心にガンガン伸びているセブ島。
その先の離島、ボホールとマラパスクアの特集も担当。

ボホールといえば、フィリピン随一の魚群スポット、バリカサグ島へのアクセスがとってもラクチンな島。
コンデジでもこんな感じで撮れちゃうんですよ、ギンガメアジの群れが。
ギンガメアジ群れ
もちろん、その気になればもっとアップな写真も撮れます!

また、トウアカクマノミがとっても浅いところで会えるのも魅力。
トウアカクマノミ
写真は大好きなスポット「カリパヤン」(パングラオ島)で。よく見るとイソギンチャクの下にカニが隠れてます!

あと、私的にはコレが気に入ったのですが・・・
テンツキチョウチョウウオ
テンツキチョウチョウウオの群れ。超珍しいと思うのですが、いかがでしょう?

マラパスクアといえば、ニタリ!ですが、ニタリ以外にも見どころはいっぱい。
グルクマの群れ
ガトー島という、マラパスクア島の北西に浮かぶ岩の島は「ガトーケーブ」が有名なんですが、
ケーブの周辺にはグルクマの大群が! グルクンじゃないですよ、グルクマですよ。
アゴが外れるんじゃないかと心配するぐらい大きな口を開けて捕食しながら泳ぐことで有名。
しっかりそんなシーンが見られました。

ほかにもマクロ生物が多くて・・・
カエルアンコウ
カエルアンコウもいろいろな種類がいて・・・

ヒトデにいるヒトデヤドリエビ
キレイな青いヒトデにはヒトデヤドリエビもいたりして・・・

スパインチークアネモネフィッシュ
日本にはいないクマノミ、スパインチークアネモネフィッシュもあちこちに。
この赤ちゃん、めっちゃ小さくてかわいかった~!!

フリソデエビ
フリソデエビもしっかり見せてもらい・・・
《Exotic Island Dive & Beach Resort》のガイドさん、ありがとうございました。

どうしよう、まだ紹介したいんですけど、長くなってますよね。
でも、これだけは・・・石垣島だけは・・・(笑)
今回お世話になった《シートリップDS太造之店》のたいぞうさん。
昔からよ~くお世話になっていたのですが、実はガイドしていただいたのは初めて!
ガハガハ笑って大声で関西弁でお話しされる豪快な方なのですが、
海の中でのガイディングも豪快な一方、とっても繊細! びっくりです。
_5120961石垣_太造の根8_シャークロック
オリジナルスポットもいっぱい持っていて、ここは「太造の根8」、別名「シャークロック」。
スカシテンジクダイがぐわっと群れる根や、ウミウシがいっぱいついている大きな根が印象的でした。
あと、真っ白な砂地と・・・(本誌特集で齊藤靖行カメラマンが撮った写真を見てくださいね!)

_5120978.jpg
取材時はまだまだでしたが、きっと今頃めっちゃ群れているんだろうなぁ・・・(遠い目)

_5120983太造の根8
こんな光る貝、ウコンハネガイもいたりして・・・

石垣島特集も『マリンダイビング』9月号で絶対に見ていただきたい必須特集なのです。

そして、石垣島特集には、本誌7月号でも話題を博した
石垣島ダイビングガイド青年会有志の方にも再びご登場いただいてます。
石垣島ダイビングガイド青年会 有志
7月号では天の川やらなにやらでまさしく満天の星!の下、撮影してきてくださいましたが(上は未公開写真です)、
9月号ではまた驚きの集合写真が!! 半端ないって、さすが青年会だわ、もう見ないではいられないやん。なお写真となっております。
あ、彼ら9人がイチオシの石垣島アフターダイブ情報も必見です。

ということで、本当に長くなってしまったので、ここらでやめておきますが・・・・
明日8月10日発売の『マリンダイビング』9月号
ぜひお楽しみに!!!!




このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-08-09(Thu)
 

新編集長よりご挨拶

こんにちは!
すっかり『マリンダイビング』の公式ブログもアップされないままに過ぎておりますが、
皆さま、お元気でしょうか。
マリンダイビングの元・副編、ゴット姉さんこと後藤ゆかりでございます。

5月末に『La SCUBA』
6月末に『DIVINGスタート&スキルアップ2019』
7月末に『楽園モルディブ2019』
と、スタッフ全員が毎月の月刊『マリンダイビング』に加え、これら増刊号に関わっていたため、
ブログを更新する暇がございませんでした。言い訳です。すみません!!

ほぼ会社にいて、たまにダイビングスポットに行き、たまに写真展やトークショーなどの取材にも出かけているうちに
あっという間に8月になってしまったわけですが、
7月に弊社の組織変更がありまして、新社長に舘石哲見(創立者で水中写真家の舘石昭の次男)が就任。
これまでの社長、舘石逸見は会長に就任しました。
『マリンダイビング』に関しては今までずっと社長が編集長を兼任していたので、すっかり油断をしていたところ、
この8月10日発売の『マリンダイビング』9月号より、編集長を任せるとお達しが!!
焦ります。焦りました。
というよりは、既に9月号は内容もページもがっちり決まっていたので、誌面では特に、皆さまへのご挨拶ができなかったので
こちらに書かせていただこうと思った次第です。

マリンダイビング9月号
マリンダイビング9月号、8月10日(金)発売です!

発行人、編集人が一新
発行人、編集人が変わりました

これまでと大きく変えようとか、誌面を刷新しようといったことは正直、考えておりません(社としても、それは期待していないはず・・・)。
でも、これまで以上に、多くの方々がダイビングに興味を持って、
安心してダイビングを楽しめるような環境ができるようにしていきたい。
また、Reader First、読者の皆さまが一番求めていることを常に提供していきたい。
そして、雑誌として、読者の皆さまがあっと驚くような、ワクワクドキドキするような誌面づくりを
これからも心掛けていきたいと思っております。

また、紙媒体『マリンダイビング』のみならず、マリンダイビングWebとも連動して
もっと多くの方々に、ダイビングの魅力を知っていただいて、人生を楽しんでいただきたいと考えております。
マリンダイビングWebのほうは編集長というわけではありませんが、
どんどん絡んでいきたいと思っております(既に結構絡んでいるんですよ~笑)。

ということで、皆さま、今後ともよろしくお願い申し上げます。
読者の皆さまの声が一番の活力です。
誌面にあるアンケートハガキでもいいですし、Webからでもいいので
今後ともいろいろなご意見、ご感想、お待ちしております!!

月刊マリンダイビング 編集長
後藤ゆかり




このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-08-09(Thu)
 

沖縄はマリンダイビンクのベストパートナーの一つ

こんにちは!!
すっかり間が空いてしまいましたが、
『マリンダイビング』編集部のゴット姉さんこと後藤ゆかりです。
ただ今、取材先の沖縄の離島からお届けしています。
(エイプリルフールに自分のSNSでパラオ支社に転勤!と書いて、
多くの方に真剣に信じていただいてしまいましたが、
基本、東京にいます。支社はありません。ごめんなさい!!)

さて、昨日は『マリンダイビング』6月号の発売日でした。
MD6表紙

6月号は本誌創刊50年記念第6弾!ということで、
沖縄&離島大特集! 
ダイバーなら絶対潜りたい
50のダイビングスポット&エリアを巻頭でご紹介しています。

20180510171400db9_20180510181316ed0.jpg

沖縄といえば、私も新人の頃から取材に行かせていただきましたが、
その当時から、『マリンダイビング』を応援してくださり、
協力をしていただいた航空会社(今のJTAさんとか)やホテルや民宿、
ダイビングサービスなどなど、とても多く、
今も来ているこの離島に来たときも、新人にもかかわらず、
『マリンダイビング』ならと、とっても温かく迎えていただきました。
本当にありがたいことです。

そもそも前編集長の舘石昭が『マリンダイビング』を立ち上げる前から
沖縄の海に魅せられ、通っていたわけですから、
私が初めに訪れた時点で、既に30年ぐらいの付き合いがあったから、
もうその絆の強さは強固だったわけですよね。

時代も変わり、舘石たちがお世話になった当時の方がほとんど現役から退かれているのが寂しいところですが、
私が新人の頃の方はまだまだ現役!という方も多く、
いつもたくさんの元気をいただいております。

そんな思い出が詰まった特集も、今月号には掲載!!
20180510172653c22_201805101815535ba.jpg

沖縄と離島にはいろいろな思い出がありすぎて、
絶対潜りたいスポット50については取り上げたいところがまだまだあって、本当に困ってしまったのですが、だからこその厳選スポットとなっています。

きっと読者の皆さんにとってのナンバー50はまた違うんだろうなー。

また、今月号は、海外のエリア特集もかなりたくさんあり、ボリュームアップしています。

現地ガイドさん撮影の素晴らしいお写真も満載です!!
201805101731312c5_2018051018212920b.jpg


20180510173155209_201805101817493a2.jpg

私が担当したのがこの特集でしたので、
まだまだあるんですが、トランバン、バア環礁もまた私の大好き~なエリア。
4月はマリンダイビングフェアもあって、
大好きな特集もたくさんあって、嬉しいやら大変すぎるやら。。。(笑)

海外の特集といえば、今月号には海外ツアー満載の
「ダイビングツアーブック」が付録に付いております。
近場のアジアや、夢の秘境へのダイブクルーズツアーなど、
皆さんの行きたい海が、たくさん!
本誌読者特典付きのお得なツアーも見つかるので、是非じっくり見て探してください!!

まだ『マリンダイビング』6月号を買っていない、見ていない、
という方は、書店またはマリンダイビンクSHOPでお買い求めを!!

ということで、
私は沖縄が梅雨入りをした日に、こちらにやってきたわけですが、
乗ってきた飛行機はあのさくらジンベエでした♥

20180510175155908_20180510181930434.jpg

機内で配られるコーヒーなどを入れるカップも
さくらジンベエと、ジンベエジェットのイラスト入り!
思わず持ち帰ってきてしまいました!

201805101756481b3_201805101820209c1.jpg

これだけではどこにいるかわからないか。。。
いや、わかるな。

ちなみに、梅雨は、昨日は梅雨前線がすぐ近くにいたものの、
今日からしばらくは、ありがたいことに、やっぱり梅雨入りをしたのが間違えだったのでは?というぐらい、いいお天気です。

私がどこにいるか(ここの島でお会いした方やお話しした方以外で、またはこの島にいらっしゃる方以外で)当ててくださった方に、抽選で一名様に お土産を差し上げます!
是非、コメント欄にご回答を書き込んでくださーい!
お待ちしております🎵


このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-05-10(Thu)
 

ニュースいっぱい!『マリンダイビング』4月号、明日発売!

こんにちは!
『マリンダイビング』編集のゴット姉さんこと後藤ゆかりです。
なんだか寒かったり、あったかくなったり、
気温の上下に気持ちもアップ&ダウンしてますが、
お会いする方には「いつも元気だね~!」と声をかけていただき、
それで元気をいただいているという今日この頃です。

さて・・・明日10日は『マリンダイビング』4月号の発売日!
リサイズ_MD4表紙

表紙は、マリンダイビングフェア2018のポスターにも採用した
グアムの「ボムホール」でキタさんこと北川暢男カメラマンが撮影したウミガメとモデルのるいちゃんの写真!
なぜ似たような写真を使うって?
だって、4/6~4/8はマリンダイビングフェアが開催されるからです!!

内容は、もちろんフェアの最新情報がズラリ!
私的には「海と人」コーナーで、こーーーんなに世界中からガイドさんが来てくださるんだ!と驚いている次第ですが、
ぜひ皆さんにもチェックしてもらって、会いに来ていただければと思います。

また、フェア中に開催されるステージプログラムやセミナープログラムも要チェック!
私も最終校正で初めて自分が出る番組があることを知りました(汗)!
まあ、いつもこんな感じなんですが。
しかも、4/6(金)15:10~16:00っていったい誰が来てくださるんだ~~~!!!!
もう豪華賞品も用意しますので、ぜひぜひ見に来て参加してください。


あと、4/7(土)の10:30~11:20も私の担当。
MD創刊50年にまつわるクイズをしますので、『マリンダイビング』1月号から3月号の
創刊50年記念特集を見ておいてくださいね(つまり、そこからクイズを出題します!)

さて、マリンダイビングフェアの情報もびっしりスゴイことになっていますが、
今月は清水淳さんにオリンパス最高峰のミラーレス一眼「OM-D E-M1 MarkⅡ」の
8mm Fisheyeレンズを使った時のレポートを書いていただいたり

(もうスゴイです! 超欲しくなります!!!!)
鍵井靖章さんに、3つの特集のお写真を提供していただいたりと
超ゴーカバージョン!!!

鍵井さんの3つの特集はコレ!
1)
タオ島は昨年ジンベエが大当たりだったようで、今年も期待!な特集に
(実際、もう出ているみたいですし!)。
2)
パヌニーヨットクルーズの特集では、ハンマーの群れゲット!なバンダシーやラジャアンパットなど
3)
バスターズカンパニー(すみません、誤植がありました!! Busters Companyが正しいのです。私が間違えたのであって、鍵井さんが間違えたわけではございません。ひれ伏してお詫び申し上げます!!)
の新しいリゾートをいくつか紹介していただいたり・・・

ほかにも海外は私が大好きなレンベにラパスにニューカレドニアと盛りだくさんです。

さらに、石垣島では新しいマンタスポットの情報とともに、
今、きっと世界中で一番パワフルなガイド集団、ガイド会次世代ガイドの皆さんの写真展情報と、
それに負けないぐらい元気な「石垣島ダイビングガイド青年会有志」の皆さんをご紹介!!
集合
夜も仲良しの石垣島ダイビングガイド青年会有志の皆さん!

昼の取材でも・・・
SurfDiveてっちゃん

SurfDIve てつや
前からお会いしたかった《サーフダイブ》の濵岡鉄矢さん。
取材時も期待通りに正装のスーツ(ウエットスーツ)を全器材とともに装着して迎えてくれました!
撮影してくださった八重山ダイビング協会の元副会長・鈴木達也さん、ありがとうございました(^^)

こちら石垣島ダイビングガイド青年会のお話はぜひ本誌をご覧いただくとして・・・
マリンダイビングWebでも、『マリンダイビング』4月号が紹介されています。
https://www.marinediving.com/wp/books/md1804/


併せてご覧くださいね!!

では、『マリンダイビング』4月号、ぜひ買ってくださいね!!!!
そして、
4/6~8のマリンダイビングフェアでお会いしましょう♪♪♪
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-03-09(Fri)
 

近場で島時間を満喫♪@初島

こんにちは 
ここ2~3日、すこーしだけ暖かい日が続いていますね。
春はもうすぐそこかな?と暖かい春を心待ちにしている編集担当の平井です。

2月の3連休を使って、初島へ遊びに行ってきました~!

初島へは熱海港から船に乗って向かうのですが、所要時間は30分ほど。
走っている間は餌をもらうべく、ずーっとカモメがついてきます。
カモメ
可愛いんですけどね、「近い近い!ぶつかる!」となることもしばしば。笑

到着したらさっそく潜ります! 今回は2日間で4ダイブしてきました!
透明度は12~15mあって、気持ちのいい水中でした。

私は友人からのおさがりカメラを使っています。
周りは最新機種を使う人ばかりで、勝てる気はしないのですが……、
頑張って撮影したので、1枚だけ見てください!
ピカチュウ
ピカチュウ(ウデフリツノザヤウミウシ)です!
変な体制になりながら粘りまくって撮りましたが、もう少し構図やライトの位置がなあと反省点もたくさんです。

潜った後はまったりご飯を食べて、ゆったり温泉に浸かって、島時間を満喫してきました(*^_^*)❤
熱海港からたった30分で来られるのに、しっかり島時間を満喫できる初島。
皆さんもぜひ一度行ってみてください!

さあ今月もあと半分、後半戦も頑張るぞー!
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-03-05(Mon)
 

まるでジャングル!? 西表島


このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む>>

2018-03-02(Fri)
 
気になるキーワード検索
プロフィール

雑誌・月刊マリンダイビング

水中造形センタースタッフがお送りする、月刊『マリンダイビング』をさらに楽しむための編集裏話や海の話ブログです。

MD公式アカウントはこちら
MD_marinediving
マリンダイビング







ランキング参加中★MD公式ブログ
FC2おすすめブログ

ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

1日1クリック☆お願いします
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
MD公式ブログ QRコード
QR
携帯からでもご覧いただけます
Power Push
La SCUBA Vol.11
DIVINGスタート&スキルアップ2019
楽園モルディブ2019
沖縄ダイビングガイド