FC2ブログ

日本を潜る!『マリンダイビング』9月号は8月10日発売!

こんにちは。『マリンダイビング』編集のゴット姉さんこと後藤です。
なかなか梅雨が明けない・・・と思ったら、明けた途端に猛暑。
やってくれます、異常気象。
台風もバンバン来てくれてしまい、サンゴ礁や海水温上昇にはいいけれど、
ダイビングを予定していたダイバーさんやダイビングサービス関係者にはツライことでもあります。
潜れなくなってしまった方、予定変更を余儀なくされた方に心よりお見舞い申し上げます。

さて、そんな8月。
『マリンダイビング』9月号が発売されます!
今回のテーマは「ニッポン!」
そう、日本のダイビングエリアのほとんどがベストシーズン到来!!ということで、
特にオススメのエリアをどーーんとご紹介しております。
2019_MD9.png

私的には、古見きゅうさんが撮影してきたフィリピン・ボホールの紹介もしたいのですが、
大テーマの「日本の海を潜る」からご紹介させていただきます。

というか、その巻頭で紹介しているのが石垣島。
そう、最近、あの、ロープでまかれたジンベエザメの救出劇の舞台となった、石垣島です!

今回は市街エリアで《シートリップDS太造之店》さんに、
川平エリアではカメラマンはらだのみ《さうすぽいんと》さんに海を案内していただきました。

太造さんのところでは昨年に引き続き、2組のリピーターの方にお会いできたのも奇跡だったわけですが、
石垣島ではお約束のマンタにもしっかり会わせていただきました。
マンタ 石垣島パナリ

動画はこちら!

根のそばで待っていれば、向こうからやってきてくれるのはどうしてなんだろう?
ものすごくハッピーなわけですが、泡に気を引かれるのか、何なのか、マンタに聞いてみたい。

ほかにもウミガメやウミウシいろいろ、魚いろいろ、エビ・カニいろいろを見せていただきましたが、
アハハ、記録として撮ったぐらいでいい写真が撮れてない(汗)。
なので、プロのカメラマンた撮った特集をぜひお楽しみください。

一応、何にかわからないけれど、吠えているヒトたちに会ったので載せてみますね(^^)。
ビタローの根 ハナヒゲウツボ
「竹富南ビタローの根」のハナヒゲウツボさん

クマノミ 黒島
「黒島タートルロック」のクマノミさん

そして、取材の際にお世話になった皆さまありがとうございました!

シートリップDS

それにしても・・・日本の海はやっぱりスゴイ。

ハンマーヘッドシャークがガンガン出ている伊豆大島や
八丈ブルーが冴えわたる八丈島、
フォト派天国・柏島や
ダイナミックさも味わえて被写体豊富な本州最南端の串本、
沈船ダイビングができる熱海、
魚群がハンパない西伊豆・田子などなど
日本の海満載の1冊。ぜひご覧くださいませ。

あ! 今話題の360°カメラ「THETA」の撮影方法や撮った後の楽しみ方が
まるごと掲載された別冊付録もお見逃しなく!

付録 360°カメラ


このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-08-09(Fri)
 

8月号でも特集中の八丈島に行ってきました!

大変ご無沙汰しております!
編集部の蕗澤です。

みなさん、海の日の3連休はどこか潜りに行かれましたか?

私は大学時代のサークルの仲間と、
東京11島のひとつ、八丈島に行ってきました!
ダイビングを始めてからほぼ毎年通っている大好きな島です♥

八丈島のダイビングのなにがすごいって…
とにかくウミガメだらけなんです(笑)!
カメパラダイス!

kame2.jpg
GoProで撮影した動画のスクリーンショットなのですが・・・
この中でも4匹もうつってます~! 実際は一度に6匹くらい見られました


kame3.jpg
透明度よすぎ!

kame1.jpg
近すぎ! 八丈島のカメはフレンドリーで全然逃げません

「黒潮が絶好調」だからか?
透明度もよく、スコーンと抜けていて、
見上げたら水面がきらきら
水温も26度! あったか!
気持ちいい〜〜

潜ったのは「底土」というスポットです。

「八丈ブルー」を堪能できました💕

温泉に行ったり、
滝でマイナスイオンを感じたり、
夜は花火もしちゃったりなんかして、
もうとにかく楽しかった〜

八丈島、おすすめです! 推します!

好評発売中の月刊『マリンダイビング』8月号でもたっぷり特集しているので、ぜひ読んでみてくださいね!!!

md8.jpg

ちなみに、8月号はほかにも伊豆半島や、
北海道、タオ島&モアルボアル、宮古島、三宅島などなど・・・
とにかくあちこちの海を大特集しているので、ぜひ読んでいただきたいです!

さらに、今月号はプレゼントも超豪華なんです。

切手不要のアンケートはがきを送るだけで、
《ベトナム航空》の成田⇔ダナン往復航空券や、各メーカーのフィンがGETできるかも!
大チャンスですよ~♪ 

フィンは、p85~の試用レポートを読んで気になったものに応募してみてくださいね!

プレゼント_450
※航空券、フィンはモニタープレゼントです。詳しくは雑誌をチェック!

それではまた!

1908md.jpg
8月号はミノカサゴが目印♥


このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-07-19(Fri)
 

月刊『マリンダイビング』8月号は明日発売!

令和元年の梅雨には困りましたね~。
でも、今まで見たことのないほどいろいろな種類のキノコを自宅近くの公園で見つけて喜んでいる
月刊『マリンダイビング』編集長のゴット姉さんこと後藤です。
どんなことにも喜びを見出すことにかけては、結構イケてると最近になって気づきました(^^)。

この1カ月もたくさんの出来事があり、たくさんの仕事があり、今私がこうやって『マリンダイビング』8月号が発売になることを書けることも幸せなことの一つ。なにせ、終わる気がしなかったんです(汗)。いや、始まらなかったんです。増刊号があって。
そんな中、たくさんのライターさんやカメラマンさん、水中写真家、編集スタッフにも助けられ、この号は完成しました。
できたどーーー!!

1908md.jpg

で、遠く過ぎゆく記憶をたどったところ、
そうそう、そうなんです。
今回、フィンの試用レポートを担当したのですが、
各メーカーさんから人気のフィンを合計10種お借りして、土肥取材の合間に
《セントラルスポーツアウトドアビレッジTHE 101》さんのキレイなプールで
すべてについてあれやこれやとチェック。2km以上は泳いだはず。
足に来るかと思ったら腰に来た!(笑)

_6132048.jpg
チェックの合間に、自撮りをしてみた。
GULLさんのバラクーダ、やっぱカッコイイわぁ。。。ガンガン流れているようなところで履きたいわぁ。


撮影は若くて体力のありそうな新人スタッフにお願いしてやってもらいましたが、
私と同じぐらい疲れただろうなぁ。きっと。

_6132065.jpg
ありがとーね、すみれちゃん。

それにしてもさすが各メーカーの人気フィン。それぞれに特徴があるのだが、それぞれに長所がいっぱい。
ラバーフィンが個人的には好きだが、最近はハイブリッドなプラフィンも非常にいいと思っていて、
うーむ。欲しいぞ。全部欲しい。
詳しくは本誌の特集をご覧くださいね。
さらに
6名様のフィンモニターも募集してます。
潜ってレポートしてくださる方、ぜひご応募を!!

そして!
その新人ちゃんももっと頑張ったのが西伊豆 土肥の小下田エリアに特化した特集。
あ、今月の『マリンダイビング』は伊豆半島が巻頭大特集。
(ほかにも日本の海の特集がいっぱいで・・・)とにかく皆さまに近場の海に通って
ダイビングを楽しんでいただきたいという特集。

そして、その小下田では6月30日から期間限定でオープンとなっている
「飛島沖パート2」を一足お先に潜らせてもらった♡
_6121600飛島2
しばらく人間が入っていなかった海中はソフトコーラルもとっても元気で
キンギョハナダイの群れが彩りを添えていて、とにかくカラフル!


_6131907パート2
カメラマンがキンギョハナダイの群れを撮っているので、記録写真として撮ろうとすると、
間にもキンギョハナダイたちが入ってくるほど!


_6131903パート2
巨大なアオブダイもキンギョまみれ!


_6121592土肥飛島2
テングダイのバックにもキンギョハナダイの群れ!
とにかく根の周りはびっしりとキンギョハナダイが大乱舞。もう夢のようでした。

THE 101の名ガイド、山本和穂さん、いつも本当にありがとうございます!!

P6132088.jpg

ほかにも水中写真家・古見きゅうさんが撮影してきてくださった
タイのタオ島と、セブ島のモアルボアル特集(水中写真テク付き!)
も見てほしいし、
地球の海フォトコンテスト2019のショップ部門でグランプリとなった作品の舞台にもなっている北海道・積丹半島もご覧いただきたい(札幌のアフターダイブ情報には元カープアイランドの丸山勉さんのお店もご紹介)。
THE101のくすみ姐さんの連載も見てほしいし、シャークジャーナリスト、沼口麻子さんの連載も必見だし・・・。

清水淳さんによるオリンパスの新コンテジ「TG-6」の試写レポートもご覧いただきたいし、
ベトナム往復航空券モニターにも応募していただきたい!!

と、いろんなことをしていただきたい一冊。
もう買っていただなかければ始まりませんってば!

皆さま、ぜひ『マリンダイビング』8月号をご覧ください&ご購入ください♪




このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-07-09(Tue)
 

続・DIIVNGスタート&スキルアップ2020発売!

ということで、7月2日発売の『DIVINGスタート&スキルアップ2020』の講習ロケ話、2話目です。

こちらは何と、K-1のファイター3選手とレースクイーン、計4名がダイビング講習を受けるという
超・超・超派手な演出。しかも、アシストにもK-1のチャンプ、山崎秀晃選手が付くという豪華すぎるシチュエーション。
わーお! なのです。

舞台は東京・世田谷代田にあるブルーアンドスノー
オーナーでSNSIのコースディレクターでもある高橋秀嘉さんが大の格闘技好きで
この夢のコラボレーションが実現したのだ!

プール
左から山崎秀晃選手、玖村将史選手、林健太選手、長沼まゆさん、玖村修平選手、高橋秀嘉社長
この撮影のために「BIARMS」(株式会社クリーク)が個々の個性に合ったウエットスーツを作ってくれた!

玖村兄弟
試合の時とはまったく表情が変わって、まるでジ〇〇ーズのタレントさんみたいなイケメン、玖村兄弟

学科講習
撮影とはいえ、学科講習も真剣に。でも、高橋社長が所々でみんなを笑わせて、
記憶に残る授業をしてくれる


山崎さんと高橋社長
ダイブマスターコースを受講中の山崎選手とともに器材の働きやセッティングについて説明

プール
プール講習は壮観! なんてったって現役のK-1選手とレースクイーン。肉体美で目がクラクラしそう
役得!なゴット姉さんなのだった


玖村修平さんは沖縄で体験ダイビングをしたことがあるとのことだったが、
ほかのみんなは初めてのスクーバダイビング。
緊張も大きかったようだが、基本スキルを着々とこなしていく。

特にK-1選手たちは、難しいといわれる中性浮力も脚力で補っているかのようで、
すぐにできるようになっていたのにはびっくり!


林健太
林健太選手は、水泳が得意だからか、すぐに水中でも落ち着いて泳げるようになり、
中性浮力もバッチリ♪


撮影とはいえ、皆さんにはしっかりダイバーになっていただくということで、
安全なダイビングができるよう、世界でも講習内容が厳しいSNSIのオープンウォーターコースを受けてもらった4人。
日を替えて、海洋実習もみっちり行う。


長沼まゆ
初めてのジャイアントストライドに臨む長沼まゆさん。さすが、度胸がいい!

4人
4人ともこのとおり! バッチリ中性浮力をとりながら泳いでいる。
高橋社長の教え方が上手なのか、彼らの個々のポテンシャルがそうさせているのか。
スゴイスゴイ!と水中で叫んでいた筆者。

玖村雅史
ミノカサゴと遭遇して、喜んでいる玖村兄弟の弟、将史さん


海洋実習は1泊2日なので、
夜はダイビングの勉強ももちろんするけれど、楽しい打ち上げが待っていた!

弘昭丸
弘昭丸さん、ありがとうございます!


しかも、空いた時間にはスパーリング。
プロのK-1選手の本物のスパーリングを生で見られるという幸運も。

_DSC9970.jpg
こちらのおなかにも響くようなパンチ音に大興奮

以上、Photo by Nobuo Kitagawa

だが、ブルーアンドスノーでは、キックボクササイズ付きのツアーも開催していて、
時折こうしたプロの方も参加してくれるんだとか。贅沢だ~!

ダイビングをこの夏始めたい、ぜひダイバーになりたい!という方は
今すぐブルーアンドスノーに連絡すれば
夏の間にダイバーデビューできるかも!

ということで、『DIVINGスタート&スキルアップ2020』では、
ダイバーになるためのシミュレーションもたくさんできる。

ダイビング器材のことや、海のおもしろい話をクイズにした企画、
先輩ダイバーのヒヤリハット体験談、危険な海の生物などなど、
ダイバーになったら絶対に知ってほしいトピックスが盛りだくさん! 



『DIVINGスタート&スキルアップ2020』は全国書店またはマリンダイビングSHOPや電子書店で販売!
DIVINGスタート&スキルアップ
電子書籍版もありますが、プレゼン後のご応募ができませんのでご了承ください。

皆さまのご購入をお待ちしております!
切手不要のアンケートハガキにご意見・ご感想をご記入の上、プレゼントにも応募してくださいね!!
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-07-01(Mon)
 

DIVINGスタート&スキルアップ新発売!

沖縄では梅雨明けをしたようですが、
大雨被害に遭われている地方の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
今年は東京も梅雨らしい梅雨になり、鬱陶しいことといったら……。
スコールは好きだけど、じとじと雨はキライなゴット姉さんこと後藤です。

さて、そんな夏の7月2日(火)、
月刊『マリンダイビング』増刊の
DIVINGスタート&スキルアップ2020が発売されます!


DIVINGスタート&スキルアップ

月刊『マリンダイビング』の入門編的な一冊ですが、
ダイビングを始めたい人のためのダイビングスクール情報、
ダイビング講習のAtoZや
ダイビングを始めて、上手くなりたい!という人のための基本スキル解説、
中性浮力がとれるようになるためのノウハウ、
ステップアップコースやおすすめのスペシャルティコースなどなど
ダイビングを始めて上手くなるための情報がぎっしり詰まった一冊となっています。

私は今回、2組のダイビング講習に同行。
一人目はスキューバプロショップで講習を受けた、モデル・タレントの原あや香さん!

原あや香さん
めっちゃ美人でスタイルもよくて、すっかりファンになっちゃった私
Photo by Tamotsu Ogawa


原あや香さん
PADIのOW講習では、数年前から中性浮力をとりながらマスククリアや耳ぬきといった基本スキルができるように
マスターしなければいけないのだが、水中のバランスがよく、軽々とクリアした原あや香さん
Photo by Tamotsu Ogawa


原あや香さん
海洋実習では北川カメラマンの何度ものリクエストに応えてマスククリア撮影してくれた。
「さすがに目に沁みました!」とあや香さん。それでも嫌な顔せず、この笑顔! ありがとうございます!!


ということで、スキューバプロショップ代表のかっしーこと柏崎洋介さんの教えが良かったのか、
あや香さんのダイビングセンスがとてつもないのか、すべてのスキルを上手にこなしてくれたので、
なんと、今回の『DIVINGスタート&スキルアップ2020』で
メインモデルになっていただいちゃったのだった。

ということで、原あや香さん満載の一冊となっております。
ぜひご購入を♪

2つ目の講習のお話は続きで!
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-07-01(Mon)
 

『マリンダイビング』6月号は 令和元年第一号!

こんにちは!
皆さんゴールデンウイークはいかがお過ごしでしたか?
GW最終日から沖縄方面に出張中のゴット姉さんこと後藤です。

既に令和元年初ダイビングをされた方もいらっしゃるかと思いますが、
5月10日発売の『マリンダイビング』6月号
令和元年第一号ということで、令和に潜っていただきたい海が大集合!

1906mdhyo1_ブログ用300

令和元年!ではありますが、表紙写真はゆる~りとしたチンアナゴ!
編集部内でも女子から「かわいい~♡」と大人気です。
カメラマンの齊藤靖行さんもまさか表紙になるとは思っていなかったのではないかと思いますが、
ふふふ、私は発掘しますよ~(^^)。

『マリンダイビング』6月号の大特集は
沖縄全島(石垣島、与那国島、座間味島、沖縄本島、伊江島など、滞在して潜れる島をすべて掲載!)
エジプト・紅海(古見きゅうさん撮影の、待ってました!レッドシー!!特集)
モルディブ(先日の「ダイブ&トラベル大賞2019」ダイブクルーズ部門でついに1位となった「アイランドサファリロイヤル」号。チーフガイドの的場充弘さん撮影の写真満載!)
などなどです。

富戸の新しくオープンした施設を徹底公開しております。

レギュレーター特集では読者1名にアクアラングのナギレギュレーターも当たりますよ~!!

ということで、新元号時代の第1号、永久保存版ですよ~(前号に引き続き!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-05-09(Thu)
 

「渋谷にサンゴ礁を作ろう!」参加してきました♪

みなさまこんにちは
編集部の蕗澤(ふきざわ)です。

春らしくぽかぽかしている日が増えてきましたね。
海に行きた~い~

・・・ということで、サンゴに触ってきちゃいました。
3月10日の日曜日、
渋谷の「100BANCH」で開催されたイベントに突然参加してきました!

その名も
「渋谷にサンゴ礁を作ろう!」
(主催:《INNOQUA》

イベント名だけでわくわくします♪
こちら、ニュース・トピックスで紹介させていただいたのですが、
見てくださった方はいますでしょうか?

サンゴの増殖のための初期段階をお手伝いする・・・というような内容で、
当日は、サンゴの小さなかけらを岩にくっつけ、
水槽に入れる、という作業をしたのですが、
これが初めての経験だったのでとっても楽しい!

1

サンゴが何種類か入っている水槽があるのですが、
まず、増やしたいサンゴを選んでその枝をポキッと折ります。

折っていいの!?と思う方もいらっしゃると思うのですが、
これはサンゴの無性生殖を利用した増殖方法で、
折ったかけらは元のサンゴのように育ちます。

もちろん、だからといってダイビング中にボキボキ折ってはいけませんよ!

話は戻りまして、
上の写真は、かけらをサンゴ専用の接着剤で土台にくっつけている様子です。

2

くっつけたものをひとまず混ざらないように隔離!
なんだか、かわいいですよね♥

3

くっつけ作業が終わったら、いよいよ水槽に入れます!
「100BANCH」には、本イベントを主催している《INNOQUA》が管理している
大きな水槽があります。デバスズメダイ(たぶん)やカクレクマノミがいてかわいかった!

4

入りました~!
まるしてあるのが私がくっつけたサンゴちゃんです♥
名前もつけました(笑)



いかがでしたか!
楽しそうじゃないですか!? 楽しかったです。

サンゴについての理解が深まったし、
サンゴも生きものなのだなあと改めて実感したし、
愛おしくなりました(笑)



長々と書いてしまいましたが、
海に関するイベント情報は随時「マリンダイビングWeb」
発信しています!

海の環境保護に関する情報をまとめたページも新しくできたので、
ぜひチェックしてみてくださいね♥

ちなみに、今月の「マリンダイビングWeb」のプレゼントは、
千葉日比魚著『失われたサンゴ礁が警告する沖縄の未来』
です~
興味ある方、ぜひ :)

forblog2.jpg


では
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-03-11(Mon)
 

ソコロの巨大マンタは裏切らない

こんにちは!
すこ~しずつめいてきている東京。
ランチ後ウォーキングで、地味~に千鳥ヶ淵公園のつくしをチェックしているゴット姉さんこと後藤です
(ちなみに、これを書いている3月初旬はまだ見つけていない・・・毎年今頃生えているんだけどなぁ)。

さて、おかげさまで今月も見本誌が届きました!
ダイビング界の耳のトラブルバスター、三保仁先生がメキシコに行かれるということで壮行会をしている間に
ちょっとしたトラブルが発覚し、会社に戻ったものの、当日は鍵がなく、慌てふためいた私ですが、
印刷会社の制作や製本の皆さまが頑張ってくださったおかげです。

そしていよいよ3月9日(土)は『マリンダイビング』4月号の発売日!
マリンダイビングフェア2019の直前号ということで、イベントの見どころや
アンケートに答えたりイベントに参加するともらえる豪華賞品や、ステージやセミナープログラムなどなど
最新のイベント情報がぎっしり詰まった一冊。
マリンダイビング4月号

これやらあれやら、見ていただきたい特集てんこもりなわけですが、
まずは・・・巻頭のソコロ特集、必見です!

カメラマンはらだまこと原田雅章が、昨年もマリンダイビングフェアに出展していたNautilus Liveaboardsの
ソコロクルーズに《ワールドツアープランナーズ》さんのゲストさんたちとともに乗船してきたもののレポートなのですが、
いや~、ソコロのマンタは裏切りませんね~。
行く所、行く所にマンタがいる。
しかも、巨大!
ソコロ 巨大マンタ
レンズのいたずらもあるかもしれないけれど、マンタの近くにいるダイバーがとっても小さく見えませんか?

ソコロ 巨大マンタ
しかも、めっちゃ近い!
原田カメラマンも一番マンタが撮りやすい海なのでは?と申しております。

実は撮影時、サイクロンが近づいてきてしまい、ソコロで6日間潜れる予定が3日間だけになってしまったのですが、
それでも、これでもか!と巨大マンタや普通のマンタに会えた模様。
しかも、ほかにもスゴイ大物がいろいろと出たようで(それは『マリンダイビング』4月号を見てのお楽しみ♪)
本当にソコロは裏切らないなぁと感心したわけです。

そんなソコロの特集はマリンダイビングWebでもアップ!

ちなみに、今回の取材では残念ながらブラックマンタには会えなかったのですが、
私が前に行った時に会ったブラックマンタの動画も一応ここでご紹介しておきましょー。
https://youtu.be/nFJU6O-nYhc
画質が悪くてすみません!!

あとね、ちょっと長いんですが、
ダイビングが終わって船に上がろうとするとずっとついてきて離れなかったマンタ。
https://youtu.be/pBE1fJCGJXc
小さいので人恋しいのかも。
これも、私が前に古い機種で撮ったものなので画質が悪いんですけど、お許しを!!

あと・・・表紙の写真も実はソコロで撮ってきてもらったものなんですけどね。
ダイバーの泡からすると横に使うべきものなのかもしれないんですが・・・
表紙写真
この写真をよく見ていただくとわかるのですが、
上、つまり水面はこの写真でいくと左上にありまして。
まあ、縦位置でも間違いではなかろうということで、表紙に使わせていただきました。

ってことで、ソコロ特集、ぜひ『マリンダイビング』4月号で見ていただきたいです!!

マンタ好きな方には、西表島特集も、石垣島特集も、アジア特集にもマンタがいっぱいですよ~!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-03-07(Thu)
 

冬でも海の中はアイドルであふれている!?

こんにちは、編集部の平井です

2月も中旬、日中は暖かい日も増えてきてそろそろ🌸がやってくるかな?と思いきや、
会社を出る時間にはまだまだ寒い!
早く春がやってこないかなぁ~と温かい飲み物を握りしめながら考える日々です。

さて、『マリンダイビング』3月号では大瀬崎に取材へ!

今回はトビラページにどどーんとニシキウミウシとウミウシカクレエビ。
おーせ
カラフルで被写体にぴったり! 実物は小さくても存在感がすごいですね。

この日は太陽もバッチリ出てくれて、エントリー直後の浅瀬は光のシャワーがキラキラ…
_DSC7989.jpg
クラゲもふわふわ漂っていて、なんとも幻想的な空間(*´∀`人 ♪
この写真には写っていないのですが、周りにもたくさんのクラゲたちがいました。

ほかにもた~~~くさんの生物と出会ってきましたよ!
詳しくは雑誌の中でお確かめください❤
《はごろもマリンサービス大瀬崎》さんの新しい休憩所もとっても快適でした~(*≧∪≦)


もう一つ! 今回の号のメインテーマである
潜水事故ゼロで安全ダイビング

もしものときに、自分の身は自分で守りましょう!ということで
セーフティグッズのご紹介をしています。
セーフティグッズ

その中でなんと!
11名さまに安全グッズをプレゼント!
切手不要のアンケートはがきでぜひご応募くださいね♪

(3月号の締め切りは2月28日(木)ですよ!急いで!)
使い方もしっかり理解して、トラブル対処スキルを上げていきましょー!

MD03_2019_H1-150.jpg
そんなわけで、『マリンダイビング』3月号ぜひお買い上げください( ̄^ ̄)ゞ
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-02-21(Thu)
 

海洋環境保護宣言!

こんにちは! 編集部の新井です(^^)
寒さが厳しい毎日ですが、皆さん海には行けていますか?
私は都心でも雪がコンコンと降った先週末、ノーグローブ&ノーブーツで海に入り(ダイビングではなくサーフィンですが)ガクガクと震えていました。
間違いなく先週の海が今季一番寒かったです。
早く温かくなってほしいですね~。
20190215海
これは去年の年末に行った南紀白浜。夏の海水浴シーズンに絶対訪れたい景観が広がっていました

さて、『マリンダイビング』では2019年を海洋環境保護イヤーとし、一年間さまざまな海洋環境問題について特集しています。
2月9日(土)発売の3月号でも、沖縄県などで海洋汚染の原因となっている「赤土等流出問題」について書かせていただきました(98~99㌻をチェックしてくださいね)。
20190215赤土
詳しい内容は『マリンダイビング』3月号をチェック!

私は大学で海洋学を専攻し、海洋環境についても勉強していたので(遊んでばかりだったというのは秘密で……(笑))身近な話題ではあるのですが、最近は世間からの注目も高いようですね。
先日あったダイビングイベントでも、
「海洋環境を守りたい! 脱プラスチック‼」という多くのダイバーからの声を聞けてうれしくなりました。

最近の『マリンダイビング』バックナンバーの中では、
2018年11月号「日焼け止めがサンゴに与える影響」
2019年1月号「今、海洋汚染について考える ~プラスチックが海洋に及ぼす影響~」
なども関係している特集です。

まずは海洋環境汚染についての現状を知ることが、
豊かな海を守るための大きな一歩になります。
皆さんも『マリンダイビング』で、一緒に勉強してみませんか?
2019_MD3.jpg



このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-02-14(Thu)
 
気になるキーワード検索
プロフィール

雑誌・月刊マリンダイビング

水中造形センタースタッフがお送りする、月刊『マリンダイビング』をさらに楽しむための編集裏話や海の話ブログです。

MD公式アカウントはこちら
MD_marinediving
マリンダイビング







ランキング参加中★MD公式ブログ
FC2おすすめブログ

ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

1日1クリック☆お願いします
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSSリンクの表示
MD公式ブログ QRコード
QR
携帯からでもご覧いただけます
Power Push
La SCUBA Vol.12
DIVINGスタート&スキルアップ2020
楽園モルディブ2020
沖縄ダイビングガイド