FC2ブログ

創刊50周年記念の5月号は創刊号付き!?

皆さま、こんにちは!
先週末はマリンダイビングフェア2019にお越しいただいた皆さま、ありがとうございました!
また応援、ご協力いただいた皆さまもありがとうございました💛
おかげさまで大盛況。前年を上回る大勢の方々にお越しいただき、感謝感激な、編集長・ゴット姉さんこと後藤です。
これについては別のところでまた本日中にもアップする予定なので、本日のテーマは
月刊『マリンダイビング』!


本日、月刊『マリンダイビング』5月号が発売されました!!!!
マリンダイビング5月号


実は今月号は1969年4月に創刊してから満50歳!
創刊50周年特別号です!!

本誌が初公開・初取材してきた海という特集内で振り返っているのですが、
1969年といえば昭和44年。東京オリンピックが終わってから5年後の日本は
戦後、許可されていなかった海外旅行ができるようになり、
高度経済成長期真っただ中で、スクーバダイビングに注目する人が増えてきた時代。
そんな昭和な時代から、平成に移り、バブルでダイビング人口が一気に増え、
激動の平成を駆け抜けてきたわけです。

ダイビングエリア一つとっても、ページには収まりきらないぐらい話題が豊富なのに、
ダイビング器材水中写真、水中カメラなどを取り上げたら、どんなにスペースがあっても収まりそうもありません。

ま、去年、創刊50年目ということで、マリンダイビングWebでその辺歴史的なことは特集してきたのですが、
今月号には年表も付けて、保存版的な要素もありますので、ぜひご覧いただければと思います。


そして、今月号はナント、『マリンダイビング』創刊号のデジタル復刻版が
ご希望者全員が読めるようになっています!!

マリンダイビング創刊号 1969年創刊
1969年4月発売の『マリンダイビング』創刊号 表紙

方法は『マリンダイビング』5月号に記載されているので、ぜひご覧ください。
現在の本誌とまったく違って、すご~く学術的な特集があったり、
全国のダイビングクラブの名簿が記載されていたりと(電話番号と住所は外していますが!)
なかなか興味深いものがあります。
しかも、伊豆海洋公園のパイオニア、益田一氏の水中写真やコメントも!

もしコレが好評なら、おもしろそうなバックナンバーの復刻版(デジタルでですが)を出してもいいのではと思っています。
50年前の雑誌ですからね、完成度はその当時のものとしてお考えいただきたいです。
個人的には2号がおもしろいんですけどね~。

それはともかく・・・
月刊『マリンダイビング』5月号では、
ウエットスーツ特集で各メーカーの一押しスーツが紹介されていたり、
ZEROのセミドライスーツのプレゼントがあったり(フルオーダーですよ~!!)
鍵井靖章さんが大好き!というアンボンの特集があったり、
古見きゅうさんが激写したジュゴンのブスアンガ特集があったりと見どころたっぷり!

さらに、
ガイド、ダイビングサービス、ダイビングエリア、リゾートホテル、クルーズ船、ビーチなどなど
ダイバーが選ぶ人気ランキング企画「ダイブ&トラベル大賞2019」も発表!

新設ショップ部門ができて大賑わいの「地球の海フォトコンテスト2019」の各部門上位入賞作品と
ショップ部門&ビギナー部門の全入賞作品も掲載!!

創刊50周年記念特別号だけにハッキリ言って、完全保存版! これは買わないと♪
ぜひよろしくお願いいたします。


このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-04-10(Wed)
 

いよいよマリンダイビングフェア2019は明後日開催です☆

皆さん、こんにちは。
編集部の鶴岡です。

桜が満開ですね~!
新元号「令和」も決まり、新年度らしい日々が続いております(気が付けば社会人2年目突入)。
リサイズブログ/桜/鶴岡


さて、月刊『マリンダイビング』の社内はというと、明後日(4月5日、金)から始まる「マリンダイビングフェア2019」の準備でそりゃもう……(笑)。あははって感じですね!

今年も皆さまに会えるのを楽しみにスタッフ一同準備しております(^^♪
ぜひ、「マリンダイビングフェア2019」にお越しくださいね!
今年はニューゾーン・《L-Breath》《Victoria》アウトドアビレッジがあります! グランピング用品やSUP、ハンドスピナーにかわいいウエアなど、たくさんのおなじみのブランドが出展しており、私自身もワクワクしております。

新生活で皆さんバタバタする時期だとは思いますが、ぜひ「マリンダイビングフェア2019」へ遊びに来てくださいね♪
ダイバーはもちろん、ノンダイバー、お子様も楽しめるイベントです。お待ちしております(*'▽')

では皆さま当日会場でお会いしましょ~!
リサイズブログ/ボロネーゼ/鶴岡
(3月31日、社会人一年目お疲れさまということで友人と食べに行ったボロネーゼです。とてもとてもおいしかった……)


このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-04-02(Tue)
 

マリンダイビングフェアまで約1カ月となりました♪

皆さまご無沙汰しております。編集部鶴岡です。
最近は雨や暖かい日が入り混じっており、花粉の脅威がすさまじいですね。
『マリンダイビング』編集部も花粉と格闘している者がちらほらとおります。

さて、今日から早いもので3月になってしまいました。
現在発売中の『マリンダイビング』3月号はもう読んでいただけましたか?
編集部に届くアンケートはがきを拝見しておりますと、皆さん安全ダイビングに関する意識が高いようで安心しました。
これからも安全潜水第一でダイビングを楽しんでくださいね!
2019_MD3.jpg


また、3月号から1,000円OFFクーポンがリニューアル復活しました!
今年は1枚につき2名まで使えるお店もたくさんあるので、ぜひお誘い合わせの上ダイビングに行ってくださいね♪
burogu.jpg


さらにさらに! 「マリンダイビングWeb」のクーポンも新しくなっておりますので、お見逃しなく☆
昨年より使えるエリアが拡大しております(^^♪

ダイビングに行かれた時には、アンケートはがきのみみぬきの欄に書いて送ってくださいね!
いろんな海の情報や皆さんの楽しいお話待ってます!

あっ! マリンダイビングフェアで見かけた時には気軽に声をかけてくださいね~♪ マリンダイビングフェアに行きたい人、プチョヘンザ(put your hands up)!

ではまた。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-02-28(Thu)
 

1月号プレゼント締め切りは12月28日(金)です!

こんにちは、編集部の平井です

そろそろ12月も後半に差し掛かり、年末年始の準備を始めている方もいるのでしょうか?
私は年賀状を書かなければ…年が明けてしまう…!と焦っている今日この頃です。

ところで、『マリンダイビング』1月号は皆さんもう読んでいただけたでしょうか!
2019_MD1.jpg
今月のプレゼントは豪華ですよ~!

なんと! 《クラブアズール》より、
ラパスダイブクルーズ
「バレンティーナ号」5~6泊乗船券

を1名さまにプレゼント!!!
2019年の新年号のプレゼントにぴったりな、大物三昧の海を楽しめるクルーズなんです。
好奇心旺盛でとびっきりかわいいアシカたちと戯れたり、
マンタやジンベエといった人気大物回遊魚が続々登場する海に行けちゃうチャンス

ほかにも、座間味島の海をキュートなイラストで描いた《島のアトリエ*KIRARI*》のグッズは
海の生きものはもちろん、ダイバーお馴染みのマスクやフィン、
タンクのイラストまで描かれていて、ダイバーなら1つは欲しい!と思うこと間違いなしです

ほかにもほかにも!
自然環境保護に配慮したマイクロファイバー素材のバッグ、
まるで図鑑のような深海生物カレンダー、
海のプラスチック問題を考えて作られた入浴料、美しい沖縄の風景満載のカレンダー
という豪華なラインナップとなっております!

MD①プレ
私が欲しいくらいです(*゚Q゚*)笑

応募締め切りは12月28日(金)、大変、あと1週間しかない(汗)
はがきは切手不要で応募できますので、
年賀状を送るついでに(むしろアンケートはがきメインだと嬉しいですが!)
アンケートはがきの投函をお願いします!

こちらのアンケートはがき、私たち編集部のやる気も左右させる大事なものでして・・・
皆さまからのコメントを励みに日々頑張っています!
ぜひご応募を~(泣)❤

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-12-21(Fri)
 

ついにマリンダイビングフェア2019のお知らせがはじまりました~!

みなさんこんにちは! 編集部の鶴岡です!
早いものでもう12月に入ってしまいましたね~。12月は「師走」ですからね!
何にもしないとあっという間に終わってしましそうで恐怖すら感じます(笑)

さてさて、皆さまがお楽しみにしていただいている
マリンダイビングフェア2019について、12月から情報解禁です✨
リサイズ小川_7TA5263

出展社情報からプレゼント、セミナー情報までどんどんお知らせしていきますよ~!
今年はビッグニュースが……!?
告知を制する者はマリンダイビングフェアを制す!

今年のマリンダイビングフェア2019は
2019年4月5日(金)、6日(土)、7日(日)の開催です!
皆さまのご来場お待ちしております~!

リサイズ北川_DSC6543
もちろん「地球の海フォトコンテスト2019」の作品展示も行ないます!
皆さんのご応募お待ちしております☆

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-12-03(Mon)
 

La SCUBAのお得な話

こんにちは(^-^)/
編集担当島です。

まずはお知らせ!
『マリンダイビング』増刊の
海が好きな女性のための旅マガジン
『La SCUBA』vol.11
発売となりました♡

LaSCUBApdf

石垣島をはじめ、ケラマ、モルディブ、アジアのリゾートなどなど
海がきれいで、あー絶対行きたい! ここ! という場所ばかり。
ここもいいよね、あそこもいいよね、と世界の海を取材しているベテランスタッフたちがさんざん頭を悩ませて
現実的に旅行先として行けそうな、それでいて海がすばらしい、女子旅におすすめの厳選された場所をご紹介しております。
それに1ページ1ページ、美しい海の写真ばかりだから、目の保養にも、
実際に行けなくたって、次の旅行先、ここにしようかな?
と考えるだけでも楽しいはず!

だ・け・ど
読者の宿泊モニターも募集しているので、
この写真(撮影/原田雅章)のようなところへ実際に行けちゃう可能性だって!

Maldives_DSC0438.jpg

し・か・も
場所はあの モルディブ! ヾ(o´∀`o)ノ
おまけに《ココ・ボドゥヒティ・モルディブ》という素敵なリゾートの水上コテージ .゚+.(・∀・)゚+. の宿泊モニターなんです。
水上コテージのテラスにはプライベートプールがあるラグジュアリーなリゾートな上に
島の周りのハウスリーフもお魚いっぱい

さ・ら・に
オールインクルーシブプランなので、食事つき、現地空港〜リゾート間の送迎もついてますよ!
ペアで1組、3泊分
航空券は自分で取らないといけないけど…ね。
さ、我こそはという人は、『La SCUBA』Vol.11を買って、綴込みハガキで応募しなくちゃ!

ほかにもオシャレなリゾートウエアやバッグに、スマホから簡単にチェキプリントができるプリンターなど
プレゼントいろいろ

海が好きな女性ならぜひ1冊手に入れてね


La SCUBAVol.11はコチラ
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-06-04(Mon)
 

海と島が大好きな女性の皆さん、お待たせしました!

大変ご無沙汰しております!
編集担当の平井です

4月のマリンダイビングフェアがあり、新年度が始まった!と思っていたのに、
気が付いたらもう5月も半ば……。だんだん夏が近づいてきていますね

オーストラリアエクスマウスターコイズベイ原田_DSC2694 - コピー
皆さんはもう海に行く準備は万端ですか♪(/・ω・)/ ♪?

そんな中、今月から増刊ラッシュが始まっています!
まず第一弾は……、海と島が大好きな女性の皆さんお待たせいたしました!!!
『La SCUBA』 Vol.11
今月の最終日、2018年5月31日に発売です!

マリンダイビング公式サイトでは、
一足早くモデルの鈴菜さんが頑張ってくれた石垣島取材のこぼれ話を公開中♪
発売前の楽しみに、ぜひ読んでみてくださいね(´ω`人)

さて、今回の『La SCUBA』では
「インスタ女子の海のある生活」というページを担当させていただきました。
何人かの方のお写真を紹介させていただいているのですが、
皆さんの「海が大好き!」という気持ちが伝わってくる素敵なお写真がたくさん❤
是非チェックしてください

ちなみに……こんな感じでInstagramも更新中!
こちらも見ていただけたら嬉しいです!

ph32_インスタスクショ
世界各国のビーチや海に癒されてください♪


海が好きな女性って、皆さんキラキラしていて、
毎日をイキイキ楽しんで過ごしている方ばかり。
そんな女性たちのキラキラがいっぱいの
『La SCUBA』 Vol.11
発売をお楽しみに~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-05-18(Fri)
 

『マリンダイビング』3月号で知識を磨こう!

皆さん、こんにちは!
『マリンダイビング』編集のゴット姉さんこと後藤ゆかりです。
3連休はいかがお過ごしでしたか?
Facebookやインスタグラム、TwitterなどSNSでは多くの方が
海で潜っていて、羨ましかった~。
・・・はい、3連休、働いておりました!

3連休の初日は、関東学生連盟が創立50周年!ということで、
記念パーティーが開催されていたので、取材がてら伺いました。
ちなみに、私が初めてダイビングをしたのは、当時もてはやされていた女子大生の頃。
学連の委員長をしている方々に誘われて友達みんなと行った、伊豆海洋公園。
それがきっかけでこの世界に入ったのですから、なんだか他人事とは思えません(笑)。
改めて50周年、おめでとうございます!!
(MDは創刊50年目、ですから、1年先輩なんですね~)

そして3連休の初日には『マリンダイビング』3月号が発売になりました!

マリンダイビング3月号

皆さん、もうご覧になってますか?

まだ、という方は、ぜひ書店に行ってくださいね。
インターネットでも買えますけどね~。

3月号は、ダイビングエリアの情報もたくさんありますが、
ぜひ読んでいただきたいのが、
潜水事故特集

海上保安庁から提供していただいた2016年の潜水事故のデータをもとに
私たちがすべきこと10 を考えてみました。

また、漂流時に役立つエマージェンシーグッズの紹介や、
読者の皆さまのヒヤリハット体験、危機一髪体験など
さまざまな角度から安全に潜るためのノウハウが載っています。

そして、もう一つが
サンゴの話。

今年は全世界でサンゴ礁について考えよう、保護していこうという
国際サンゴ礁年2018。

本誌でも最後のページで紹介しましたが、
月刊『マリンダイビング』は国際サンゴ礁年2018のオフィシャルサポーターとして任命されました!

環境省大臣と編集長
中川隆治環境大臣より任命される本誌編集長・舘石逸見

アンバサダーには、さかなクンが任命されました!

サカナくん

この模様は次号4月号(3月10日発売)にも紹介しますが、
それにしても、世界のサンゴ礁が生存していくにはツライ環境が今、はびこっています。

一昨年の海水温上昇では、八重山諸島の石西礁湖のサンゴたちがかなり白化したと問題になりましたが、
日本だけではありません。


サンゴ白化
白化が進むサンゴ(モルディブのアリマタ環礁)

オニヒトデ
オニヒトデも多く見られたモルディブ、アリ環礁の「リーティ・ティラ」

リーティ・ティラというのは美しいサンゴ礁という意味で、
ちょっと前まではめちゃくちゃキレイなサンゴ礁が広がっていて、
どこを撮ってもインスタ映えしそうな、楽園世界だったのです。

それが・・・

サンゴ礁白化
死んだサンゴが広がる海に。
この光景を見た時は本当に胸がつぶれる思いでした。

モルディブではリゾート建築があちこちで行なわれていて、
海水温上昇やオニヒトデの異常発生などもあるのかもしれませんが、
そうした環境破壊も問題なのではないかと思います。
ただ、日本などに比べると、大海の中にあるので、潮流が入れ替わりやすく、
サンゴの再生速度もほかに比べると速い。
だから、もしかすると数年後にはまた「リーティ・ティラ」でもきれいなサンゴ礁に会えるかもしれません。
それに、同じ時に潜った同じアリ環礁の東側はサンゴ礁がキレイだったので、
だからモルディブのサンゴはダメとは言えないところも、自然のすごいところです。

自然のすごいところという点では、パプアニューギニアのキンベ湾(3月号でも特集しています!)は
水温が常に30℃以上あるのに、サンゴはめっちゃキレイなことで有名です。

PNG元気なサンゴ
熱さに強いサンゴも存在するということですよね。
そして、沖縄などでも、サンゴ(というか、サンゴにすんでいる褐虫藻)が熱さに強くなっているかもしれない!?といった
研究結果も出てきているという話を聞いたことがあります。

国際サンゴ礁年2018ということで、今後もそんなサンゴのことにも触れられたらと思っているワケですが、
まずは今月号で、生物に詳しいライター、山本真紀さんが書いたサンゴの話をじっくり読んでいただければ幸いです。

なお、山本さん、切取付録でも本領発揮!

切取付録 ギンポ&カエルウオ

個人的には、誌面を切り取って作るということは普段はしませんが(汗)、
これは、切り取って図鑑風に持ち歩くことをオススメします!(先月号のイルカ・クジラ・アシカガイドも同様です)

長くなりましたが、
『マリンダイビング』3月号
ぜひご覧くださいね~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-02-13(Tue)
 

誌上水中写真上達スクールの応募が簡単に!

12月も半ばを過ぎ、2017年も残すところあとわずかですね!
もう気分的には2018年になっちゃっている
(ただ今マリンダイビング2018年2月号を制作中だもんで…)
編集担当島です。

慌ただしい中、まずは沖縄は宮古島の海の写真でちょっと和んでくださいな
本誌でもいつも八面六臂の活躍をしている原田カメラマンの写真です。

宮古島八重干瀬


さて、その本誌カメラマンはらだまこと原田が、読者の皆さまの水中写真のアドバイスをするという
『マリンダイビング』の連載「誌上水中写真上達スクール」という記事があるのをご存知でしょうか?
現在『マリンダイビング』2月号で193回を迎えるというロングラン連載。

IMG_20171218_102022.jpg


毎月たくさんの写真をお送りいただいています。
全部掲載できないのが残念!
写真をお送りいただいている皆さま、ありがとうございます。

IMG_20171218_101109.jpg


これまでは郵送での応募だけ受け付けていたのですが、
メールでの応募も可能になったんです!
郵送だと、まず写真をプリントしなくてはいけないし、
さらに梱包の手間、郵送の手間、もちろんその費用もかかってしまうので
応募してくださる皆さまの負担も大きく申し訳なく思っておりましたが…
メールに作品データと応募票を添付して送るだけなので、
気軽に応募が可能になったのではないでしょうか??
(あ、パソコン苦手な方、お持ちでない方は、ごめんなさい!
今まで通り郵送で送ることもできますよ〜!)

ちなみに応募の方法は
1 応募作品を選ぶ(5点以内)
2 応募票をダウンロードして記入し、スキャンしておく。
 ※プリンターやスキャナーをお持ちでない方は、メール本文に応募票の内容を記入していただいてもOKです。
3 応募作品のファイル名を「作品番号−作品名−氏名」に変える
4 応募票と作品をメールに添付してmd-ph@marinediving.co.jp あてに送る。件名は「応募(氏名)」で。

こんな感じ↓

メール文



詳しくはこちら!!

やってみると簡単なので、どしどし水中写真送ってくださいね!
ご応募お待ちしています!









このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-12-19(Tue)
 

読者の皆さまWELCOME!

こんにちは(^-^)/
うちの猫がヒザの上に乗る回数が増えてくる今日この頃、寒いの苦手な編集担当島です。

さ、そんなときこそ『マリンダイビング』12月号を開いて、
キラキラ海の写真でホットな気分に
寒さなんか吹き飛ばしちゃって‼️

カレンダー表紙

12月号は付録のカレンダーをはじめ
きれいな海の写真満載! 眺めているだけでも満足~
でもどうせなら、『マリンダイビング』1冊フルに活用してくださいな。

そこでおすすめなのが、どんどん参加しちゃうこと。
読者参加ページが山盛りなので、もう、自分の庭のよう入り込んでくださ~い
EVERYBODY WELCOME!

まずはハードルが低いところから…アンケートハガキを送る(切手不要)
プレゼントが当たる! みみぬきコーナーに載る! 連載ページへの質問もできる! …かも??

毎月『マリンダイビング』にとじ込まれている
ダイブ&トラベル大賞の投票ハガキを送る(切手不要)→好きなガイドさんやサービス、エリアを応援しよう! しかも抽選でプレゼントも。
1月号で中間発表第2弾が掲載されますが…う~ん、まだ、結果は内緒。次号をお楽しみに。
2018年1月31日締切!

ダイビングのCカード取得したばかりのビギナーさんなら
海ガール×海ボーイへ応募を。

水中写真を撮るアナタならコチラははずせない!
第20回地球の海フォトコンに応募する!!
いろんな部門があるので、ベテランだけでなく、水中写真ビギナーでも応募できます!
1月22日締切ですよ~! 

地球の海フォトコンはちょっと敷居が高いというならば
毎月募集の連載「マリンダイビング誌上水中写真上達スクール」で腕だめし&フォトコン応募に向けてのアドバイスをゲットするのはどう?

と、いろいろありますが、どんどん活用!
MY Marine Diving にしてくださ~い!







このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-11-20(Mon)
 
気になるキーワード検索
プロフィール

雑誌・月刊マリンダイビング

水中造形センタースタッフがお送りする、月刊『マリンダイビング』をさらに楽しむための編集裏話や海の話ブログです。

MD公式アカウントはこちら
MD_marinediving
マリンダイビング







ランキング参加中★MD公式ブログ
FC2おすすめブログ

ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

1日1クリック☆お願いします
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
RSSリンクの表示
MD公式ブログ QRコード
QR
携帯からでもご覧いただけます
Power Push
La SCUBA Vol.11
DIVINGスタート&スキルアップ2019
楽園モルディブ2019
沖縄ダイビングガイド