スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
--------(--)
 

『マリンダイビング』3月号で知識を磨こう!

皆さん、こんにちは!
『マリンダイビング』編集のゴット姉さんこと後藤ゆかりです。
3連休はいかがお過ごしでしたか?
Facebookやインスタグラム、TwitterなどSNSでは多くの方が
海で潜っていて、羨ましかった~。
・・・はい、3連休、働いておりました!

3連休の初日は、関東学生連盟が創立50周年!ということで、
記念パーティーが開催されていたので、取材がてら伺いました。
ちなみに、私が初めてダイビングをしたのは、当時もてはやされていた女子大生の頃。
学連の委員長をしている方々に誘われて友達みんなと行った、伊豆海洋公園。
それがきっかけでこの世界に入ったのですから、なんだか他人事とは思えません(笑)。
改めて50周年、おめでとうございます!!
(MDは創刊50年目、ですから、1年先輩なんですね~)

そして3連休の初日には『マリンダイビング』3月号が発売になりました!

マリンダイビング3月号

皆さん、もうご覧になってますか?

まだ、という方は、ぜひ書店に行ってくださいね。
インターネットでも買えますけどね~。

3月号は、ダイビングエリアの情報もたくさんありますが、
ぜひ読んでいただきたいのが、
潜水事故特集

海上保安庁から提供していただいた2016年の潜水事故のデータをもとに
私たちがすべきこと10 を考えてみました。

また、漂流時に役立つエマージェンシーグッズの紹介や、
読者の皆さまのヒヤリハット体験、危機一髪体験など
さまざまな角度から安全に潜るためのノウハウが載っています。

そして、もう一つが
サンゴの話。

今年は全世界でサンゴ礁について考えよう、保護していこうという
国際サンゴ礁年2018。

本誌でも最後のページで紹介しましたが、
月刊『マリンダイビング』は国際サンゴ礁年2018のオフィシャルサポーターとして任命されました!

環境省大臣と編集長
中川隆治環境大臣より任命される本誌編集長・舘石逸見

アンバサダーには、さかなクンが任命されました!

サカナくん

この模様は次号4月号(3月10日発売)にも紹介しますが、
それにしても、世界のサンゴ礁が生存していくにはツライ環境が今、はびこっています。

一昨年の海水温上昇では、八重山諸島の石西礁湖のサンゴたちがかなり白化したと問題になりましたが、
日本だけではありません。


サンゴ白化
白化が進むサンゴ(モルディブのアリマタ環礁)

オニヒトデ
オニヒトデも多く見られたモルディブ、アリ環礁の「リーティ・ティラ」

リーティ・ティラというのは美しいサンゴ礁という意味で、
ちょっと前まではめちゃくちゃキレイなサンゴ礁が広がっていて、
どこを撮ってもインスタ映えしそうな、楽園世界だったのです。

それが・・・

サンゴ礁白化
死んだサンゴが広がる海に。
この光景を見た時は本当に胸がつぶれる思いでした。

モルディブではリゾート建築があちこちで行なわれていて、
海水温上昇やオニヒトデの異常発生などもあるのかもしれませんが、
そうした環境破壊も問題なのではないかと思います。
ただ、日本などに比べると、大海の中にあるので、潮流が入れ替わりやすく、
サンゴの再生速度もほかに比べると速い。
だから、もしかすると数年後にはまた「リーティ・ティラ」でもきれいなサンゴ礁に会えるかもしれません。
それに、同じ時に潜った同じアリ環礁の東側はサンゴ礁がキレイだったので、
だからモルディブのサンゴはダメとは言えないところも、自然のすごいところです。

自然のすごいところという点では、パプアニューギニアのキンベ湾(3月号でも特集しています!)は
水温が常に30℃以上あるのに、サンゴはめっちゃキレイなことで有名です。

PNG元気なサンゴ
熱さに強いサンゴも存在するということですよね。
そして、沖縄などでも、サンゴ(というか、サンゴにすんでいる褐虫藻)が熱さに強くなっているかもしれない!?といった
研究結果も出てきているという話を聞いたことがあります。

国際サンゴ礁年2018ということで、今後もそんなサンゴのことにも触れられたらと思っているワケですが、
まずは今月号で、生物に詳しいライター、山本真紀さんが書いたサンゴの話をじっくり読んでいただければ幸いです。

なお、山本さん、切取付録でも本領発揮!

切取付録 ギンポ&カエルウオ

個人的には、誌面を切り取って作るということは普段はしませんが(汗)、
これは、切り取って図鑑風に持ち歩くことをオススメします!(先月号のイルカ・クジラ・アシカガイドも同様です)

長くなりましたが、
『マリンダイビング』3月号
ぜひご覧くださいね~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
2018-02-13(Tue)
 

誌上水中写真上達スクールの応募が簡単に!

12月も半ばを過ぎ、2017年も残すところあとわずかですね!
もう気分的には2018年になっちゃっている
(ただ今マリンダイビング2018年2月号を制作中だもんで…)
編集担当島です。

慌ただしい中、まずは沖縄は宮古島の海の写真でちょっと和んでくださいな
本誌でもいつも八面六臂の活躍をしている原田カメラマンの写真です。

宮古島八重干瀬


さて、その本誌カメラマンはらだまこと原田が、読者の皆さまの水中写真のアドバイスをするという
『マリンダイビング』の連載「誌上水中写真上達スクール」という記事があるのをご存知でしょうか?
現在『マリンダイビング』2月号で193回を迎えるというロングラン連載。

IMG_20171218_102022.jpg


毎月たくさんの写真をお送りいただいています。
全部掲載できないのが残念!
写真をお送りいただいている皆さま、ありがとうございます。

IMG_20171218_101109.jpg


これまでは郵送での応募だけ受け付けていたのですが、
メールでの応募も可能になったんです!
郵送だと、まず写真をプリントしなくてはいけないし、
さらに梱包の手間、郵送の手間、もちろんその費用もかかってしまうので
応募してくださる皆さまの負担も大きく申し訳なく思っておりましたが…
メールに作品データと応募票を添付して送るだけなので、
気軽に応募が可能になったのではないでしょうか??
(あ、パソコン苦手な方、お持ちでない方は、ごめんなさい!
今まで通り郵送で送ることもできますよ〜!)

ちなみに応募の方法は
1 応募作品を選ぶ(5点以内)
2 応募票をダウンロードして記入し、スキャンしておく。
 ※プリンターやスキャナーをお持ちでない方は、メール本文に応募票の内容を記入していただいてもOKです。
3 応募作品のファイル名を「作品番号−作品名−氏名」に変える
4 応募票と作品をメールに添付してmd-ph@marinediving.co.jp あてに送る。件名は「応募(氏名)」で。

こんな感じ↓

メール文



詳しくはこちら!!

やってみると簡単なので、どしどし水中写真送ってくださいね!
ご応募お待ちしています!









このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-12-19(Tue)
 

読者の皆さまWELCOME!

こんにちは(^-^)/
うちの猫がヒザの上に乗る回数が増えてくる今日この頃、寒いの苦手な編集担当島です。

さ、そんなときこそ『マリンダイビング』12月号を開いて、
キラキラ海の写真でホットな気分に
寒さなんか吹き飛ばしちゃって‼️

カレンダー表紙

12月号は付録のカレンダーをはじめ
きれいな海の写真満載! 眺めているだけでも満足~
でもどうせなら、『マリンダイビング』1冊フルに活用してくださいな。

そこでおすすめなのが、どんどん参加しちゃうこと。
読者参加ページが山盛りなので、もう、自分の庭のよう入り込んでくださ~い
EVERYBODY WELCOME!

まずはハードルが低いところから…アンケートハガキを送る(切手不要)
プレゼントが当たる! みみぬきコーナーに載る! 連載ページへの質問もできる! …かも??

毎月『マリンダイビング』にとじ込まれている
ダイブ&トラベル大賞の投票ハガキを送る(切手不要)→好きなガイドさんやサービス、エリアを応援しよう! しかも抽選でプレゼントも。
1月号で中間発表第2弾が掲載されますが…う~ん、まだ、結果は内緒。次号をお楽しみに。
2018年1月31日締切!

ダイビングのCカード取得したばかりのビギナーさんなら
海ガール×海ボーイへ応募を。

水中写真を撮るアナタならコチラははずせない!
第20回地球の海フォトコンに応募する!!
いろんな部門があるので、ベテランだけでなく、水中写真ビギナーでも応募できます!
1月22日締切ですよ~! 

地球の海フォトコンはちょっと敷居が高いというならば
毎月募集の連載「マリンダイビング誌上水中写真上達スクール」で腕だめし&フォトコン応募に向けてのアドバイスをゲットするのはどう?

と、いろいろありますが、どんどん活用!
MY Marine Diving にしてくださ~い!







このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-11-20(Mon)
 

23-24日はツーリズムEXPOへ!

こんにちは! 月刊『マリンダイビング』副編集長・ゴット姉さんこと後藤です。

本日、業界日ということで、ひと足お先に行ってまいりました、
ツリーズムEXPOジャパン2017へ。

本番は明日9月23日(土)、24日(日)の2日間。
場所は東京のビッグサイト(お台場)です。

チケット情報はこちら!
http://www.t-expo.jp/


世界を旅した気分になれるこのイベント、
もちろん南の島の旅気分にもたっぷり浸れます。
(ダイビング関係でいうと、マリンダイビングフェアのほうがオススメだったりしますが!)

New Caledonia
ニューカレドニアのブースでは、SNS写真にぴったりのセットがいっぱい!

世界各国のミス&ミスターや、キャラクターもたくさん!
MissNewCaledonia
ミス・ニューカレドニアのリディナちゃん

Miss&Mr Guam
グアムのブースにはミス・グアムとミスター・グアム!

大地震で大変な災害に遭ったメキシコですが、元気な姿も見てほしいと出展。
Mexico

エギアルテさん
「観光地の被害はほとんどありません。特にダイビングに関しては、正常に動いていますので
むしろどんどんメキシコに来て応援してほしい」と
メキシコ政府観光局のギジェルモ・エギアルテ駐日代表はおっしゃっている。
確かにそのとおり!

ほかにも日本国内の観光をPRする会場もあり、
盛り上がること間違いなしのイベント。

海外安全情報のキャンペーンも!
外務省

ということで・・・
皆さま、お時間をつくって、ぜひお出かけくださいね!!

旅ってやっぱり楽しい~

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-09-22(Fri)
 

あの人気エリア、南にちゅうもーく!

こんにちは、編集部の堤です。

このあいだまで「もう2月~!」と言っていたのが、あっという間に3月に突入しました。
そろそろ花粉の季節……花粉症の私は、くしゃみスイッチがONにならないよう、今年も見えない敵と戦う術を模索中です。




そんなことはさておき。

さてみなさん、
来週3月10日(金)発売の『マリンダイビング』4月号では、
なんと 沖 縄 本 島を特集しております!


……ん? 過去にも特集してるって?
いやいや、今月クローズアップしているのは糸満沖縄本島最南端エリアです!
「まだ潜ったことない」「海情報はあまり知らない」というダイバーさんもいるのでは?



ちょこっとだけ海の中をお見せしますね。

DSC_7963t.jpg

1481935048.jpg
(写真提供/喜屋武岬ダイビングサービス かりゆし)


魚影が濃く、生物も豊富! 豊かな環境が魅力です。


サトウキビ畑などの田園風景が広がる陸と同じように、海の中も自然たっぷり!
なんとあの沖縄本島で、まだあまり知られていないスポットも開拓されているとか……おっと!!ブログではここまで。



潜ったことのない海の情報って、とってもワクワクしますよね!
気になるダイビング情報は、本誌にてチェックです!


このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-03-03(Fri)
 

投票結果が出そろいました!ダイブ&トラベル大賞2017

こんにちは! 編集担当の有田です(^O^)
真夏といえる本気で暑い時期は7月中旬~8月中旬の1カ月くらいしかないのに、
本気で寒い時期は12~2月の3カ月くらいあるのが解せません(ー_ー)
でも今日の日中はポカポカ陽気でしたね!確実に春は近づいてきているようで^^♪
こうなると怖いのは花粉です……ううう

さてさて、昨年4月より行なってきました
ダイブ&トラベル大賞2017!
ダイトラ2017_4C

読者投票により決定する、ダイビングや海・リゾートなどのランキングです\(^o^)/
1月末で締め切りをしまして、ついに結果が出そろいました~

といっても、今ここで発表するわけではございません!
私の手元には結果があるんですけどね。ムフフ

結果は
4月7日(金)~9日(日)に東京・池袋で行なわれる、
マリンダイビングフェア2017内で発表!
7日(金)16:30~(予定)には表彰式が行なわれます。
2_TA76754.jpg
昨年の「国内ダイビングエリア部門」1位は石垣島でした

3_DSC3164.jpg
昨年の「これから行きたいエリア部門」1位はモルディブでした

1_TA76826.jpg
昨年上位入賞者の皆さん



結果は3日間会場に掲示『マリンダイビング』5月号(4月10日発売)にも掲載予定!
↑会場で一足早く買えますよ~♪

表彰式の後には、大抽選会も開催!!
国内外のダイビングリゾート宿泊券が当たるかも!?(現在調整中ですー!賞品はお楽しみに^^♪)
見に来てくださいー!!

お待ちしております\(^o^)/








このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-02-17(Fri)
 

月刊『マリンダイビング』3月号、本日発売です!

こんにちは! 編集部の堤です。

2017年が始まって、あっという間に1カ月過ぎてしまいました……。
は、早い!

さてさて! 本日は月刊『マリンダイビング』3月号の発売日です!
2017年3月号 マリンダイビング

これは……「コガラシエビ」ですね。
鮮やかな赤がインパクト抜群!ですが、
同じくらい注目してほしいのが、ココ!

"潜水事故をゼロにしよう!"

今月号にはズバリ「安全にダイビングを楽しむため」のアレコレがギュギュッと詰まっているのです。
私も、思わずフムフム・・・・・・と読みこんでしまいました(笑)

海の危険生物やトラブル対処法スキル……
ダイバーのみなさんには、ぜひぜひ知っておいてほしいことばかりです。


もちろん!
今月号も、世界の海をご紹介しますよ!

フィリピンの色鮮やかな水中風景や、奄美大島のキュンとする春の海……



そして、

_DSC1501a.jpg

伊豆半島のNEWエリアへも、取材陣初潜入……ワクワク!
観光地としても有名なこの島! 気になる場所と海の中は、本誌をチェックです


今年も思いっきり海を楽しむために!
ぜひぜひ『マリンダイビング』をゲット!してくださいね(^-^)/


このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-02-10(Fri)
 

イベントやりますよ!

こんにちは!編集部の堤です。


皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

すっかり秋になり、肌寒い日々が続いていますね。
海もすっかり秋。透明度がぐんぐん良くなりますね。

伊豆辺りはベストシーズンを迎えているのではないでしょうか。




…あー! 伊豆といえば!!
11月5日(土)大瀬崎にてイベント開催いたします!

その名も、
「集まれ!大瀬崎LOVERS」


大瀬崎で撮影した皆さんのお写真が、月刊『マリンダビング』に載るチャンスでございます!
詳しくは「マリンダイビングweb」をチェックでございます。
http://www.marinediving.com/topics/1610/1019_01.shtml

写真を持ってきていただいた方には、もれなく参加賞もご用意♪(/・ω・)/ ♪
MDオリジナルグッズや、おいしーい西浦みかん(大瀬崎商業組合様提供)がもらえますよ。

さらに、大瀬崎名物「みかんじるこ」振る舞いサービスも実施!(数量限定です)
ワクワクですね


当日参加も、もちろんOKなので、皆さん!来週末の予定はダイビングに決定ですね!
ビギナーさんもベテランさんも大瀬崎に集まれ―



_DSC9357(2).jpg

首を長ーくして、MDスタッフもブースにてお待ちしておりまーすヽ(´∀`)ノ


ブース

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016-10-28(Fri)
 

写真師・小川保と仲間たち 写真展『座頭鯨 Humpback Whale 2016』開催!

こんにちは!マリンダイビング編集部です。
今回は月刊『マリンダイビング』や『La SCUBA』でお馴染みの小川保カメラマンと、
同じ船で撮影をしている仲間たちによる写真展開催のお知らせです♪

20161019132927-0001.jpg

一昨年の開催に次ぐ2回目の今回は沖縄・久米島、鹿児島・奄美大島をはじめ、
各地の海を舞台に巨体を翻すザトウクジラの迫力のシーンをとらえた約40点の写真作品が一堂に会す予定。
さらに、今回は写真作品のみならず墨絵画家・涌井陽一氏のザトウクジラの墨絵作品も展示、
様々なザトウクジラの姿を堪能できる写真展となっています。
雄大なザトウクジラの数々をぜひご堪能ください!!

莠疲擂謨ャ遶
遏ウ蜴溷鴻諱オ蟄・jpg
写真


【出展者】石原千恵子 石原実 大木美和 小川保 金森正樹 川本剛志 
後藤晴美 小林恵子 五来敬章 瀧川直子 竹内智子 千葉修 
千々松政昭 冨樫敬 花園清治 羽村尚男 平嶋善隆 福田堅一 
松岡英順(五十音順) 

【特別出展】涌井陽一(水墨画家)

【期間】 2016年11月1日(火)〜11月6日(日)

【時間】 11:00〜19:00(初日15:00から、最終日17:00まで) 入場無料

【会場】 みなとみらいギャラリー ギャラリーB

【住所】 〒220-0012 横浜市西区みなとみらい2-3-5
クイーンズスクエア横浜 クイーンモール2階みなとみらい駅下車「クイーンズスクエア横浜連絡口」よりすぐ
桜木町駅下車、動く歩道からランドマークプラザ経由、クイーンズスクエア2階奥(徒歩8分)

【主催】小川 保
【協賛】ダイブショップテール 富戸Dive空間SAND.Y  DIVE ESTIVANT
イーストウエスト
【お問い合わせ】 小川保  tamo2@db3.so-net.ne.jp
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016-10-20(Thu)
 

本日、月刊『マリンダイビング』9月号 発売ですよ~~!!!!


こんにちは~!企画営業担当の小山です
梅雨も明けようやく真夏!!皆さん、夏満喫していますか?
台風がとても心配ですが・・・。


さて、大変お待たせしました(*^_^*)本日8月10日、
月刊『マリンダイビング』9月号 発売です!!
2016_MD9.jpg


今月号は「初心者&ブランクダイバー応援号」ということで、


ダイビングの基礎知識や
20160809160307-0001.jpg


基礎スキルの総復習やフィンワークのコツ、
20160809160148-0001.jpg
20160809160208-0001.jpg


などなど!ダイビングを始めたばかりのビギナーさん、
また今年も潜らないで終わりそう・・・
というブランクダイバーさんはもちろん、
すべてのダイバーにおすすめしたい1冊です


エリア物では、

日本からも近くて手軽に行けちゃうサイパン・テニアン・ロタ
20160809160249-0001.jpg


地形だけでなく、サンゴやマクロまで何でも楽しめる宮古島や
20160809160332-0001.jpg


今年富賀浜に新施設がOPENして更に快適に潜れる三宅島
20160809160408-0001.jpg


ディープブルーの海が美しすぎる!串本
20160809160440-0001.jpg


他にもニューカレドニアやアジア、
IOPや雲見、沖縄本島・本部などなど・・・
これから行きたい!ところがたっぷりです❤


そして忘れてはいけないのが!
2大付録!!! 
2つも付録がついてきちゃいます


①本誌初!石垣島ダイビングMAP
おすすめのダイビングショップはもちろん、街歩きにも最適♪
ダイビングスポットにはチェックマークが!
潜ったところをどんどんチェックできちゃう
20160809160110-0001.jpg

②ダイビングツアーBOOK!!
憧れのあの海、一度は行きたいあの島。
ツアーBOOKを見てそのまま予約しちゃおう!!
20160809160034-0001.jpg


月刊『マリンダイビング』9月号(8/10売)
全国書店にて本日より発売です♪

ぜひぜひ!買ってくださいね~!!!



このエントリーをはてなブックマークに追加
2016-08-10(Wed)
 
気になるキーワード検索 例:)小笠原
プロフィール

雑誌・月刊マリンダイビング

水中造形センタースタッフがお送りする、月刊『マリンダイビング』をさらに楽しむための編集裏話や海の話ブログです。

MD公式アカウントはこちら
MD_marinediving
マリンダイビング







ランキング参加中★MD公式ブログ
FC2おすすめブログ

ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

1日1クリック☆お願いします
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
RSSリンクの表示
MD公式ブログ QRコード
QR
携帯からでもご覧いただけます
Power Push
DIVINGスタート&スキルアップBOOK
DIVINGスタート&スキルアップBOOK
楽園モルディブ2015
沖縄ダイビングガイド
潜水事故に学ぶ安全マニュアル100
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。