FC2ブログ

『MD』読者の皆さま、初めまして!

皆さま初めまして。
今年の4月に入社しました編集部の鶴岡です。
これからよろしくお願いします(^^♪

少~し自己紹介させていただきますと、生まれも育ちも熊本県
そう、あの「くまモン」のところです。
これまで潜ってきたエリアは99.5パーセントぐらいが九州です(笑)
ですから、『MD』の取材で初めて、ダイバーの聖地と言われる伊豆に潜ったのです……。
九州とはまた違った生物や環境にいつもワクワクさせられております。

さてさて、10月の頭の3連休。皆さまはどこかお出かけされましたか?
私はちょっと遅めの夏休みをいただいたので帰熊(「きゆう」:熊本に帰るの意。おそらく方言ですね!)していました。
熊本に帰ったらやっぱりホームの天草に行きたい欲が抑えきれず、
天草でダイビングをしてきました。スポットは「白涛海水浴場」。

sirato
(この時はちょうど干潮でこんな風になってしまいました……)

ここは「タツノオトシゴ」がよく観察できて、冬場には「ダンゴウオ」も出ます!(日本で最南端といわれております)
こけぎんぽ@しらと
(こんなにかわいいコケギンポだっています)

何はともあれ、自分のホームがあるっていいですよね♪

10月10日(水)に発売された『マリンダイビング』11月号はそんな自分の「ホームの海」を見つけることができる特集が盛りだくさん! 関東在住の方はもちろん関西在住の方にもオススメのスポットがたくさん! 近くて通いやすい海をぜひこの機会に見つけてくださいね(^^)/

スパタラソの中の食事処
(天草は温泉もたくさんあって、キラキラの海を眺めながらの海鮮丼は最高でした~)





このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-17(Wed)
 

皆さま、初めまして!

初めまして。
今年の春に入社しました、編集部の蕗澤音々です。
これからよろしくお願いします

突然ですが、皆さま、
先週の3連休は海に行きましたか??

私は行ってきましたよ~♪
伊豆大島!

1012up用

学生時代に所属していたダイビングサークルの合宿に、
OGとして参加したのですが、楽しかった~!

「秋の浜」で2本ダイビング
透明度バツグン! 水温もウエットでちょうどいい!
そして群れがすごい!

イサキとタカベがびっくりするほど群れていました。
写真がないのが残念

4チームに分かれて潜ったのですが、
別のチームではなんとニタリを見たそうです!
うらやましい~! 
なにが出るか分からないから、ダイビングはやめられませんね……

本当に、「日本の海は今がベストシーズン」だなあ、
と実感できた海でした。

さて、一昨日10月10日(水)に発売した『マリンダイビング』11月号では、そんな旬な日本の海を大特集!

週末に気軽に通える、伊豆半島、房総半島、三浦・湘南、紀伊半島の海を紹介してます~!
1000円クーポンでベストシーズンの海を潜りつくしましょ~
マリンダイビングwebの500引きクーポンも!

大島については、
『マリンダイビング』9月号もぜひチェックしてみてくださいね

ではでは

ぶらっとはうす
大島の「ぶらっとハウス」のパッションジェラート、おすすめです~


このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-12(Fri)
 

イルカに囲まれる!御蔵島

こんにちは。島です。
先日、プライベートで、初めての御蔵島に行ってきました!
もちろん目的はイルカ

MIKURA.jpg

間近に見るイルカたちに感激!
こっちの顔をのぞきこむ
私も周りをぐるりと一周する
右を見て、イルカたち近い! と思ったら左にも! おまけに下まで…これってイルカの群れと一緒に泳いでる〜!? 
♪───O(≧∇≦)O────♪
MIKURA-U.jpg

今年は21尾の子どもが確認されているそう。
親と一緒に泳ぐ姿、うーんかわいい

MIKURA3.jpg

ドルフィンツアーのボートはこんなかんじ。
P9070051.jpg

島の周りをイルカを探して進み、船長&ガイドがイルカを見つけると
「正面からイルカが来るからね。はい、入って!」 ザブン
しばらくイルカと泳いだらボートに上がって、また見つけたらザブン
約2時間ほどの間に5,6回(途中から何回入ったか不明!)海へ。
最後の方は、ぜぇぜぇはぁはぁ
楽しいけど、ハード!

MIKURA

お世話になった民宿まるいの女性ガイドのみなさん、ありがとうございました!
みなさん、いい顔してますよねこれもイルカ効果!?

餌付けしているわけではない野生のイルカたちとこんな風に泳げるところ
世界広しといえどもそうそうありません!
海だけじゃなく、山歩きツアーもあって、こちらもおすすめですよぉ!
樹齢数百年以上? にもなる巨樹のある森、
オオミズナギドリという海鳥の世界最大の繁殖地、満天の星空
屋久島や小笠原諸島にも負けない、世界遺産級の自然が!! 
基本はガイド付きツアーを申し込み、ガイドに案内してもらいます。

MIKURA1.jpg
南郷地区にある巨樹「大ジイ」。根回りは13㍍以上も!
IMG_20180908_093508.jpg
「大ジイ」の名がつくのがわかる!

とはいえ、御蔵島は断崖絶壁に囲まれた人口320人ほどの小さな島
宿の数も限られ、船が着岸できないことも多く、
御蔵島行きを5回決行して、5回目にしてようやく上陸できたという人もいるくらい行くのが大変な島。

そんな賭けはできない! という方は、
三宅島からも御蔵島へのドルフィンツアーがあるので、そちらを利用する方が確実かも。
三宅から御蔵まで船で40〜60分くらい。日帰りドルフィンツアーがあります。
島そのものも、火山が作り出した風景はハワイ島にも負けない迫力で地球の大きさを実感できて一見の価値あり!
「ブラタモリ」気分で地形や地層、楽しんじゃって! 
スクーバダイビングもできるので、イルカもダイビングもどちらも楽しみたい人は三宅島へ!

miyake2.jpg

三宅島のメガネ岩から見るサンセット 水平線に突き出ているのは三本岳

miyake1.jpg

伊豆諸島の旅に欠かせない、東海汽船の船・橘丸から見る三宅島。船旅、思ってた以上に快適

マリンダイビング8月号でも三宅島&御蔵島の特集しています。詳しくはこちらを!

MD08H1-150pix_2018070920375359f.jpg


ドルフィンスイムは
ライフジャケット着けたまま水面に浮いているだけでも楽しめますが、
スキンダイビングができればさらに楽しい!
苦手な人は少し練習してから行くとより楽しめますよ〜♪
(注:スクーバダイビングでは潜れません&今年は11月15日で終了です)
いろいろルールがあるので、事前に確認してくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-28(Fri)
 

宮古島で夏休み

こんばんは! 編集部の新井です。
9月ももう下旬。
この夏、皆さんはどこかへ行かれましたか?
ダイビングを楽しめましたか?

私はというと、発売中の『マリンダイビング』9月号(8/10発売)で宮古島特集を担当したときから、
「また宮古島に行きたいなあ」と思っていたのですが、
先日ご縁があり、急遽行ってきちゃいました(^^)
a
東洋一美しいといわれている「与那覇前浜ビーチ」。海水浴シーズンということもあり、観光客は多かったのですが、ビーチが広いので広々と過ごせます


海も陸も魅力がたっぷりで、近年人気急上昇中の宮古島。
飛行機も宿も全然予約が取れない! 
特に島一番の繁華街である平良市街地に立ち並ぶ居酒屋さんは、夕食時はどこも満席。
予約をするか、タイミングが合わないと入れません。
同じ時期に行った数年前より、絶対に観光客が多い!
宮古島旅行を考えている人はぜひ、早め早めの準備をおすすめします。
1_2018091418141063f.jpg
観光地化されていない穴場ビーチもまだまだあります。ただ整備されていないところも多いので、行く際は注意してくださいね


宮古島では海で遊びまくったのですが、特に印象的だったのが、
行き先を知らずに乗った知人の船で、到着したのが“八重干瀬(やびじ)”だったこと!
SNSでこの夏、海・旅好きの女性の間で話題となっていた印象の八重干瀬。
私もずっと行ってみたい!と思っていました
(実際に9月号の誌面にも登場しているので、ぜひ読んでみてくださいね♡)。
池間港から出発したので、船に乗ること約20分で八重干瀬に到着!
ターコイズブルーの海とキラキラの白砂、広がるサンゴ礁、大きなウミガメとの遭遇……。
息をのむ美しさに感動の連続でした!
2_201809141810318b7.jpg
水面ギリギリまでサンゴ礁が広がっていて、太陽の光を受けてキラキラときれい!

でも「八重干瀬のサンゴは近年減少傾向にある」と地元の人は口をそろえて言っていて、
今目の前で見た美しい光景をこれ以上壊さないためにも、自分にできることを考えなければいけないと再実感しました。
現在制作中の『マリンダイビング』11月号(10/10発売)では、日焼け止めとサンゴの関係についても紹介予定です。
この特集から、サンゴを守るために自分たちができることを考えてほしいと思っています。
4_20180914181438969.jpg
今回は時間の関係上、ダイビングができなかったのが本当に残念! でも、スノーケリングでも楽しめちゃうから宮古島ってすごい!

楽しくて勉強になった4日間でした。
東京に戻ってきた瞬間、秋を感じる気候になっていてびっくりです……。
皆さんも季節の変わり目ですので、体調を崩さないよう、お気を付けてお過ごしくださいね。





このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-21(Fri)
 

年越し大瀬崎

こんにちは! 編集担当の平井です!

年が明けて、気が付けばもう1月も半ば……
時間が経つのが早すぎる!!!と日々思うこのごろです。

今回は、1月10日発売の『マリンダイビング』2月号でも特集している「大瀬崎」で、
私が初参加した年越しダイビングのお話をしたいと思います♪(/・ω・)/ ♪
潜り倒しで2日間合計8ダイブ、がっつり潜ってきました!

2日間とも天気は良好、風やうねりはありましたが湾内・外海・先端全て潜水可能で、
気持ちのいい年越しダイビングとなりました♪

こーんな感じで透明度もいい☆
IMG_3191.jpg

生物もたくさんいましたよ~o(^▽^)o
その中でも特にかわいかったのが、こちらのちびイロカエル❤
IMG_3192.jpg
私の親指と比べてもこんなに小さい……! かわいい……!

お正月なので、先端に潜りに行く前にしっかりお参りもしてきました!
IMG_3158.jpg
今年も安全に楽しく潜れますよーに

ワイワイ潜って、うたた寝しながら年越しして、おしるこ食べてまた潜って!
友人たちと過ごした楽しい年越しでした(´∀`*)

今年も1年頑張りましょう!
『マリンダイビング』2月号「大瀬崎」特集も見てくださいねー!

MD02H1-500pix.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-01-12(Fri)
 

千葉外房に穴場ビーチ発見!?

こんにちは(^∇^) ブログ初登場の編集担当・島です。
どうぞよろしくお願いします

『マリンダイビング』10月号、もうご覧になっていただいてますか〜?
初登場のモルディブの島や石垣島のNEWマンタスポットに
かわいいミジンベニハゼ…などなど、
毎号文字びっしり! 情報満載、コスパ抜群の雑誌だと自負していますが…

もしかして…そんな記事の中に紛れて、見落としてるなんてことは…(まさかそんなはずは??)
ダイブ&トラベル大賞2018のとじ込み応募ハガキが付いていることを(;゜0゜)!
〆切は来年1月31日だからって、ちょっと油断気味?
But、あなたの一票が来年のダイビング界の人気ランキングを決めるのですよ〜!
ちなみ、応募してくださった方の中から毎月10名様にプレゼントまであるんです! 投票お待ちしてま〜す!

ダイビングエリアやサービス、ガイドなどいろんな部門があるけれど
ビーチ好きの私がひそかに注目しているのは“ビーチ部門”。
海外も日本も、ビーチというビーチはぜーんぶ一緒くただけに、どのビーチがランクインしてくるか? 興味津々。

さて、ビーチ部門のランクインにはほど遠い(はず? でも、投票可能)けど、
先日行った千葉の外房にある鵜原のビーチが、意外や意外の美しさだったので紹介しちゃいます。
えっ? いったいどこそれ? …う~ん、みんなに知られたくない隠れ家ビーチなので、
あえて名前だけ(←調べればすぐにわかりますって!)。
ほどよい大きさの入り江で、波や風もなく静かで(サーフィンのメッカ・外房とは思えない!)、真っ白なさらっさらの砂浜!

鵜原1


しかも、なぜかビーチのど真ん中に鳥居!?

IMG_20170910_121748.jpg



周囲はハイキングコースもある高い丘で、
そこからの眺めは最高!!!  2016年11月からダイビングスポットとして潜れるようになった
かつうら海中公園海中展望塔周辺も見えます。
地球は丸いと実感できる大海原も一望!

IMG_20170910_132111.jpg

さらに、スリリングなトンネルがいくつもあって…探検気分も!


1505051412788.jpg


ちなみに小さなトンネルを抜けたら…あれ? こんなところにダイビングサービスが!

こぢんまりとした入り江を独り占めしている、秘密基地的 “勝浦ダイビングサービス” 発見!
(先日は突然失礼しました! 今度はちゃんと潜りに行きますね!)

海に囲まれている日本、まだまだいろんな発見ありそう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-09-15(Fri)
 

シマシマなアイツ が あらわれた

こんにちは! 編集部の堤です

今週金曜日は月刊『マリンダイビング』7月号の発売日!
今月号も全国の魅力的な海をたっぷりお届けしちゃいますよ~


さて、そんな7月号の特集の中の一つ「東伊豆・伊東」の海から、旬な情報が送られてきました!



シマシマの……レアなアイツが、ついに出現……!





じゃん!

IMG_0638_20170602152233258.jpg
(写真提供/《伊東ダイビングサービス》後藤晴美さん)


さて、このコワモテさん、名前を「ソウシカエルアンコウ」というのですが、なかなかレアな奴なんです。

というのも、伊東では5月16日から「五島根(ごとうじね)」という期間限定スポットがオープンしたばっかり!
ドロップオフや魚群など、ダイナミックな魅力と並んで、この「五島根」では、
ほかではなかなか見られない「ソウシカエルアンコウ」に出会えるのが大きな見どころ。

もちろん『マリンダイビング』7月号(6/9発売)でもバッチリ特集しようと
取材に出かけたのですが、その時は会えず……。

私たちが帰った後に、ひょっこり姿を現したとのことです。しかも数匹!
キー!悔しい!(笑)

自然が相手ですので、こればっかりはしょうがないですね。
後藤さん、教えて下さってありがとうございました!



そんな、ますます盛り上がりを見せる伊東の海
期間限定「五島根」と、人気No.1「白根」の2大スポットを特集した
月刊『マリンダイビング』7月号6/9(金)発売です!
もうすぐ~!

お楽しみに!



このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-06-06(Tue)
 

初めまして!

こんにちは~。
初めてブログを書かせていただきます、編集担当の新人、堤と申します。

初めましてなので、少しだけ自己紹介させていただきます!


私、小さい頃からずーっと水泳をやっておりまして、
(´-`).。oO(いつか海の中をイルカと一緒に自由に泳いでみたいなー。)

そんな思いから、大学でダイビングサークルに入りました。




・・・・・・まだイルカと一緒に泳いだことございませんッ

肝心のイルカちゃんを忘れてしまうくらいダイビングが楽しかったんですね。
というか、ダイビングサークルなのでドルフィンスイムメインじゃないことを考えていませんでしたね。

ただ、広い海に包まれ、漂う心地よさ。たくさんの生き物との出会い。
同じダイバーの方々との出会い…。
スクーバダイビング、ハマらない理由がなかったわけです! 1㍉もございません! ハイ楽しい!

そんなこんなで今に至ります。

私関西の学生だったので、伊豆方面は潜ったことがなかったのですが・・・・・
先日の土肥ロケでは、

_DSC24601235.jpg
土肥「飛島沖PartⅡ」にて

私「ゴボゴボゴボゴボ・・・!!!!!」
 (群れすげーーーーーーーーーーー!!!カメラに収まりきらないーーーーーー!)

※レギュ咥えてて言葉にならない叫び



_DSC0288.jpg
土肥「湾内」にて

「……。」



_DSC0290.jpg


「……ハッ!!!!!」 


何かヤバいことでも思い出したんかな。




群れから生き物たちの細かい表情まで、とにかく一本一本がおもしろさ全開!

思わず私もゴボゴボ叫んじゃう海。恐るべし土肥。
10月8日(土)発売の『マリンダイビング』11月号でもご紹介中です!
MD_20161007185811435.jpg

おう! ピンクがまぶしい!
発売して一週間。まだゲットしていない方はこのピンクが目印です◎


『MD』読んでダイビングして、みなさんもぜひゴボゴボしてください。




このエントリーをはてなブックマークに追加
2016-10-19(Wed)
 

タオ島おすすめビーチ

リゾートダイビングに浸ってました。
編集担当の山口です。
先日のテレビ番組で自分のお気に入りのビーチが紹介されて嬉しかったので、ここでも紹介します!

ロケーションはタイ・タオ島の「ティエンビーチ」
タオ島のビーチなら繁華街のサイリービーチが紹介されるだろうと思ってたのでビックリ!

街から外れていて、整備されてない道を通り、教えてもらわないと行けないような場所にあります。

《ハードティエンリゾート》というリゾート内のビーチです。繁華街の賑やかさとは無縁。
周りには何もないのでものすごーく静かで、透明度の高い綺麗な海が広がっています。


奥の白い砂浜がティエンビーチ




遠浅なビーチで、朝にシュノーケリングするとブラックチップシャークに会えたりします。

芝生の上にヤシの木が立ち並び、プールもあってと、タオ島の中でもかなり落ち着いた雰囲気のリゾートです。










リゾート内なのでのんびりくつろぎながら過ごせそうなレストランがあったり

部屋はバンガロースタイル


自然と一体化していて、癒しを追求したような空間です。
タオ島に住んでいた時、この場所が気に入って何度も休日に通いました。






タオ島のダイビングシーズン、10月いっぱいまでですが、行く機会があったら「ティエンビーチ」にも行ってみてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015-10-23(Fri)
 

マクロパラダイス 伊豆大島

気象神社効果まだまだ続きます!
編集担当の山口です。

もう2週間前の話になりますが、シルバーウィークに伊豆大島へ行ってきました!
9月上旬に行ってきた勝山に続き、気象神社のご利益にあやかり、
全日程、見事に晴れました!


大島へ行く前は丁度台風が近づいていたときでしたが、通り過ぎて浅場が少しうねる程度。

どうやら台風を遠ざけてしまうほどの力を授かったようですヾ(・∀・)ノ
おかげで「秋の浜」、「王の浜」、「ケイカイ」、「野田浜」と主要なスポットは全て潜れました!

最近マクロ撮影に夢中になってる僕のおすすめは「王の浜」です。(写真の下手さはご了承ください…。)

水中は溶岩が固まってできた地形になっているから岩陰がたくさんあって、探せばいろいろ出てきます。
特にシルバーウイークは南方の魚が多くて、幼魚もたくさんいて飽きることなかったです!

コロダイ幼魚


サザナミヤッコ幼魚


ミナミハコフグyg

エントリーしてすぐの湾内、水深2mくらいのところに集結していて、1本そこで終わってもいいなと思いました。
生物多くて、浅い。マクロ好きには最高の贅沢ですね! あまりにおもしろかったので気付いたら70分くらい潜っていました!

今回唯一のワイドがこれ
イサキの大群!

「ケイカイ」のアーチの中にわんさかといました。

いい大きさに成長していたので見ごたえ十分!
群れは動くし、迫力あるからシャッター何度も切ってしまいますねー

どこのスポットおもしろいくらい生物が豊富だし、自分でも見つけられる楽しみがあるので、とても1ダイブでは足りないくらいでした。

ヨゴレヘビギンボ婚姻色


こんなきれいなのにヨゴレの名がかわいそう。

ハナタツも2匹でいました!
fc2blog_201510072251293b7.jpg
人気のマクロ、今までは写真で見るばかりでしたが、写真に納められるのは嬉しいもんですね!
今回行ったメンバー自分以外全員関西出身でした。
関西から遠いけど、行く価値ありますよ!
関西からもぜひ足を運んでみてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015-10-07(Wed)
 
気になるキーワード検索
プロフィール

雑誌・月刊マリンダイビング

水中造形センタースタッフがお送りする、月刊『マリンダイビング』をさらに楽しむための編集裏話や海の話ブログです。

MD公式アカウントはこちら
MD_marinediving
マリンダイビング







ランキング参加中★MD公式ブログ
FC2おすすめブログ

ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

1日1クリック☆お願いします
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
MD公式ブログ QRコード
QR
携帯からでもご覧いただけます
Power Push
La SCUBA Vol.11
DIVINGスタート&スキルアップ2019
楽園モルディブ2019
沖縄ダイビングガイド