守りたい自然 小笠原諸島

こんにちは、WEB坦しばたです。
先日ライブラリ石原のブログにもありましたが、二人で26時間の船旅を経て
今世界遺産登録で話題沸騰の小笠原諸島 に行ってきました

長時間の船の揺れにはダイバー御用達、対・船酔い特効薬のアネロン様を飲み続け乗り切り、
たどり着いた父島は、本当に素晴らしい島でした。
複雑で美しい地形もさることながら、島の人たちが本当に親切!そして島への想いがアツイ!
一人一人が島の自然を大切にしようという意識がとても高い素敵な島です。
世界遺産に本登録されて、未来へこの景勝が受け継がれていけばいいな、と思います。

パノラマ


私的、今回の旅の目的の一つがシロワニ!
昔水族館の単独展示で見たときには、そのお顔から「こいつは絶対凶暴だから隔離されてるんだ・・・」
と信じていました(本当は、昼間は岩陰でのんびりしている温厚な性格です)
そしてお会いできたシロワニに感激


ものすごい近くまで来てくれて、ぶつかりそうになって撮影停止。
興奮したなぁー。でもシロワニからしたら、寝てるトコ起こされて迷惑だっただろうけど。。。

今回はプライベートということもあり、陸も楽しんで!
トレッキングをしてきました。
その時に会ったのが、アカガシラカラスバト。通称アカポッポ。国の天然記念物であり、
国内希少野生動植物種であり、鳥類レッドリストな小笠原諸島固有種のとっても貴重なハト。
アカガシラカラスバト サンクチュアリ
つぶらな瞳とゆったりした動作がとってもキュートです
このアカポッポ達は、その希少性と外敵に対する抵抗力が低いことから島内にフェンスで囲まれた
繁殖保護区が作られています。(右上写真)

島内でも40~60羽程度しかいないことから、バードウォッチャー垂涎の幻のハトなのですが、
ビギナーズラックというやつで、保護区の看板のすぐ後ろで私たちの到着を待っていてくれました。
ガイドさん曰く、「去年1年間で7回しか会えなかった」とのこと。
もう、動画も写真も撮り放題のウェルカム状態でした。


この後、夜には星見て、オガサワラオオコウモリ見て、次の日にはダイビングで
流れるウメイロモドキの群れを見て・・・。帰りの小笠原丸出港時にはザトウクジラのお見送り付!
本当に夢のような航海でした(お世話になったみなさまありがとうございます)

『マリンダイビング』5月号では、小笠原の記事が掲載されています。
やさしい目をしたイルカの写真は必見です
最新号『マリンダイビング』6月号もぜひご覧下さい。

守るべき自然、守るべきモラルと一緒に、後の世代に遺していきたいですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
2011-05-16(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


気になるキーワード検索 例:)小笠原
プロフィール

雑誌・月刊マリンダイビング

水中造形センタースタッフがお送りする、月刊『マリンダイビング』をさらに楽しむための編集裏話や海の話ブログです。

MD公式アカウントはこちら
MD_marinediving
マリンダイビング







ランキング参加中★MD公式ブログ
FC2おすすめブログ

ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

1日1クリック☆お願いします
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSリンクの表示
MD公式ブログ QRコード
QR
携帯からでもご覧いただけます
Power Push
DIVINGスタート&スキルアップBOOK
DIVINGスタート&スキルアップBOOK
楽園モルディブ2015
沖縄ダイビングガイド
潜水事故に学ぶ安全マニュアル100