バリ旅 行ってきました ― 飛行機編 ―

こんにちは、WEB担しばたです。
GWよりちょっと前、一足先にお休みをいただきバリへ行ってきました!
色々と困ったことや驚いたことなどありましたが、誌面には載らない、裏話的な感じで
全3回のレポをしたいと思います。お付き合いくださいませ。

【全3回一覧】
・第1回 5/9:バリ旅 行ってきました ― 飛行機編 ―
・第2回 5/14:バリ旅 行ってきました ― 海編 ―
・第3回 5/25:バリ旅 行ってきました ― お土産編 ―

今回の旅行は機内泊なしの4泊5日!
行きはジャカルタ乗換、帰りは、2012/4/28に就航したばかりの羽田直行便で
帰ってまいりました。

バリは日本との時差マイナス1時間。日本が10時なら、バリは9時です。
私が乗っていったのはGA885便。フライトスケジュールはこんな感じでした。
------------------------------
成田国際空港              12:00発 GA885
ジャカルタスカルノハッタ国際空港  17:45着 GA414に乗換 20:55発 
デンパサール ングラライ国際空港  23:40着
------------------------------
成田からジャカルタへの飛行機で、話題の”機内入国審査”を体験してきました。
通常だと、飛行機から降りて長ーい列に並び、入国審査及び税関を通過して入国~。
となるところを、ガルーダインドネシア航空の成田便、大阪便はなんと
入国審査官が搭乗して機内で審査を済ませてくれます。
(東京(成田)発GA881便・GA885便、大阪発GA883便のみ対応。2012/5/9現在)

機内入国審査にはビザの支払い領収証が必要になります。
下の写真だと真ん中のオレンジの紙がビザの領収証ですね。
成田でのチェックイン時にすぐ隣のカウンターで支払いができますので済ませてから
搭乗してください。ビザの支払いはUSD(アメリカドル)のみ対応です。
事前にドルを準備しておくとスムーズでしょう!(5月現在、25$でした)
ちなみに、帰りの出国税は150,000Rpなので、お土産で使い切らないようにしてくださいね。
確保必須です!(デンパサールの空港は物価がものすごい高いのでご注意!
缶ジュース4$でした。。。)

機内では、購入していたビザの領収書と機内で書いた書類を渡して、ドリンクサービスでもするかの様に
入国審査官が搭乗者一人一人の入国審査を済ませてくれます。
審査が済むと、下の様にブルーカードが発行されて、これで入国審査完了の証明になります。
ブルーカード

これさえ済んでしまえば、あとは乗り換えるだけ。
乗り換え時間はゆとりのあるスケジュールなので、ジャカルタの空港を満喫します。
空港にはお土産物屋さんや、カフェ、本屋さんなど
ショップが充実していたこともあり、うろうろ遊んでいると飽きることなく時間を過ごせます。
※ただし、お買い物はほとんどがドル不可のルピア払いなので、
 多少は換金を済ませてしまうのがベター。 レートは悪くなかったですよ。
 クリスピークリームドーナッツや、ビアードパパなど日本でもおなじみのお店から
 現地のファストフードまで品ぞろえは豊富でした。

ちなみに空港には祈祷室もあります。イスラム教徒の多い国ですからね。
たくさんの人が祈りをささげていました。
祈祷室

私達は夕飯を食べるべく、なぜかケンタッキーフライドチキーン♪へ。
いい匂いがしていたのですもの。
ジャカルタのケンタッキーは、オリジナルの味が
辛い!
でも外はカリッカリ、中はジューシーでとってもおいしかったですよ!
しかも、サイドメニューはポテトじゃなくてご飯がついてくるという・・・。
飲み物は例にもれず、デカイ!比較のためにお水のペットボトルを置いてみました。
ケンタッキー

ヨコに添えられた緑の包みを開くとごはん。
包みを開くととごはんが
同行の友人はケンタッキーのカップが大きすぎてバランスを崩し、
中身をぶちまけていました・・・。店員さん拭いてくれてありがとう。


国によって、同じお店でもいろいろな違いがあって面白いですよね!


そうそう、国によって違い・・・空港でやられた!が一つ。
事前に知っていたことなのにやられました・・・。そう。
ポーターサービス。
ポーターサービスと書かれた青いベストや空港職員と見まがうような同じ色、
同じトーンのシャツを着たスタッフがターンテーブルから荷物を降ろしてくれて
勝手に運んでいき、チップを要求するというアレです。
ジャカルタの空港では、職員とはやや違うベストを着たいかにもなおじさんが
ウロウロしていたので、「NO」を貫いたのですが、デンパサールの空港の
ポーターはほとんどスタッフと同じ格好で、一緒に行った友人全員、一気に囲まれて
荷物を持っていかれ、「こっちだから、大丈夫だから」とか「ここで両替をしろ」とか言われました・・・。
荷物は取り返して、チップの要求には応えなかったのですが。
(だってきれいな空港の中の道をキャスター転がしてお金くれって・・・。)
直前に本物のスタッフが誘導してくれていたこともあってうっかりしていました。
空港スタッフとそっくりだとは聞いていたのですが、本当にそっくりです・・・。
みなさんも気を付けてくださいね。(会社のスタッフからは「何してるの」と総突っ込みでした・・・恥)


帰りのデンパサール発羽田の直行便はギリギリ終電に駆け込めるくらいの
夜着便だったので写真が1枚もありませんが・・・。(笑)
荷物をピックアップする
ターンテーブルからモノレール改札まで走れば30秒
くらいで着くくらいの便利さでした!(おかげで終電1本前に乗れた)
やっぱり直行便は楽ですねー。
行きのジャカルタ空港はとっても楽しかったので、乗り換えも悪くないですが
帰りは機内入国審査はありませんが、のんびり帰りたい方には直行便をお勧めします。

4/28就航のまさにその日に乗って帰ってきたのですが・・・ゴールデンウィーク直前
だったこともあり、なんと機内には私たちを含めて25人しか乗客がおらず!
パーサーのおじさんがわざわざ来て、「今日は人が少ないから、シートベルトサインが消えたら
みんな広々好きな席に座ってくださいね。」と。(みんな優しかった・・・)
お言葉に甘えて好きな窓際の席に張り付いてビンタンビール片手に
のびのび帰国させていただきました。
機内ビンタン

楽しかったなー。
しばたの次回担当公開日14日には海編、25日にはお土産編をお送りしたいと思います。
よろしかったらぜひご覧くださいね。

【全3回一覧】
・第1回 5/9:バリ旅 行ってきました ― 飛行機編 ―
・第2回 5/14:バリ旅 行ってきました ― 海編 ―
・第3回 5/25:バリ旅 行ってきました ― お土産編 ―

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012-05-09(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


気になるキーワード検索 例:)小笠原
プロフィール

雑誌・月刊マリンダイビング

水中造形センタースタッフがお送りする、月刊『マリンダイビング』をさらに楽しむための編集裏話や海の話ブログです。

MD公式アカウントはこちら
MD_marinediving
マリンダイビング







ランキング参加中★MD公式ブログ
FC2おすすめブログ

ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

1日1クリック☆お願いします
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
MD公式ブログ QRコード
QR
携帯からでもご覧いただけます
Power Push
DIVINGスタート&スキルアップBOOK
DIVINGスタート&スキルアップBOOK
楽園モルディブ2015
沖縄ダイビングガイド
潜水事故に学ぶ安全マニュアル100