私がニューカレドニアに行きたい理由。

こんにちは、WEB担しばたです。
出ましたね、『マリンダイビング』9月号!私も更新が終わって一安心です(*´∀`)

そんな中社内でまわってきている夏休み希望日表。
どこに行こう・・・パラオで抜けるようなブルーに包まれながらカレントに身を任せた
ドリフトダイブもいいし、安・近・短のフィリピンで極彩色の生物にまかれつつ
大物を狙うダイブも気になる。でも真夏の日本の海を体験もしたい!
行きたいところがありすぎて困るなぁ・・・

そんななかでも去年からずっと気になっているところがあるんです。
それは・・・ニューカレドニア!

ニューカレドニア

天国にいちばん近い島~なんてキャッチコピーもあるくらい、白い砂浜!
吸い込まれるようなクリアブルーの海!キラキラダイビングーーー!!!
ニューカレ
※画像は『マリンダイビング』9月号の記事です。

しかも・・・・結構近いんですね。
直行便の本数も多く、飛行機に乗っている時間も8時間半!
(成田発は、月・水・土・日。関空発は火・金・(たまに日))
プチパリなんていうから、フランスの近くの島かと思っていたのは内緒です。(^^;)

でも私が一番気になってしまっているのは・・・・・食事!!!
1946年までフランスの統治下にあったので、フランス文化が色濃く残っているのです。
今日のブログで何を出したかったかっていうとね、これなんです。
ショコラ・モラン

めっちゃおいしそー!!!!


この写真、8/10発売の『マリンダイビング』9月号で使われている写真なんですけど、
扱いがめっちゃ小さいっ!!!(そりゃそうだけど・泣)

ページの素材としてこれを見て、目が釘付けになったのにっ!ものすごくおいしそうなのにっ!
っというわけで、ブログで皆さんに大きく見ていただこう!と。
前置き長かったー。

もうまるで宝石箱ですよ。一つ一つがどれも違ってどれもおいしそう。じゅるり。

ダイビングに行って、このクオリティのケーキががそこかしこで食べられるところは
なかなかないのではないかと!
そのほかにも、汚れのない美しい海水で自然に近い形で育てている「天使のエビ」や
バケツ入りの牡蠣、エスカルゴ。フランスだしね!のフランスパン(パン全般)
やっぱ肉食!という方にはシカ肉のステーキ・・・!!!


ああ、なんて素敵な羅列なんでしょう。

フランスに行くのは東京から約、12時間半~14時間半。半分とまでは行かないながらも
お値段もネ、違うじゃないですか。しかも超美しい海でダイビングまでできちゃう。

素敵すぎるー!!


もはや萌の域です。萌え萌えしますね!
チョコの写真を撮った(いえ、ニューカレページの見開きハナダイの舞う海を撮っている)
はらだまこと、原田雅章カメラマンが水中写真から、得意の「メシ写」まで。
海から陸から丁寧に撮影アドバイスをくれるニューカレドニアツアー。。。行きたいなぁ。

はらだまツアー
詳しくはこちらをクリック。



あー、ホントに、夏休みどうしよう・・・?


このエントリーをはてなブックマークに追加
2012-08-13(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


気になるキーワード検索 例:)小笠原
プロフィール

雑誌・月刊マリンダイビング

水中造形センタースタッフがお送りする、月刊『マリンダイビング』をさらに楽しむための編集裏話や海の話ブログです。

MD公式アカウントはこちら
MD_marinediving
マリンダイビング







ランキング参加中★MD公式ブログ
FC2おすすめブログ

ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

1日1クリック☆お願いします
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
MD公式ブログ QRコード
QR
携帯からでもご覧いただけます
Power Push
DIVINGスタート&スキルアップBOOK
DIVINGスタート&スキルアップBOOK
楽園モルディブ2015
沖縄ダイビングガイド
潜水事故に学ぶ安全マニュアル100