ダイビング女子トーク炸裂!

皆さん、こんにちは。
『マリンダイビング』副編のゴット姉さんこと後藤です。

もう『マリンダイビング』3月号(2/9発売)はご覧いただけましたか?
買っていただけましたか(^^)?
まだという方は、爽やかなじゅんちゃんモデルのこの表紙、
Marine Diving 3

買ってくださいね~!!

さて、次号の話もしたいところですが、
もうすぐひなまつり♪ということで・・・
3月号で私が担当した企画のひとつ、「ホンネで語るダイバー女子会」の
番外編を。

日中は皆さんお仕事があるので、夜にちょっとお酒でも飲みながら……と
会社の近くのお店で開催したのですが、
いや~、話が盛り上がり過ぎて、本当にまとめるのが大変でした。

a_DSC_4498.jpg

三枝さんの“連れション”話は衝撃的でしたが
(わからない方は『マリンダイビング』3月号を読んでくださいね!)
記事で三枝さんが「ウエットスーツを着たままする」とあるものは
間違いで、「ウエットスーツは脱いでする」でした。
三枝さん、誠に申し訳ありませんでした。

さて、記事に入らなかった話も本当にたくさんあるわけですが、
若手編集スタッフの福島が「どうしても聞きたい」と言っていたお金の話を
ここでちょこっと紹介しちゃいましょう。
(登場される方は『マリンダイビング』をご覧くださいませ!)

――皆さん、ダイビングに行くときのお金はどうしてます?
三枝: 私はネイルをしない、洋服を買わない(笑)。この1年ホントに洋服を買ってないです。諦めた(笑)。なんかもうダイビングにお金を使いすぎちゃって、でも行きたいから、どこかをシメないといけない。着るものに困っているわけじゃないから、あ、新しいのいいなって思ってもガマンする。
沼澤: 私も同じ。
小池: 私も。服とかカバンとか、前は買ってたけど、買わなくなった。
平松: 見ない!
沼澤: ブランド物とか見ない、買わない。それでも何とかなる。

――かわいいものがあったら買いたくなりません?
小野: 買います、買います。洋服とかカバンとかカワイイのがあると買っちゃいます。毎月のお給料の中でダイビング貯金をしているんですよ。
一同 えらーーーい。
小野: ダイビングには絶対に行きたいし、ダイビング費用を貯めて。でも日帰りの伊豆とかだったら、月に5回以上行けるから。それぐらいの金額を最初に貯金しちゃうんですよ。
三枝: それって10万円ぐらいってこと?
小野: そんなにはいかないです。でも、5~6万ぐらい。
三枝: 交通費とかは?
小野: 交通費は入れないで、純粋にダイビングだけのお金で。だから5~6万。普通に伊豆だけだったら余るし、月に週1ぐらいで行ければぴったりだし。セブなど南の島などに行くためには、毎週行くダイビングを減らして、多めに貯金するようにして……。
一同 えらーい。
小野: でも、夏はやらかしましたけど(笑)。

小池: 私はなくなってきたら出歩かなくなったりとか、飲み会にも行かなくなったりとか。
三枝: そう、飲まないようにする。
小池: 自分が主催だったら一人3000円で納まるところを探すとか(笑)。
三枝: 私は最近よくクーポン買ってます。
小池: ぐるーぽん。
三枝: ぐるーぽん。よく使ってます。
小池: あと、私はマッサージとかよく行ってたんだけど、最近は行かない。
三枝: マッサージもクーポンにします。1回3000円ぐらい。
小池: 私はもう行かない。
沼澤: 私も行かない。もったいないもん。
三枝: とすると、そのうちぐるーぽんもなくなりますね(笑)。
一同 爆笑

小池: 最初の頃は計算が立ってないままに使ってたので、ホント、給料日前はあといくらで過ごさなきゃならないって、ヤバイってお茶持っていって、お弁当も持っていって。
三枝: そうそう。結構多額な出費なんですよね。
沼澤: 私はお弁当を持っていって、夜もうちで食べる。
小池: そうですね。
小野: そういうのが大事ですよね。ダイビング貯金で夏にカツカツになったときは、月に30本ぐらい潜ったんですよ。あのときは本当に使いすぎて、めっちゃ困りましたけど。でも、私は服とか全然ガマンしてないですよ。ダイビング用のお金もあるからウッシッシって感じで。でもそれを始めてから計画的にダイビングにも行けるようになりました。

平松: 毎月使っているから、結局たまらないですよね。
小野: でも、ダイビングの基本料金は変わらないじゃないですか。だから交通費が安くならないかなってものをめっちゃ探します。割引のチケットがないかなとかフリーチケットとかないかなとか、特に探しますね。
平松: 飛行機もマイレージとかあるじゃないですか。
小野: 早割りとか。
平松: 石垣島に通っていたときは、マイルを貯めて貯めて貯めまくりましたもんね。
小野: それでだいぶ違いますよね。
平松: カードで支払ったものもマイルに換算できるようにするともっと貯まりますからね。
小池: 沖縄はマイルで行けるのはメリット。まあ、マイルを使ってるんだけど(笑)。でも、タダっていう(笑)。
沼澤: そうそう、何でもカードでマイルを貯めて。だから自分が飲み会などの幹事をすると、みんなから現金をもらってカードで払ってマイルが貯められる(笑)。

三枝: あと旅行会社の支払いがカードでできないところってありません?
沼澤: できるできる。
小池: よく使っている《ワールドツアープランナーズ》はできるけど、できない会社もあるんですよ。
三枝: あれはイタイですね。できるようになればいいのにね。わざわざ振込みしなくちゃならないのは面倒くさいですよね。
沼澤: 私は3月にモルディブに行くんですけど、貯めたマイレージでアップグレードしてビジネスクラスで行くの。

ということで、筆者はご協賛いただくチケットを使うことが多いため
まったくマイレージが貯まらないのだが、
皆さん、いろいろ工夫されているんですね。

でも、20代の小野さんは、お給料がすごくいいわけではないでしょうに、
ちゃんとお金を貯めて、ダイビングも月に一度は必ず行って、海外へも行って、
洋服もガマンしないということで
驚かされました!!

まあ、私もお酒代をセーブすれば、もっとお金は貯められるんだろうなぁ(汗)。

ということで、長くなりましたが、
今回座談会に参加していただいた5名の麗しいダイビング女子の皆さん、ありがとうございました!!
また、4/5~7のマリンダイビングフェアでお会いしましょう!

もちろん、読者の皆様も!
マリンダイビングフェアでお待ちしております!!
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-02-25(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


気になるキーワード検索 例:)小笠原
プロフィール

雑誌・月刊マリンダイビング

水中造形センタースタッフがお送りする、月刊『マリンダイビング』をさらに楽しむための編集裏話や海の話ブログです。

MD公式アカウントはこちら
MD_marinediving
マリンダイビング







ランキング参加中★MD公式ブログ
FC2おすすめブログ

ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

1日1クリック☆お願いします
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
MD公式ブログ QRコード
QR
携帯からでもご覧いただけます
Power Push
DIVINGスタート&スキルアップBOOK
DIVINGスタート&スキルアップBOOK
楽園モルディブ2015
沖縄ダイビングガイド
潜水事故に学ぶ安全マニュアル100