ダイバーの夏はこれからっ!

皆さんこんにちは!編集担当の小坂です。

「あ~あ8月が終わっちまったぜ」と夏の終わりを嘆いている皆さん!
ダイバーの夏はまだまだ続いていますよ~
というのも、日本の海で一番水温が高いのは9~10月(海水は約2カ月遅れでやってくる)。
海の中は生物が溢れ、透明度も上がるエリアも多い。
朝晩は冷えますが、日中の気温もまだ高いので日本の海のベストシーズンといえるのです。
ぜひこの秋に国内の海にガンガン潜っていただきたいです。

さて、前置きが長くなりましたが
そんな魅力ある日本の海の一つ・山形県の飛島を紹介します。
飛島は山形唯一の有人離島。本土の港からボートで約1時間の距離にあります。
飛島といえば、春のドチザメの群れが有名。

サメ
写真提供/アーバンスポーツ(以下すべて)

秋は透明度がグンとアップ!!
山形の海は水が本当にきれいなんです。
透明度抜群!


民宿も食堂も数えるほどというのどかな島ですが、
港の目の前におしゃれなカフェが期間限定でオープン中だそうです。
その名も「しまかへ」
看板

「カフェ」ではなく、地元の方言で「かへ」という所がポイント。
運営しているのは島民や市民団体などでつくる「とびしま未来協議会」。
昨年夏季限定でオープンしたところ、期待以上の反応があったため
今年は4~9月の5カ月間に拡大してオープンしているそう。
情報をくれた《アーバンスポーツ》の相星さんによると
「地元の若者が飛島の活性化のためにやっているんですよ」とのこと。

メニュー

魅力アップのため、昨年にはなかった岩のりおにぎり(2個セット350円)やパスタも登場。
おにぎり

人気のコロッケは「イカさま」と「わかめ」の2種類。どちらも400円。
添えてある野菜がカフェっぽ~い
コロッケ

夜9時まで開いているので、地元の方はもちろん、観光客の憩いの場となっているそう。
若い方もたくさん来店するそうです。
若い女性たち

そのほか、飛島の海の魅力はマリンダイビング10月号(9月10日発売)の
連載「北国便り」でご紹介します
どうぞお楽しみに

【募集】
マリンダイビングでは東北、北海道の海の情報を募集しています!
潜っておもしろかったエリア、人から聞いてよさそうだと思ったエリアなどがあれば
ぜひ編集部(md@marinediving.co.jp/03-3222-0313)までご一報ください。
皆さんからの情報お待ちしております!
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-09-02(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


気になるキーワード検索 例:)小笠原
プロフィール

雑誌・月刊マリンダイビング

水中造形センタースタッフがお送りする、月刊『マリンダイビング』をさらに楽しむための編集裏話や海の話ブログです。

MD公式アカウントはこちら
MD_marinediving
マリンダイビング







ランキング参加中★MD公式ブログ
FC2おすすめブログ

ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

1日1クリック☆お願いします
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSリンクの表示
MD公式ブログ QRコード
QR
携帯からでもご覧いただけます
Power Push
DIVINGスタート&スキルアップBOOK
DIVINGスタート&スキルアップBOOK
楽園モルディブ2015
沖縄ダイビングガイド
潜水事故に学ぶ安全マニュアル100