水中カメラのポートカバーを作ったよ

月初めの大型台風に日和って橘丸乗船&八丈島!の機会を自ら棒に振ったWeb担当しばたです。
でも海の日の3連休は楽しく神津島に行ってました。諸島大好き。

さてさて、今年に入ってそろえ(てもらっ)た一眼ハウジング一式
前回は車に乗せてもらって鎮座していたので不便なかったのですが、今回の旅は
ちゃんとキャリーに詰め込んでいかねば!むき身で入れたらレンズポートの前面ガラスに傷つくな・・・。
ってことであわてて作りました。出発前夜。

ポートカバー作るぞ!

【用意したもの】

・使わなくなったウェットスーツ
・釣り糸
・長さ自在お弁当バンドとして売ってたゴム
・適当にボタン
・ボールペン
・ハサミ
・メジャー

【あればよかったもの】
・瞬間接着剤
・......ミシン

今回の目的はポートの前面が安全に守られること。
ついでにエントリー時や水中でも使えるように片手で装着できること。
この2点。

いろいろ考えた末、ポート前面を守る”●”型の生地と、円柱になるように長細い
生地を切り出しましたよ。

型をとって
チャコペン(懐)とか見当たらなかったから、ボールペン。
そいえば沖縄で作ったウェットスーツは内側に思いっきりボールペンで「柴田様」って書かれてたなぁ。

いざ入刀!

ジョキジョキ (ああ、このウェット初めて作ったやつだよな)

ジャキジャキ (楽しかった思い出よみがえって辛い・・・(´_`))

意外とあっさり切れて、こんな感じで素材。
パーツ
ふわっとした考えで切っていたのでアレですが、マジックテープ用にこんなかんじで凹凸つけておけばよかったな、って。

んで、太めの針と釣り糸で

縫い縫い (布用ボンドあるじゃん!あ、ダメだ・・・ウェットくっつかない・・・汚くなっただけだ)

ブツッ ブツッ (ひと針ずつ縫うの面倒・・・ていうかミシン・・・ミシンがあれば・・・)

縫った

縫い終わった。 ついでにマジックテープつけた

適当な位置に穴をざっくりあけて、ゴム通して・・・

アームに固定

完成~

ゴムはボタンで着脱可能にしたのでセッティングも楽ちん。
カバー外すとこんな感じ↓
外したところ

マジックテープ部分を上にしたから、きちんと止めれば意外とちゃんとフィットするし♪
あとは縫いっぱなしになってる汚い縫い目隠すように何かして、水抜けるように
前にちょっと穴をあければいいのだけど・・・。疲れたのでとりあえず終了。
所要時間2.5時間。

これで安心してパッキングできる!!
大事に改良していこう~

(後記:使用感)
パッキング、水中、両方とも超使いやすかったです。
水や空気抜く用の穴開けなきゃかなぁ、と思っていたのですが
特に必要もなく。ビーチ・ボートでの傷の心配もかなり軽減されて、水中での着脱も
片手でスムーズ♪これは、使える。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014-07-23(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


気になるキーワード検索 例:)小笠原
プロフィール

雑誌・月刊マリンダイビング

水中造形センタースタッフがお送りする、月刊『マリンダイビング』をさらに楽しむための編集裏話や海の話ブログです。

MD公式アカウントはこちら
MD_marinediving
マリンダイビング







ランキング参加中★MD公式ブログ
FC2おすすめブログ

ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

1日1クリック☆お願いします
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
MD公式ブログ QRコード
QR
携帯からでもご覧いただけます
Power Push
DIVINGスタート&スキルアップBOOK
DIVINGスタート&スキルアップBOOK
楽園モルディブ2015
沖縄ダイビングガイド
潜水事故に学ぶ安全マニュアル100