話題の海イルデパン

こんにちは
編集担当・福島です

『マリンダイビング』11月号取材のため、
ニューカレドニア・イルデパンに行ってきました!
(イルデパンってどんなところ?という方は、WEBの特集も書かせていただいたので
ぜひこちらをご覧ください♪)

IMG_6648.jpg
飛行機の窓から見えるソーダ色の海に目が釘付け!
ヌメア→イルデパン行きの飛行機は断然窓側をおすすめします。
国内線は座席指定はなく、バスみたいに入った順番に座っていくのでぜひ!


イルデパンの魅力といえば、美しいビーチ!
IMG_6769.jpg
島いちばんの景勝地・ピッシンヌナチュレル撮影中の原田カメラマン

_DSC4904.jpg
こちらはカヌメラ湾。午後の日がかげってきた時間でもこのクリアブルー!

たまりませんね、水面と水平線を眺めているだけで時間が過ぎていきます。
ビーチはもちろんなのですが、小さな島のあちこち、というよりあるものすべてがとにかくフォトジェニック!

IMG_6804.jpg
バオ村の教会。ゆるやかな坂をくだったところに見えてくる赤い屋根の教会

IMG_6687.jpg
墓地には色とりどりの花がかけられ、不思議な雰囲気が漂います

IMG_6812.jpg
村人はみんな親切で、必ず「Bonjor!」と挨拶をしてくれます。

イルデパンには10年以上日本人のダイビングガイドさんがいなかったのですが、
この夏から首都・ヌメアの人気店《ALIZE》から樫山さんがやってきて、
島唯一のダイビングサービス《KUNIE SCUBA CENTER》に常駐することになったのです!
「海外ダイビングは言葉の壁があるから心配」という方も安心してダイビングを楽しめるようになりました。
P9060163.jpg

P9070340.jpg
とにかくガイドが丁寧な樫山さん。
「この魚見たことないな~なんだろう?」と思っていると、絶妙なタイミングで生物の説明をしてくれます。
固有種が多い海なので、説明をききながら(見ながら??)潜っていると、
「これがあの有名な固有種なのか!」「同種と思っていたけど、少し模様が違うのか!」
と、発見がたくさんあって何倍も楽しみが増えるのです。
ワンダイブがとっても濃かったな~^^

ダイビングセンター併設のリゾートもあり、常に海が側にある
贅沢な環境に身をおくことができます。

南半球なので、日本とは季節が真逆になり、ベストシーズンに突入するイルデパン。
年末年始、狙ってみてはいかがでしょう??

WEB限定特集公開しています↓
注目度ナンバー1の世界遺産の海 ニューカレドニア イルデパン
注目度ナンバー1の世界遺産の海 ニューカレドニア イルデパン


このエントリーをはてなブックマークに追加
2014-10-15(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


気になるキーワード検索 例:)小笠原
プロフィール

雑誌・月刊マリンダイビング

水中造形センタースタッフがお送りする、月刊『マリンダイビング』をさらに楽しむための編集裏話や海の話ブログです。

MD公式アカウントはこちら
MD_marinediving
マリンダイビング







ランキング参加中★MD公式ブログ
FC2おすすめブログ

ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

1日1クリック☆お願いします
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSリンクの表示
MD公式ブログ QRコード
QR
携帯からでもご覧いただけます
Power Push
DIVINGスタート&スキルアップBOOK
DIVINGスタート&スキルアップBOOK
楽園モルディブ2015
沖縄ダイビングガイド
潜水事故に学ぶ安全マニュアル100