土肥、田子、雲見と西伊豆三昧

残暑お見舞い申し上げます!

ゴット姉さんこと『マリンダイビング』副編集長・後藤です。

「大気が不安定」なんて言葉がやたら天気予報から流れる今日この頃、
本当にヘンな天気が続き、台風も東から西へとあり得ないコースをたどっていて
東京あたりの雨の降り方も、ここは熱帯雨林か!?などしゃ降りスコール。
2016年、地球がおかしすぎますね。

一方でオリンピックは日本勢が大活躍。うとうとしかけた頃に、TVから熱狂的な応援の声。
気づけば、柔道でも体操でも卓球でも金・銀・銅メダル。
素晴らしいことです。2020年の東京オリンピックがまた楽しみになりました。

と、相変わらず前置きが長くなってしまいましたが・・・
現在発売中の『マリンダイビング』9月号はご覧いただけましたでしょうか?

私は石垣島のマップ付録「石垣島DIVE GUIDE」と、
本誌は主に伊豆半島のエリア特集を担当させていただきました。

伊豆といえば8月号でも「土肥」を担当して取材にも行ったのですが、
ここのところ、西伊豆づいていて、いや、ホント、うれしいかぎり。

9月号では、伊豆半島のミラクル地形天国「雲見」と、
ジュースみたいな魚影の濃い「田子」へ取材。

西伊豆は日本で一番深い湾で、深海生物も多い駿河湾に面していて、
黒潮の影響も多大に受ける海域のせいか、
東側とはまた違った海中景観なんですよね。

取材中は時々濁りもありましたが、
透明度(透視度)がいいときはハンパなくいいので、本当に気持ちいいです。

しかも、私が大好きなハナダイがぐっちゃり!!

土肥 飛島沖

土肥 飛島沖浅瀬
こういうバックが茶色い写真は、誌面では絶対にNGなんですが、
自分には甘い(汗)。出しちゃいました。

でも、こうした岩っぽい根の周りにはソフトコーラルもぐっちゃり付いていて、
本当にキレイなんですよね。
写真は土肥の「飛島沖」で取材の合間に撮ったのですが、
うーん、カメラマンの写真とは決定的に違ってヘタくそですみません。

ところで、土肥も田子も雲見も、
私が大好きなのが、魚介類がおいしい!ということ。

田子の《田子ダイビングセンター》さんの系列の《夕日の里の宿 よし田》さんでは
本当は晩御飯がめっちゃくちゃ豪勢で美味しいのですが、今回は時間が間に合わず、朝食のみをお願い。
夕日の宿よし田 朝食
しかし! 朝食とは思えない、ボリュームと美味しさ!!
夕日の宿よし田 いかの沖漬け
このイカ(たぶんアオリイカ)のおき漬けも、もぉぉぉ絶品!
お酒と一緒なら最高なのに(笑)。

しかもたらふく朝ごはんを食べた!と思ったら、おかあさんが
田子産の天草から作ったゼリーをデザートに出してくれたのです。

夕日の宿よし田 ところ天ゼリー
別腹、別腹と、ツルッといただいてしまったのですが、
酸味が程よく、甘みもあって、カンテンの歯ごたえもちょっとあって、おいしかった~。
西伊豆取材、私は今年、超久しぶりだったのですが、
今までみんな(うちのスタッフ)、美味しい思いをしていたんだなぁ(怒!)

田子では昼食に《田子ダイビングセンター》さんでとってもらった
《さかなや食堂》の親子丼もおいしかったし

田子 さかなや食堂 親子丼

ダイビング後に出していただいた草餅(ふだんは大福なんだって)も美味しかった~~~
田子ダイビングセンターのおやつ
昔は”あんこもの”は苦手だったけど、
ダイビングをするようになってから、ダイビング後の甘しょっぱい”あんこもの”が大好きなんですよね~。

土肥では日帰りのときに結構よくモデルさんを連れていくのが
《セントラルスポーツアウトドアヴィレッジTHE 101》の目の前にある《盛田屋》さん。

土肥 盛田屋 ところ天
ああ、思い出したらまた食べたくなってきた!

そう、土肥も田子も、この辺りは天草(テングサ)の宝庫なんです。

ま、魚介類もおいしいのは当たり前で・・・
雲見では雲見と松崎にある漁協直売所に立ち寄ったのですが、
ついつい買ってしまいました!

しわめ350円
「しわめ」って、あの、ダンゴウオがよく乗っている海藻アントクメのことで、
伊豆半島では西伊豆でしか食用にしていないんだって、漁協の人は言っていましたが・・・
ただ今、自分の家のお味噌汁で毎回入れているのですが、
普通のワカメよりも歯ごたえがあって、でも、それは苦ではなくて、とにかく味わいあり。
超気に入ってます!


酒盗
かつお酒盗は、本当にお酒が進みそうなので、ちょっとずつしか食してませんが、
えっとね、たまらないです。コレ。確か、650円ぐらいだったかと(メモを見ればいいのですが、すみません!)

松崎漁協直売所
私が購入した松崎の漁協直売所。港の近くにあります。
ちなみに、松崎は西伊豆最大の街ともいえ、栄えていて、
おいしい店もたくさんあるとのこと(《田子ダイビングセンター》の吉田さおりさん情報)。
もっと時間があったら、たっぷり取材するんだけどなぁ。
まあ、最近は情報もいろいろあるので、ぜひ皆さん探索して、感想を聞かせてくださいませ!!

ということで、まだ『マリンダイビング』9月号は全国書店でも発売中。
雲見、田子の海の情報をがっつり見てくださいね!

あ、雲見はマリンダイビングWebでも特集しているので、併せてご覧くださいませ~~~♪


このエントリーをはてなブックマークに追加
2016-08-22(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


気になるキーワード検索 例:)小笠原
プロフィール

雑誌・月刊マリンダイビング

水中造形センタースタッフがお送りする、月刊『マリンダイビング』をさらに楽しむための編集裏話や海の話ブログです。

MD公式アカウントはこちら
MD_marinediving
マリンダイビング







ランキング参加中★MD公式ブログ
FC2おすすめブログ

ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

1日1クリック☆お願いします
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
MD公式ブログ QRコード
QR
携帯からでもご覧いただけます
Power Push
DIVINGスタート&スキルアップBOOK
DIVINGスタート&スキルアップBOOK
楽園モルディブ2015
沖縄ダイビングガイド
潜水事故に学ぶ安全マニュアル100