一眼買おうかな・・・。

こんにちは、WEB担しばたです。久しぶりに?ヲタクっぽいブログを一つ。

先日、コンデジを新調しようと某家電量販店に行きまして。
事前にある程度調べつつ、店員さんとお話しして決めようと思って行ったらば
なんだかかみ合わないトーク。(パチンコもプロレスもやらないので、その例え、響きませんよ!)
というわけで撤収したのですが、すごーくカメラを買う気で行っていたので
フラフラと上階の中古カメラコーナーへ。

えっ・・・中古カメラって安いんですね・・・・。

ハイエンドのコンデジと同じ程度のお値段でちょっぴり型落ちの一眼レフが
汎用レンズ付きで売っている・・・。
今まで重さとお値段に負けて買い控えていたデジタル一眼レフ。なんだか興味がわいてきました。

今度買うならキヤノン、と決めていた私。そしてお恥ずかしながら一眼はオートでしか
撮ったことが無いので、扱いやすいエントリー機で。ということで
新品、中古で今流通している主なモデルは5機種。(画像はキヤノンサイトから拝借)

EOS Kiss シリーズ
comp_menu_kissx7.gif comp_menu_kissx7i.gif
X7('13.4発売) / X7i('13.4発売)
comp_menu_kissx6i.gif
X6i('12.6発売)
comp_menu_kissx5.gif comp_menu_kissx50.gif
X5('11.3発売) / X50('11.3発売)


X6i以外がすべて新品として流通している機種です。(なんでだろうかしらね。憶測は最後
あ、X50は微妙にもう流通してない・・・か?
自称スペック厨(製品の処理速度などのスペックが気になってしょうがない残念な人)の私
ですので、製品比較をば。

机上の数値や情報で見たところ、抜きんでているのは最新機種、X7の軽さ・・・。

そのほかはX7とX50だと、撮影した画像を処理するDIGICなどにさすがに違いが。ってとこかしら。
(これはキヤノン独自の商品名。オリンパスだとTruePicVI(とぅるーぴっくしっくす)とか、
FUJIFILMだとEXRプロセッサーなど、呼び方はいろいろ。よく聞くCCDと呼ばれる部分は
光を取り込んで電気信号に変える機能。画像処理プロセッサとは、その電気信号を
美しい写真・画像に変換するためのシステム。このあたりの性能がいいと、再現力が~!
とか言われる。はず。)

【X5とX50をくらべてみた】
ちなみに同時期に発売されているX5とX50ではX5の方が有効画素数大きめ。
流行り始めのカメラ女子に向けてボディを赤にしたのがポイントだとかそうだとか?
連写での処理速度や有効画素数などを考えるとスペック的にはX50<X5ですね。明らかに。
ただし、X50の方が若干軽いです。バッテリー込の重量(CIPAガイドラインによる)だと
80gくらい違います。そして電池もちが良い。

【X7iとX7をくらべてみた】
X7iとX7の違いはバリアングル(液晶部分の角度を自由に動かせる)ができる(X7i)か
できない(X7)か、連射処理速度が1枚分くらい違う(X7i>X7)、重量!(X7i<X7)
焦点が、全店クロスと中央のみクロス(X7i>X7)というところに差があるでしょうか。
にしても、比較的互角の勝負をしているX7iとX7。水中でバリアングルは関係ないので
考えないと、CIPAガイドラインによるバッテリー込の重量で X7i 約580g > X7 約407g
という約200gの差は大きいな・・・。
ていうかクリスマス商戦狙いのホワイトかわいいな・・・・。白欲しい白。
レギュレーター比較を思い出す・・・)

【X7iとX6iをくらべてみた】
憶測・・・X7iとX6i、スペック的に特出した違いはなんと、重量5gのみ・・・。しかもX6iのが軽い。
なんなら電池もちも俄然X6iのほうが良い・・・。
使用感など違うのかもしれないけど、私程度のよくわかっていない人間だと
型落ち扱いで圧倒的に値段が下がっているX6iはかなり、買い。
でも一年をかけて新しく発表したX7iとの差が、上記のとおりだとX6iは消された・・・のか。出しちゃった杭ですかね。


そんなこんなでしばた的にはX7とX6iが大変気になる。
4万でレンズキット買えないかなー。(コンデジ予算)

中古カメラコーナーのおじちゃん店員さんは本当にカメラが好きで、用語もよくわからない私に
親切ーに教えてくれた。(同じ店とは思えない接客の違いだったのは、店のせいではないということね)
撮り方とか。で、一番刺さった言葉は「写真はボディじゃなくて、レンズで決まるんだよ」ってこと。
ある程度の処理ができる機種であればきちんとしたレンズをつけてあげないとカメラが
実力を発揮できなくてかわいそう、と。
某MDカメラマンのはらだまさんも言ってたけど、「ようこそ、レンズの泥沼へ」ってことか。。。

なんだかワクワクするぅ!

後日談:CANON EOS Kiss X7買っちゃった!(2014/12/18)
ってことで買っちゃいました。一眼!
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-11-20(Wed)
 

ドライスーツ、着たことありますか?

こんにちは、WEB担しばたです。

今月は・・・なんだか更新日にものすごく作業があるなぁと思ったら
いつもの月よりかなり充実の更新内容!
楽しんでいただけると嬉しいです!感想・ご要望などいただけてもうれしいです!

さてさて、そんな更新の中でも私、ずいぶん手をかけました。な特集。

これで寒い季節も快適!動画で見る!ドライスーツの着方
これで寒い季節も快適!動画で見る!ドライスーツの着方

何を隠そう超ヘタレダイバーの私。(隠してないけど)
船に乗れば酔うし、寒い海潜れば思考は停止するし。
なので、酔い止めはもちろん必携なのですがドライスーツ!私ドライスーツ好きなんですよね。
寒いのは嫌いだけど、寒い海で見られる生き物も好きなんですもん!!

うちの編集スタッフは若さゆえかみんな基礎代謝がやたら高く、20度程度の海なら
ウェットスーツで全然OK。なんなら20度切っても結構大丈夫。
でもっ!私はムリなんです!!気温20度以下、水温23度切ったらドライスーツを着たい。
(↑上の数値は私的目安です。気温が高ければ20度くらいの海でもウェットで大丈夫なこともある。)

・・・ドライスーツへの熱い気持ちがあふれましたね。
そんなわけで、ダイビングを始めたころからドライスーツに興味津々だった私。
でもドライスーツってどういうもの?中には何を着たらいいの?といったことが
まったくわかりませんでした。

『マリンダイビング』のWEB担になったなら、そういうドライスーツの下に何を着たらいいか
とか、そもそもドライスーツってなんなのよ、っていうところをアーカイブ化して
掲載したいなぁと思っていたのです。そして今年やっと念願第一歩がかないまして!
こんな動画を作りました。ちなみに出演は編集小坂。

↓着方



↓脱ぎ方



けっこう力作なのです!わかりやすいと思うのですがいかがでしょう?
ちなみに私のドライスーツの中に着るインナーで気を付けていることはこちら

・ファスナーやボタン、金具の少ない服を着る
 水中で圧がかかった時金具部分が押さえつけられて内出血するから

・トップスの袖は7~8分袖がベスト
 手首のシール(ぴたぴたの部分)下は素肌の状態になって、袖に密着することで水没のリスクが減るから

・靴下は普通の靴下+もこもこハイソックス

 あったかいし、普通のハイソだとアンダーのパンツを入れ込んだとき伸びちゃうから

っていうかんじです。
寒いけど我慢してるのが男らしいぜ!!ってダイバーの皆さん、慣れていい感じに代謝上がったり
するかもしれませんが、我慢しすぎは体に毒。低体温は結構深刻なダメージを体に残すことが
ありますので、今年、ドライスーツ始めてみませんか?

『マリンダイビング』でもあったかダイビング術、連続特集中!
寒い時期のドライスーツダイビングは、想像よりもはるかに、最高に、快適ですよ!
『マリンダイビング』11月号

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-10-11(Fri)
 

レギュレータを買いまして。―Bismレギュ購入顛末

あけましておめでとうございます、WEB担当しばたです。

今日はお正月休み明けの3連休、成人の日。
祝日なんで見てくださる方も減ってしまうかなぁとは思いますが
お付き合いくださいませ。

えー、昨年暮れにBismのレギュレーターを買いました。
ずっとレンタルで済ませていたのですが、わたくし、あごが小さいので
レンタル器材のデカいマウスピースがつらい&噛んでるの疲れる(怠惰)ので。
自分に合ったマウスピースをレンタル器材につけるのもアレだし、
マイ器材買うかなー、でも何が合ってるかよくわかんないしなー、と。

そんな時会社で使わせてもらったBismレギュが
「軽い」「吸いやすい」「あごが疲れない」と私にとって大変好条件で。
買おう買おうと思っていたのですよ。白くてかわいかったし。

でも結局今回買ったのは黒いBism SUMERGE RS3000ckkという、Bismの
最リーズナブル器。白いの高いんだもの。(庶民)
rs3000ckk
↑コレ

そんなわけで、Bismレギュレーター購入にあたりこだわった点など
ご紹介したいと思います。

私がBismレギュレータにこだわった理由、それはスウィングヘッド
他のメーカとの圧倒的な違いはコレ。

スウィングヘッドとは、2ndステージがホースに対して縦横180°回転!
右を向いたり左を向いたり、上でも下でも向いた時に引っ張られるホースの力を、
2ndステージが回転することで分散。引っ張られる感覚がほとんどなくなります。

水中で結構きょろきょろしているので、気を緩めているとホースのテンションに負けて
レギュレーターが口からポロリ、なんてこともあったのですが
Bismレギュを使う時にはまったくノンストレスでした。

他にBism独自機能といえば、FCV(Flow Control Valve)&スパイラルフローでしょうか。
これはありていに言うとエア流量の調節機能。Bismレギュは他メーカレギュに比べて
吸い口がものすごく軽やかです。これは上記2つの機能によるもの。
FCVで流量の調節を行って、スパイラルフローでさらにエアが押し出されてくるような
圧を軽減する、という。ま、私の買ったリーズナブルモデルにはついていない機能ですがね!

さて、ここで私が購入したSUMERGE RS3000と、買おうと検討していた白いBeans RB3000CS、
最上位モデル、チタン製のTi NELEUS RX3010の比較を・・・。

 
安い!

SUMERGE
RS3000
カワイイ!

Beans
RB3000CS
チタン製!

Ti NELEUS
RX3010
1st stage重量790g 790g460g
高さ60mm60mm60mm
中圧
ポート
4ヶ所4ヶ所4ヶ所
高圧
ポート
2ヶ所2ヶ所2ヶ所
ボディ
材質
銅合金・耐圧/250bar 銅合金・耐圧/250bar チタン・耐圧/250bar
減圧方法バランスツインピストン バランスツインピストン バランスツインピストン
使用温度範囲+5~+50℃ +5~+50℃ +4~+50℃
2nd stage重量375g380g360g
マウスピース材質シリコンゴムシリコンゴムシリコンゴム
ボディ材質POM樹脂POM樹脂POM樹脂
フェイス材質ABS 樹脂ABS 樹脂チタン
流量機構F.C.V.×
スパイラルフロー×
使用温度範囲+5~+50℃+5~+50℃+4~+50℃
Hose 長さ750mm750mm750mm
材質内管・外皮/ポリ塩化ビニル継手金具/銅合金 内管・外皮/ポリ塩化ビニル継手金具/銅合金内管・外皮/ポリ塩化ビニル継手金具/銅合金
 

こんなかんじでした。
Bism製品、全体的に軽いのですが、やはり最上位モデルチタン製!軽いです!!
1stステージの軽さが群を抜いていますね。
ちなみに私購入のリーズナブルモデルでも、ちょっと前の他社製品に比べて重さは半分くらいでした。※しばた調べ

飛行機でのエクセス(預け荷物の重量)問題を考えると器材が軽いのは喜ばしいこと!
チタンの底力を感じました。

お値段はBismカタログ掲載価格で、
安いの⇒49,000円 かわいいの⇒89,000円 チタン⇒158,000円 でした。
そう考えると・・・白いビジュアルは女子としてとても魅力的だけど・・・・
お値段半分と考えるとリーズナブルモデル!!
という決断に至り。(庶民)もともとスイングヘッド目的だったし。うんうん。
結構満足です。

そんなこんなで、しばたのレギュ購入顛末でした。

そうそう、まえーにご紹介した「Flashair」!(10/24 Flashair使ってみた!)
7日発売の『マリンフォト』冬号に情報&使い方など掲載されまして!
よろしければご覧くださいませです。
flashair


というわけで、本年も『マリンダイビング』、およびWEBをよろしくお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013-01-14(Mon)
 

思い出ビーチ☆

こんにちは!
営業の原村です(^^)/

ここ最近本当に寒くなってきましたね、、、
夏が恋しいです。

気分だけでも夏に…と思い、
今まで行ったお気に入りビーチの写真を
引っ張り出してきました~^^

写真だけだとどこだか分からないですが・・

DSCF3079.jpg
@fiji-Bounty Island

PA190937.jpg
@saipan

DSCF5156.jpg
@fiji-natadra

DSCF8500.jpg
@hachijo

2007_0908☆0412
@???


いますぐにでも南に行きたいです(´U`)。o

ところで皆さん「地球の海フォトコンテスト2013」への
ご応募はお済みですか??

全4部門の内の一つ、ビーチフォト部門では陸でも海ならOK!!
☆締め切りは2013年1月18日(金)

今回も素敵な賞盛りだくさんです!!
どしどし応募してくださいね〜(^^)/

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012-11-14(Wed)
 

イチオシマクロ

こんにちは~!
編集担当の三井です。


いきなりですが、
皆さんの「イチオシマクロ」生物ってありますか?

私はダイビングを始めて早5年が経ちましたが、

「この魚の表情がかわいい!

「く~やっぱりベラってキレイ!

っと気づけば独り言を連発しています。


私が最近、
好き!と思ったマクロ生物は……


まずはベラ!@大瀬崎

DSC_0001.jpg





そして
オオモンカエルアンコウのJr.@安良里

IMG_0053_20121105151130.jpg



さらにさらには
マンジュウイシモチの稚魚!@パラオ

DSC_0918.jpg

本当に小さいときって
スケルトン&ブラックだったなんて知りませんでした。
大きくなったら
あの人気のイチゴパンツですもんね~!

DSC_0679.jpg



そんなわけで最近、私のマクロ熱はヒートアップしています。

そんなわけで(どんなわけで?)
今週金曜日発売の『マリンダイビング』12月号(11月9日発売)ではなんと!
「世界のガイドが撮る! イチオシマクロ
と題して、世界のガイドさんたちがそのエリアでイチオシのマクロを激写!
そして写真の撮り方のコツや撮影秘話までもを伺いました~!!


ご協力いただいたのはこの9名のガイドさん!(※お名前五十音順にご紹介します)


パラオから《デイドリームパラオ秋野大さん
フィリピンから《ヴィラ・トロピカル・パラダイス五十嵐“Garuda”一規さん
タイから《ビッグブルーダイビン大村健さん
ニューカレドニアから《ALIZE小川理志さん
久米島から《ダイブエスティバン川本剛志さん
西表島から《ダイブラティーク佐々木要さん
小笠原から《ディープブルー田中美一さん
沖縄本島から《潜水案内~Okinawa~津波古健さん
渡嘉敷島から《ダイビングサービス Vibgyor番田武六さん


ガイドの皆さんがどの生物を「イチオシマクロ」に選んだのか気になりますよね!

その答えは~、今週金曜日発売の
『マリンダイビング』12月号
をご覧ください!!

美しいイチオシマクログラフ、必見です~♫


このエントリーをはてなブックマークに追加
2012-11-07(Wed)
 

ザトウクジラの親子

こんにちは!

営業担当の若井です。

季節も秋になり、ずいぶん涼しくなってきました。

今日は、ザトウクジラから感じたことを。

今年の2月、小笠原にいきました。
ちょうどザトウクジラは子育てのためにこの海に来ていました。

ダイビングはもちろん、ホエールウォッチングをしたのですが、
海の中をそっと覗くと
母クジラによりそう子クジラ。
のんびりじゃれあっていました。


062_convert_20121022112438.jpg

まるで人間の親子をみているようで。

心が洗われ、
海は他の生物にとっても大切な場所であることを、この親子をみて

強く再認識しました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012-10-26(Fri)
 

Flashair使ってみた!

こんにちは、WEB担しばたです。
みなさんとこの興奮を共有したい!!ってことで、巷で話題の

Flashair買いましたレポをお楽しみください。
Flashair

無線LAN搭載SDHCメモリカード FlashAir™とは・・・・
FlashAir™は いつでも どこでも 撮ったその場で感動をシェアできるSDメモリカードです。
FlashAir™を使えば デジタルカメラをケーブルにつながなくても
カードをカメラから取り出さなくても撮った写真を手軽にシェアできます。

(東芝WEBサイトより引用)

というもの。噛み砕くと・・・・
wifi機能のついたSDカード!カメラに入れたままケータイに、iPadに、データを移動できる!!
海の上でも、ヒマラヤの山頂でも、Flashairを使うだけで他デバイスへのデータの移動が可能。
ネットは繋がらないけどね!


という感じ。
このFlashair、ダイバーにとって優れているのは

ハウジングから出さなくてもデータの移動ができるということ
プラ&アルミ削りだし ハウジングOK!
※少なくとも上記機種はOKでした。
※カメラの適応はリストにないものも・・・・いける感じがしました。(保証はしかねますが)
※ふたを閉じた状態で5m程度は離れても電波受信OKです。


つまり・・・

水面休憩中に気軽にお気に入りの一枚を
facebookやtwitterに投稿できる!


撮った集合写真は休憩中にデータのやり取りが可能!

※カード固有のパスワード(任意指定)をみんなで共有すればOK

しかもこのFlashair、通電していれば起動してくれる、というものなので
カメラだけではなく、パソコンに入れた状態でもデータの移動が可能!例えば、

ダイビングショップに戻ったインストラクターさんが
SHOPのパソコンにFlashairを突っ込めば、
水中記念写真などCDやDVDに焼いたり、メールで送ったり
しなくてもお客さんは好きな写真だけを保存できる!


のです!
使い方はいたって簡単。

①撮影する普通のSDカードと同様です。
撮影する


②データ受け取り側のwifi接続(ほとんど自動)
説明書に従ってデータ受け取り側のwifi接続(ほとんど自動)

③専用ページを開く
ポチ

④好きな写真をポチ
ポチ

⑤画像が開いたら画面長押しなどで保存!
表示!

終わりです。wifiを受信できる環境をお持ちの方なら同時に何人でも操作、受信が可能。
カメラやパソコンを起動しておくだけで、みんなで写真を共有できるので
わいわいログ付時に「あ、この魚の写真欲しい!」など盛り上がること間違いなし。

ちなみに、動画もきちんと共有されました
※対応の拡張子を使えるカメラだけの様です。
表示スピードも、IP&PASS固定のwifi共有なので安定して早いです。
パスワードは各カードで任意指定なので、パスワードを知らない第三者は見ることができません。
でも、パスワードを知ってるとSDカードに入っている写真は全部見れちゃうので、注意が必要です(笑)

たくさん撮った写真全てをダウンロードしたい!という機能は
今のところついていないので、お気に入りの写真をピックアップして保存したい!
という方向きです。

これで水没の危険や、データやり取りのコスト削減!
ダイバーにはぜひ使ってほしい1枚です!!!
普通のSDカードよりちょっと高いけど。。。

もう少し詳しく・・・はWEBでやろうか、マリンフォトでやろうか・・・。
ね、原田カメラマン!
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012-10-24(Wed)
 

念願の一眼!!

こんちには!!

営業の原村です。


先日ついに・・・ミラーレス一眼。買っちゃいました!!!
「OLYMPUS PEN mini E-PM1 」


新しいカメラ持つと無性にうれしくなって
部屋の小物をいろいろ試し撮り♪

P929000.jpg

あ、ほこりが・・・
ウミウシが倒れてる・・・汚くてすいません!


でも全然違う!!

やっぱりすごい!一眼!


と思いながら、外にもふらふら。
PA080083.jpg PA080086.jpg

背景ぼけてると上手く見えますね-



“一眼欲しい、でもいつも持ち歩きたいから小さいのがいい!”
の結果PM1に至りました(^^)/
ハウジングも対応機が出ているので欲しいな。


newカメラを持って
三井に引き続き、少し旅立ってきます。
晴れてるといいなぁ。。。



いってきます!!
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012-10-17(Wed)
 

ビギナー水中写真 in八丈島♪

こんにちは
営業の原村です

引き続き女子旅八丈島ネタですが、
飽きないでくださいね~

実は水中写真はほぼ初心者はらむらです。
八丈の海で、パシャパシャシャッターを切ってみたんですが、
ボロボロ・・・

でもお気に入りの生き物たちを載せちゃいます
DSC05750.jpg
ミツボシクロスズメダイ

DSC05756.jpg
ミツボシクロスズメダイ2

DSC05778.jpg
自分で見つけることができた唯一のウミウシ...イボウミウシ

DSC05763.jpg
ひまわりみたいで好きです

DSC05744.jpg
海中で上を見上げるのも結構好き


以上です

これから水中写真ちゃんと練習するぞー
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012-06-13(Wed)
 

SEA&SEA YS-01使ってみた

こんにちは、WEB坦しばたです。
先日、外部ストロボを、イノンにしようかシーアンドシーにしようかで比較したり
悩んだりしていましたが、ついにシーアンドシーのYS-01を購入。

YS-01使ってみた

安良里のはらだまフォトセミナーに参加してまいりました。

やー、たのしい!!写真撮るのが楽しかったですよ!!

だって、この発色の差!!!(わかりにくいですが・・・どうしてもコッチは向いてくれなかったハナタツさんです。)
YS-01使ってみた YS-01使ってみた

まったく別の海で撮った写真の様ですよ。


光量調整もダイアルひとつで思いのまま!
YS-01使ってみた

もっと早く買えばよかったー!!!

次に潜りに行くのが楽しみでしょうがないです♪

ストロボ本体の大きさも握りこぶし大でコンパクトですし。
女性が持っていてもイカツクはならない(・・・はず)ので気軽に持ち込めますよ。

コンデジで思うように発色できない方、外付けストロボ購入をご検討ください!

YS-01使ってみた
↑大きさイメージ

メリークリスマス♪
このエントリーをはてなブックマークに追加
2011-12-23(Fri)
 
気になるキーワード検索 例:)小笠原
プロフィール

雑誌・月刊マリンダイビング

水中造形センタースタッフがお送りする、月刊『マリンダイビング』をさらに楽しむための編集裏話や海の話ブログです。

MD公式アカウントはこちら
MD_marinediving
マリンダイビング







ランキング参加中★MD公式ブログ
FC2おすすめブログ

ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。

FC2Blog Ranking

1日1クリック☆お願いします
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
MD公式ブログ QRコード
QR
携帯からでもご覧いただけます
Power Push
DIVINGスタート&スキルアップBOOK
DIVINGスタート&スキルアップBOOK
楽園モルディブ2015
沖縄ダイビングガイド
潜水事故に学ぶ安全マニュアル100